« 古さを書く。 | トップページ | 共に生きる。 »

ヤマドーリ、ミショウ。

盆栽でいうところの天然素材というと、「山採り」っていうんですが、海外でもヤマドリってそのまま言葉になっています。

トショウ、シンパクなんてのも、通じるんです。もちろん向こうの愛好家さん限定ですが。

とうわけで、ヤマドリっていうと最初にイメージするのは、「人工臭さを感じさせないもの」、「高級品」、など良いイメージがあると思うのですが、

大体ヤマドリ品しかなければ、こういった観念が生まれてくる事もないわけで、ここに隠されているのは「実生、挿し木」といった、赤ちゃんの頃から人が丹精したものとの対比があると思います。

ですから、今回は「ヤマドリ」をもう少し突き詰めて考えていきたいと思います。

ヤマドリ品と言えば、特に松柏盆栽(松やヒノキの仲間)が扱われていますが、

今現存する名樹の殆どは、戦前に山から下ろされたものです。

厳しい環境で育った信じられない程複雑な幹骨は、数百年の歳月をかけて作られた、まさに自然の芸術であり、その圧倒的な存在感は畏敬すら感じます。

それらの素材は先人たちの技術によって、盆栽の型へと整姿され、今僕たちが見る事の出来る、得難い幹骨と、丹精された枝によって自然に生えていた古い樹から、盆栽の古樹へと変貌をとげているのです。

しかしながら、近年では盆栽全盛期の頃の乱獲(乱伐?)の影響で、ヤマドリの一級素材は殆ど手に入らなくなり、また取り締まりの強化によって、素材の山出しは禁じられている場所もあります。というか国定公園内からは小石一個も持ち出しちゃだめなのは既に万人の常識です。

なので、ヤマドリといえば今や新たに出てこないと言う意味でも貴重品と考えられています。

ただ、ここで1つ考えて欲しいのは、「やまどり」=「古くて、幹骨が人工で得難いもの」という固定観念が出来上がっているという事です。

これは、人によって考えは異なるでしょうが、僕はこの方程式は必ずしも成立しないと言いたいのです。

それは何故かと言うと、

はじめはヤマドリ品ぐらいしか、幹骨も古さも抜けているものがなかったのですが、今現在、愛好家さんたちの丹精によって、はじめら人の手によって仕立てられた盆栽の中にも、十分に古さも幹骨の個性も、ヤマドリ品に負けないものが現れるようになりました。

ですから、山から下ろした品物と見分けがつかないものも沢山あります。

盆栽は鉢に入ってからの丹精によって、その盆栽らしさをあらわしていくものです。

幹骨の複雑さは、確かに天性の素質といえますが、人間と一緒で、その後の努力(丹精)なくしては、本来の輝きを得る事ができないでしょう。

人の手によって作られたものが、仮にヤマドリ品と言うものに、素材の段階で劣っていようと、その後の丹精の積み重ね、命のリレーによって、その樹(たとえば実生や挿し木素材といえども)のその樹らしさ、個性が表出してくるのだと考えます。

というわけで、

その樹がヤマドリか、ミショウ畑育ちかなんてのは、その樹の価値を決定する肩書きにはなり得ないという事です。

その樹が凄いのは、その樹が凄いからであって、どこそこ生まれだから凄いじゃないんです。

盆栽は樹が鉢におさまった時点で、新たな「章」を演じる役者となるのです。

田舎育ちだろうが、都会生まれだろうが、その盆栽は愛好家さんの演出によって、様々な風景を共に描く役者になるのです。

僕は、ある意味では世間一般のスター級のヤマドリ名木に出会えば、盆栽が好きだから、当然しびれます。

でもそれを見て「ヤマドリ品だからすごいなー。」なんて思ったことは一度もありません。

だって畑育ちの盆栽を見ても、それと同じ感覚を得た事があるんですから。

ましてや、小品盆栽なんてのは殆どが実生挿し木素材です。ヤマドリ品じゃなきゃダメっていうなら、そもそも盆栽として成立しないジャンルです。

盆栽を見てしびれるのは、そこにある丹精の瞬間と、命を繋いできたことを全身で証明する表現力です。

山とか川とか、古いとか若いとか、そんな感覚で盆栽の順位が決まってしまうんなら、だれも実生、挿し木しないですよ。昨日も書いたけど。

そういう流れだから、未だに盗掘はなくならないし、どれほどの山が盆栽によって、荒らされ、どれほどの自然が壊れた事か。

ヨーロッパでは今まさにそういった事態が起きています。

同じ失敗を繰り返さないためにも、実生や挿し木を含めた、丹精の歴史こそ盆栽の真髄ということがもっと伝わってくれたらなと、願わずにいれません。

もう山から下りた樹は、また山にもどそうと思っても、おそらく活着するのは難しいでしょう。

そういった樹は、その運命を僕たちがしっかり受け止めて、出来る限り鉢の中で丁寧に育てていきたいと思います。

しかしながら、これ以上の山出しが、盆栽全体の価値、地位、社会性を向上させるものであるかは、疑問です。

最後にブルーハーツの歌から引用します。

「生まれたところや、皮膚や目の色で、一体この僕の何がわかるというのだろう?」(青空より)

その存在に、誇りを持て!!

|

« 古さを書く。 | トップページ | 共に生きる。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見しています。
たまには書き込みをばと思い、書き込みした次第です。

山採りは、最近色々な面で希少価値が付いて、それが却って乱獲や盗掘を招いている感じがしますねー

勿論、それだけの価値があるものだとは思うのですが・・・
難しい問題ですね。

前にも自分のブログに書き込みしましたが、すばらしい樹を見て「手元に置いておきたい」と思うのは、無理からぬ事だと思います。

でも高価なものですし、作りこむにしても自分一代では到底無理な話です。
そこで、盗掘、乱獲が顔を出すんでしょうね。

転売を目的にしている人達も多いので、これから先は、もっともっと規制が厳しくなってしまうのではないかと危惧しています。

投稿: natu | 2007年7月31日 (火) 07時22分

書き込みありがとうございます。

いつも見ていただいているとのこと、大変嬉しく思います。

僕も、盆栽が好きですから、山から下された名木を手元に置きたいお気持ちも大変わかります。

盆栽はステータスにもなり得ますから、唯一無二な逸品素材を持っていれば、さぞ気持ちもいいと思います

そういった素材が、盆栽の価値を高めてくれたことも事実です。

だから、今までの事を非難するつもりはありません。
そういった事実があったという事でして、

その経験を教訓にこれからについて考えていこうと思うのです。

僕はただ単純に、これから先、盆栽と言う趣味が、自然破壊に荷担するようなものであって欲しくないなって思っています。

ヤマドリの価値を変えるというより、価値観の頂きが増えればいいなって思います。

いろんな山、道があっていいと思うし、そういった道に向いてくれる人が増えれば、natuさんのご心配されるような事態が、たとえ僅かだとしても減ってくれるんじゃないかと勝手に想像してます。

実際、そういった道が今は少しずつメディアなんかを通して広まっているみたいなので、僕はひそかに歓迎しているわけです。

もちろん、僕は変わったことをするつもりはなくて、
謙虚に業を営んでいこうと思っていますが・・・。

投稿: ちどり | 2007年8月 1日 (水) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/7331347

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマドーリ、ミショウ。:

« 古さを書く。 | トップページ | 共に生きる。 »