« 表と裏。 | トップページ | 鬼どんぐり »

ちどりのBonsai参考図書①

盆栽を始めたばかりの人(もちろんそうでない人も)は、いろんなアプローチで盆栽への興味を深めていくと思うんだけれど、

いきなり種をまく人もいれば、徹底的に知識を吸収してから始める人もいると思います。

どちらも盆栽をはじめてくれるんですから、僕は大歓迎なのですが、盆栽を知るにあたって、技術的な面や表面的なビジュアルの部分ではなくて、

この本を読むと「盆栽を考えさせられる本」と言うものを、少しずつでありますが、紹介していこうと思います。ちなみに不定期です。

第一回目は、宮崎学さんの「柿の木」(偕成社)です。

http://www.amazon.co.jp/dp/4037451107?tag=owletnet-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4037451107&adid=1F38X833X6V8GFEH30PF&

ここに書いてあったレビューを引用させていただきます。

 
木が語る、木に語る, 2006/12/2

この本は2年間にわたり、一本の柿の木を写しつづけた記録である。一本の柿の木。その柿の木の静かな生命のいとなみ。日々うつりかわる天候。柿の木とかかわりながら生きる生き物。そして、この木の生い立ちと、長い年月にわたる人々の生活の変化とのかかわり。珍しい木でもない、樹齢数百年の巨木というわけでもない。どこにでもありそうな柿の木。しかし、気付いてみると、もはやどこにもない柿の木。柿の木は静かにそこに立って語りかけてくる。そこにじっと立ち、見つめてきた長い時の流れを柿の木とともに感じることが出来たとき、人々は忘れかけていた大切なことを思い出す。 」

この本は15分もあればすべて読みきってしまう本ですが、普段盆栽に愛情を注いでいる愛盆家さんが読んでくれたなら、

きっと今目の前にある盆栽が、一層愛しくなると信じています。

僕は今、そもそも盆栽とは「無くてよい」ものだと思っています。

鉢に入れて自然を楽しむなんてのは、実に人間本位な考えですし、本来ならこの本のような関係が、どこにでもあって欲しいと思うからです。

しかしながら今、それが失われてきた、或いは難しくなってきた状況で、自然と人間を繋ぐ極めてグレーな存在が盆栽なのかもしれません。

ぜひこの本を読んで、「今、僕たちにとっての盆栽とは?」という問いをそれぞれの胸に問い掛けて欲しいなと思っています。

そして、これから盆栽をはじめてみたい人にとっては、諸刃の剣かもしれません。

そのことも含めて、あとはご自身の手にとって頂きたいと思います。

|

« 表と裏。 | トップページ | 鬼どんぐり »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/8148601

この記事へのトラックバック一覧です: ちどりのBonsai参考図書①:

« 表と裏。 | トップページ | 鬼どんぐり »