« 因果 | トップページ | 器。 »

盆栽仕事で疲れた夜は。

盆栽の仕事というと、どうしても手先の細かい仕事が多いので、

腱鞘炎や肩、首のこりなんかになってしまう人もおおいのではないでしょうか?

僕は以前、バネ指の一歩手前になったとき、理学療法士の先輩に、「小手先を使っているんだよ」と言われてショックだった事があります。

針金もそこそこに巻けて、仕事もできるようになったころだったので、そんな事は微塵も考えていませんでした。

ようするに理由はこうです。

人間の体は、指先での動きが、何処にも滞らないで対角線の足の親指あたりから抜けるのが理想なのですが、体のどこかの部分で、無理な使い方や動作をすると、そこに力が滞ってその部分を壊してしまう事になるのです。

僕はそのときは、手だけで仕事をしていたから、手を痛めたのですね。

それがキッカケで、体の使い方を日々研究しています。

針金掛けもただ巻くのではなくて、体の使い方からじっくり考えています。

ハサミもただ持つのではなくて、疲れない持ち方や、切る大きさや、位置によるハサミの入れ方の違いとか。

こうやって研究していくと、次第に技術も向上していくし、なにより自分の体をケアしやすくなっていくものです。

ただでさえ、無理がたたって腰と首に爆弾をかかえているので、こういったアプローチは必至なわけです。

そして、最近わかった事は、「天才と達人は違う」ということです。

天才は心身の強さがなくても、いけるところまでいける事です。

しかし、よほど心身の強さがなければ、途中で必ず壊れるそうです。

例えば鳴り物入りでプロになった投手が途中で肘をいためて引退とか、天才画家なんてのも、精神的に不安定な人がおおかったり。

達人は、その道をいく為に、工夫の道を歩んで来た人だと思います。

体の使い方だけではなく、人間性ももちろん。

武術の達人は、典型ですよね。老齢に達した方が、若い男をバッタバッタと投げ飛ばす姿は、痛快です。

そして、武道は人間性も求められるものですよね。

勘違いしないで欲しいのは、天才と達人は全く別のモノではなく、その双方の可能性を誰しも持っていて、その分量をその人がどれだけ有しているか、という事なのです。

天から授かった才能ってのは、かならず頂点になる事とイコールじゃないと思います。その本人がもってる天の才にどれだけ達人としての道が含まれているか、という事なのです。

そして、達人の道は、考える道ですから、誰しもが達人になれる可能性を持っていると思います。

天の才なんて、言わば偶然の産物じゃないですか。

そんなもの有るとか無いとか、言ったところで何が変わるっていうんです。

じゃぁ、あなたは才能が無いって言われて、今歩んでいる道を今から捨てる事ができるんですか?

僕は、僕にとって自分の才能なんて推し量ったところで何の意味も無い事を知っているから、最初から天才を目指さないし、なれるもんじゃない。

あるいみ畏敬であっても、自分の目指すところが達人だから、日々の研究は楽しいし、体を痛めると、次の課題として、また考えたくなる。

よく手先が器用、不器用を言いますが、盆栽のように、自分の作った姿を半永久的に留める事が出来ない表現の場合、いくらキレイに樹を作ったところで、それは樹の一生からすれば一瞬です。

