« やっぱりこのスタイルで。 | トップページ | お手紙の話 »

大樹の相

CgoyouuroCamemomoji_1

盆栽の見所ってば、色々あると思うのです。

もちろん言われるところの「日本の美」とか「わび・さび」っていう言葉が上がると思うのですが、

このブログでは、あくまでそういった「難しい話」は置いておいて、あくまで、僕たちが普段感じる感情や感覚から、盆栽を考える「キッカケ」を綴っていこうと思うのです。

ま、単純に僕自身が「わび・さび」って何だかわかってないんです。

でも、盆栽は楽しみたいではないですか。だから、結果としての「美」より、いまの感覚を大切にしようと思っているのです。

先日、勤め先の娘さんが、小学校のレポートに使うんでと、質問をしてきたのですが、

いきなり「盆栽とは?」って質問でした。

僕的な考えは「僕みたいなペーペーがわかるわけない」なのですが、そんなことは子供に通用しません。

そこで、とりあえず困った末の答えは・・・

「みんなが公園や海や山に行くと、大きな樹や綺麗な花を咲かせる樹があるよね?それを観ると、「きれいだな」、「かっこいいや」っておもったりするよね?

盆栽はね、そのきれいな樹やかっこいい樹を遠足なんかで遠くに行かなくても、そこに行ってその樹を見た気分にさせてくれるものなんだよ。

だから、例えばお年寄りや病気の人みたいに、あまり遠くにいけなかったり、お外で遊べない人でも、盆栽を見ると元気な頃登った高い山の景色や、子供の頃遊んだお庭の樹なんかを思い浮かべて、懐かしい気持ちになったりもできるんだ。」

と答えてみました。うーん、小学校三年生、伝わったかな・・・。

でも、これってば原点なんじゃないかな?

なにも子供に説明する内容に限られてるとは思ってない。

もちろん目指すところ「わび・さび」であったとしても、こういった原点ならみんなが共有できる価値観の1つなんだ。

手前みそだけど、僕の盆栽を小人目線で見上げる写真は、そんな子供たちの感覚に近いと思う。盆栽をみて、「すごいや」「かっこいいや」って思う視線を捉えていると思う。

いってみれば、ワタクシおこちゃまなのですが。

今回の二枚も、そんな感じで遊びで撮ってみた写真です。みなさんも子供にかえって色んな角度から盆栽を眺めてみてはいかがでしょうか?

もちろんこの写真のような見方は、本道からはそれていますが、まぁ、このブログくらいこんな感じでいいじゃないですか。

余談ですが、記事に載せた写真は左のサイドバーにある「植物流転」でみることができるので、ぜひご覧になってくださいね。

はじめてトラックバックしてみました。↓

http://bonsai.eshizuoka.jp/e1069.html

歌を書いている人の感性は、盆栽を楽しむそれと似ている気がします。明治の盆栽名人である三木三樹園さんも仰っています。

|

« やっぱりこのスタイルで。 | トップページ | お手紙の話 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

CHIDORIさま
はじめまして。トラックバックをたどって遊びに参りました。

素敵な写真ですね。もみじの、赤。
単純に「すごい」「かっこいい」と感じることが原点だ、と仰るのは、私もまったく同感です。
誰かひとりでも「これはすごい、いい」と思ったら、それはたぶん、とてもいいものなんでしょう。

というスタンスで、盆栽やら短歌やら綴っていますので、また遊びにきてくださいね。
CHIDORIさんのブログも、更新楽しみにしています。


投稿: toko | 2007年2月 3日 (土) 12時10分

書き込みありがとうございます。

tokoさんのブログをみて、盆栽にかぎらず、
心象で遊んでいらっしゃるなと思い、勝手ながらトラックバックさせていただきました。

これからも、ひっそりとお邪魔させていただきます。

よろしくお願いします。

投稿: ちどり | 2007年2月 3日 (土) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/5169404

この記事へのトラックバック一覧です: 大樹の相:

« やっぱりこのスタイルで。 | トップページ | お手紙の話 »