« 横道 | トップページ | 夜露よ、今夜もありがとう »

ツタナイ盆栽論(仮)

僕たち人間が、大昔に猿から分かれて以来、僕たちは様々な形で自然とのコミュニケーションがはかられていきました。

それは僕達が歌を聴けば歌いだし、踊りだすように、僕たちのご先祖様も美しい自然を目の当たりにして、歌や踊りでその感動を表現してきたのです。

そんな表現の1つ、盆栽も、自然の樹木や風景に感動を覚えた人々が、その自然を生で表現したいというエネルギーの結晶なのかもしれません。

もし、盆栽に日本の伝統をいうなら、そうした盆栽への動機が、盆栽が生まれるより前から、今現在も、僕達の心の中に脈々と生きてきた事、それなのだと思うのです。

盆栽が日本の心そのものではなく、日本人の心の中に盆栽を育む土壌があったという事なのです。

それは日本だけに限らず、世界中の人々の心にもあるのです。

なぜなら現在盆栽は世界中に広まり、日本の文化というレッテルが貼られたままだとしても、それを受け入れる心が、海外の人々の心に既にあったという事なのですから。

だから意外かも知れませんが、盆栽が必ず「わび・さび」とイコールではないのです。

明治初期の文人さんたちが、盆栽の中でも形態的、精神的に適した樹形を選んだわけで、

その土壌に適した盆栽の姿があったというだけで、

今日の盆栽のすべてが「わび・さび」の対象とは言えないという事なのです。

盆栽の形もずっと維持する事の出来ないものですから、そこに携わる人々の心も一箇所にとどまらず、したがって盆栽は人の心を映す鏡だともいえます。

ですから、盆栽はその人の心の中にある内なる自然の表現とも言えるわけで、必ずしも実在したり、生で見た景色の切り取りでなくてもよいのですが、その人の心の中にある内なる自然が希薄であれば、その人が表現する盆栽もまた自然らしさに欠けるものとなってしまうでしょう。

あなたが、様々な盆栽と名のつく植物による表現を目の当たりにした時、そこから自然らしさを感じとれないなら、あなたの内なる自然か、或いは表現者のそれが、希薄であることの証明なのかもしれません。

内なる自然は、正直に表現に現れてくるものだと思うのです。

盆栽は口ほどにモノをいう。

そこで盆栽に貼られている多種多様な観念のレッテルをはがした時に残るのは、

一つ目は、盆栽の出発点は、自然を愛する人の心から始まったという事。

二つ目は、色々な考え方の中で、多くの人々の丹精を受けながら、命が繋がれて来たこと、そしてつないでいくという事です。

この2つは、どんなに盆栽の様々な考え方があろうとも、盆栽にとっては変わらない事実であると思います。

極端な話、この二つの想いがあれば、仮にすべての盆栽が枯れてなくなろうとも、僕たち人間の未来が続くかぎり、また誰かが、盆栽のような自然とコミュニケーションをとれる新たな何かを生み出すに違いありません。

自然を前にいてもたっても居られないのは、人間の本能だと思います。

だからこそ、僕たちは自然を愛し、盆栽を丹精こめて育てる事によって、失ってはいけない大事な感性を育むことができるのです。

最後にくだらないダジャレ。

「樹愛だ!樹愛だ!!樹愛だ~!!おい、おい、おい!」

|

« 横道 | トップページ | 夜露よ、今夜もありがとう »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

おおー!
かっこいー。
ほぼマジで。
・・・”ほぼ"ってなんだ(笑)

猿から分かれた、っていうんで思い出しましたけど、
人間って、五葉松やカエデやウメモドキよりも
断然圧倒的にアブラムシや毛虫の方が
より近い親戚なんだなあと、
思いつつオルトランを撒くのだった。
木製のお椀が植物の死骸に思えたり、かわいそうなキャベツの千切りとか、お米の種をこんなにたくさん・・・ああおいしい。
いただきます、の意味が分かってきましたよ、わはは。
もったいない、より、いただきます の方が先かもなー。

投稿: 緑青 | 2007年4月30日 (月) 00時28分

なんでも程度の問題なんでしょうね。

盆栽だって、考えようによっては、人の欲求を満たすために、無差別殺虫してるんだから、随分と俗なもんですよね。

それで、自然を愛するだなんて詭弁だなんて言われたりして。

僕は、僕の内なる自然が、葉を丸坊主にする虫たちを
駆除する事を悪とは捉えてないですから、

殺虫には抵抗はないですが、もちろん正義ともおもってないから、もとより虫が寄り付かないように気も使っています。

自分が納得できればいいんですよ。覚悟の問題ですね
そうじゃないと○○合衆国みたいになっちゃいますから。

そのうち、サバンナの肉食獣たちも食事のマナーにはうるさくなるかもしれないですね。

投稿: ちどり | 2007年5月 1日 (火) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/6252308

この記事へのトラックバック一覧です: ツタナイ盆栽論(仮):

« 横道 | トップページ | 夜露よ、今夜もありがとう »