« 毒へび対毒あり。 | トップページ | イニシエーション »

夏のちょい雨にはご用心。

今日はてっきり1日中雨が降るとばかり思っていたけど、一時間も降らなかった。

それでも、ザッと降ったんで、水やりの心配が無くなったと思ったら、大間違い。

確かに一回分の水やりはやらずに済んだけど、鉢面は案外と乾いていたりします。

何故かと言うと、

1つは、葉っぱがついているので、鉢面に水が当たらない。

2つは、この時期は少しくらいの雨でも、その後の天気次第ではすぐに乾いてしまう。

ということなのです。

だから、雨が降って水やりしなくて済んだって喜んでいても、実は葉水程度で全然雨が染みてないとか、

安心して出かけたけど、そのあと急に晴れて、一気に乾いてしまったとかして、

こういった雨の日は、樹を知らず知らずの間に傷めてしまう事があるんです。

秋以降、樹勢が落ちた頃に原因を考えていても、本人としてはこの雨が水やり完了にカウントされているもんだから、水切れですといっても、「心当たりがない」という具合になる訳です。

もちろん雑木の場合は水切れの影響が、葉がふるったり、萎れたりしてすぐに出るけど、松やヒノキの仲間は、秋以降とか、もっとあとに影響が出てくるので、余計原因がわからないのです。

ですから、雨が降っても油断せずに、毎日愛盆たちを観察するようにしてあげてください。

自動潅水も同じことです。水やりの意義は、ただ水をあげるだけでなくて、盆栽の健康チェックも兼ねた大事な回診だと思ってください。

盆栽の培養管理の上達、いろはの「い」、基本の「き」ってわけですね。

|

« 毒へび対毒あり。 | トップページ | イニシエーション »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/7647954

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のちょい雨にはご用心。:

« 毒へび対毒あり。 | トップページ | イニシエーション »