« 入梅ですよ。 | トップページ | 電話魔 »

呼吸

僕が普段、からだに負担をかけないフォームを探す手がかりとして、いちばん気をつけていることに、呼吸があります。

といっても、呼吸法とかいう特別なことではありません。

そして、動作にあわせて呼吸をあわせることでもありません。

あくまで、呼吸は無理をしない姿勢の手がかりになるという事なのです。

そう考える様になった理由は、太極拳です。

太極拳や気功というと、本を読めば、かならず動作にあわせた呼吸がかかれています。

ところが、実際に太極拳をはじめたころ、その動作をしようとすると、意識しすぎて、呼吸が乱れたりしてしまい、上手に呼吸ができませんでした。

けれど、太極拳のお師匠(ちなみに太極拳経験者です)曰く、「正しい型が身についてこれば、呼吸も自然とあってくるから、呼吸を意識しなくていいよ。」と仰いました。

たしかに、腰を痛めたころは、猫背で骨盤も横に倒れている状態だったのが、リハビリを続けて姿勢が改善されてくると、以前より呼吸が深くなった気がしていました。

さらに、深呼吸を意識しすぎて、肩が凝ったことがあるのですが、理学療法の先輩曰く、「深呼吸も、その人の体の状態に合わせてしないと、オーバーワークになるから、あまり意識しなくてもいいよ。」と言っていた事を思い出しました。

思い返してみれば、怪我をする前の僕は、仕事に集中すると殆ど息をしていない事もありました。けれど、集中するってば、そういうもんだと思っていたし、別段気にすることもありませんでした。

といいますか、だれでも当たり前に息を吸って、吐いているわけだから、意識も無意識もないことだと、誰だって思うことです。

ところが、太極拳の型が上手い具合に出来た時は、勝手に息が入ったり抜けたりして、呼吸をあえてする事がありません。

なんというか、何処にも突っかからずに、気持ちよく肺に空気が入っていくのが分かるんです。

という事は、盆栽仕事においても、正しい姿勢や、正しい動作が身についてこれば、呼吸が自然とあってくるということだと思います。

僕は、集中どころか、いい加減な動作を繰り返していたわけです。そりゃ、からだを壊して当然です。

というわけで、以前のブログにも何度も書いているように、体の使い方を研究するようになったのですが、

その大事なポイントとして、「自然に呼吸ができる動作を探す」ということになったのです。からだに違和感を感じず、疲れを感じない仕事をしている時、勝手に呼吸が僕の動作に合っているのが分かります

もちろん、樹によって、その仕事やとれるポジションも様々ですから、まだまだ研究は継続中です。

首の後ろが痛くて、腕がしびれている時にこそ、正しい動作を探すチャンスで、その動きがはまって、体の痛みがとれる事があります。そのときはかなり快感です。

ただ失敗の方が多いので、やばくなったら、プロに治療してもらってますが。あくまで無理は禁物です。

最後に、呼吸と同時に大切なのは、体の柔軟性です。日頃から、ストレッチや体操などで、体の柔軟性を保ち、よい姿勢を維持することが、高いパフォーマンスを継続できる事の、条件になると思います。

そして、正しい動作ができれば、僕のように不器用な人間でも、仕事はキレイになってきますし、丁寧になってきます。

疲れないから、仕事に集中できるようになるわけです。

僕自身、仕事がうまくはかどらない時は、かならず首や腰が痛くなってます。からだは正直なようです。

こういった僕の経験を分かりやすくまとめて、紹介したいのは山々ですが、僕自身まだ発展途上であり、正直人を納得させるだけの仕上がりには程ほど遠いのが現状です。

ですが、こういった方向性に僕は自信をもって取り組んでいるので、

将来縁があったら、こういった角度から盆栽の仕事を紹介するのも面白いなって思います。

僕が盆栽教室開けるくらいになるまで、みんな盆栽続けておくれ。

身勝手な、願いでした。

|

« 入梅ですよ。 | トップページ | 電話魔 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

やっぱり呼吸って基本なのねー。私もヨガをやるのは歌うためだし、歌うこと自体呼吸だしね、うまく歌えなかった時は首や肩が固まってるときだし、そんな時は喉痛いし。
同じですな、すべて!

投稿: hirokophone | 2007年6月19日 (火) 09時52分

歌手の人は、あれだけタフに歌いつづけるわけですから、やはり普段からの丹精は大切なのですね。

その丹精のおかげで、沢山のリスナーが楽しい気分になってくれるなら、

普段の丹精も、楽しいし、体の微妙な変化にもちゃんと気付いてあげる感性を磨くのは、とても大事な事なのでしょうね。

お互いシワクチャになっても、楽しく歌ったり、蒔いたりしていたいものですね。

投稿: ちどり | 2007年6月19日 (火) 18時34分

正しい姿勢が健康にもいいし、体に負担のかからない姿勢が正しいんだとわかっているのだけど・・・
猫背生活20数年になると正しい姿勢にする途端に凄い辛さが来るんですねえ。疲れるのでエネルギー消費には役立ってるのかもしれないけどw
とりあえず気がついたときには柔軟をしよう、と思いながらすぐにしなくなっちゃうんだなー。でもいつか観光名所でキレイなY字バランスとか開脚でバカな記念写真がとりたいからやっぱり頑張らなくちゃ。

投稿: 夢湖 | 2007年6月25日 (月) 17時01分

いつの日か来ると信じれば、実際来る来ないは別として、頑張る力になるものですよ。

僕も20数年間猫背生活で、体質だとあきらめていましたが、一念発起して前屈した指先が床についたのがキッカケで、丹精にはまってしまいました。

途中で無理だと思えば、想いは想いのままだし、
いつの日かきっとと思えば、馬鹿みたいに死ぬまで丹精できると、僕は信じています。

いつの日か、観光地で一緒にY字バランスでゲートを作って人間額縁になりましょう。

ファイト!

投稿: ちどり | 2007年6月25日 (月) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/6806378

この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸:

« 入梅ですよ。 | トップページ | 電話魔 »