盆栽は自然の景色を借りてしか、俺の作品なんていえないから、そういった高い水準の仕事を持続できなければ僕は満足できない。

僕は、できるだけ長い間、樹とコミュニケーションをとれる体の使い方を身に付けたい。

地味でもいいから、コツコツと樹を丹精する道もまた魅力的だ。

だからこその、達人の道なわけだ。

ちなみに、手仕事をする人にお薦めなのは「肘湯」です。

45度くらいの熱めのお湯に、大体4、5分、肘(僕の場合、肘から下)つけると、肘が真っ赤になってきます。

このとき、血流の悪い場合はあまり赤くなりません。

そこで血流の悪い側だけをさらに4、5分肘湯して、体のバランスを整えます。

これをやると、腕や肩のトラブルだけでなく、喉の痛みや花粉症にもまじで効きます。胸の凝りにも効きます。僕はね。

手を多く使う仕事の場合、肺や心臓、呼吸器全般のトラブルを抱えやすいので、こういったケアをして、達人への道を目指そうと思っています。

肩こりに悩むクリエーター諸君!達人への道はまだまだ遠いと心得よ!って、生意気か。

ごめんなさい。

|

« 因果 | トップページ | 器。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

生意気なんて思いません。
とても為になるお話ですね。

う~ん、達人への道かぁ。
いろいろな事や職業などに通じてつながっているんだなぁと思いました。
私が、好きな(といっても詳しくはないんですが)ブルース・リー(一般的に言う格闘家であり俳優でもあり)も達人の人だと思うのですが、生活などからしても柔軟な考え方などしていたようです。

ぁあ私の場合もちどりさんのおっしゃることや実践されていることを見習わなければなぁ、と思いました。
まぁ、忘れっぽいので難しいけれど^^;心掛けたいです。

投稿: 広茂 | 2007年5月29日 (火) 16時25分

おひさしぶりです。

<達人とは工夫の道を歩んできた人

う~ん、なるほど!
天分を磨くというのも、きっとそこに工夫がある。

ちどりさんて幾つだっけ?
人間、年じゃないね(笑)
ボーとしてちゃ、だめね(反省)

『肘湯』参考になりました。

投稿: さぼてんママ | 2007年5月29日 (火) 20時27分

>広茂さんこんばんは。

ブルース・リーって何だか映画のイメージだけだと孤高の天才って感じですが、柔軟な生き方なしに、あれだけ複雑な体の使い方もなしえなかったのかもしれないですね。

できれば、もっと長生きして、老境のリーを見てみたかったですね。

もしかしたらまた違う考え方、達人になっていたかもと思うと、ちょっと惜しい気がします。

それに実践というほどのことじゃないですよ。
やっぱり仕事に夢中になると、気がついたら肩がバリバリなんてしょっちゅうです。

気が付いた時にやってみる。
なんでも楽しくなくちゃいけません。

無理は禁物は、どっちに傾いても同じ事みたいです。

>さぼママさん、お久しぶりです。そしてありがとうございます。

ぼくは若干、若いですよ。
考えすぎるっていつも周りに言われてしまいます。

でも、考え込むのも案外おもしろいのですよ。
悩むこととは違いますから。

僕は立ち回りが下手くそで、よくボケ-っと突っ立てるなって叱られます。

人それぞれ、いろんな要素が含まれていておもしろいですよね。

肘湯、体勢を工夫しないと、かえって疲れるので、色々やってみてください。

「肘湯」で検索すると、結構出てきますよ。

投稿: ちどり | 2007年5月29日 (火) 21時24分

お久しぶりです。
そうやって故障と闘って、職人やプロと呼ばれる人は、らしい体、手、足になっていくんですね。なんだか憧れますよ。
肘湯やったことあります!すごく発汗作用があって、なんかお腹も調子よくなりましたよ~

投稿: Rum | 2007年6月 6日 (水) 22時39分

僕も、作業療法や理学療法のプロはすごい!って思いますよ。

だって、そういうプロの観点がなかったら、ぼくら素人なんかじゃ、体の使い方のヒントすら浮かばないんですもの。

みんな、それぞれに器がちがっても、共有する事で問題に向っていけると思えば、いらない職業なんてないし、どの職業も憧れの対象なのかなって思います。

僕や職人にかぎらず、みんなどこかしら悪いところもっていて、それと上手に付き合っていくために考えるってのは、やっぱり面白いなって思います。

肘湯いいですよね。

毎日やれれば、いいんでしょうけど、僕も結構面倒くさがりなので、手が疲れた日にやってます。

お腹の調子もよくなるなんて、いい事ききました!

そうそう、五葉松子さんたちや、盆栽さんたちはお元気ですか?

投稿: ちどり | 2007年6月 7日 (木) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/6584063

この記事へのトラックバック一覧です: 盆栽仕事で疲れた夜は。:

« 因果 | トップページ | 器。 »