« メリ盆。 | トップページ | 太陽さん、おやすみなさい。 »

ぎりぎり南天パラダイス。

Ng 田舎の庭のイイギリの実が”たわわ”に実りました。

うちの田舎の方では案外めずらしくて、わざわざこの樹を観に来る人がいたりします。

そして、盆栽の中では、「南天ギリ」という名称で親しまれています。

実は初め、鳥たちに見向きもされませんが、ウメモドキやムラサキシキブなんかの実も食べ尽くされ、いよいよ食べるものがなくなると、この一本がわずか1日であっという間に食べられてしまうのです。

そのころになると、周りの景色も銀世界に変わり、真っ白の中の真っ赤な鈴なりの実が、とても印象的な風景をかもしだしてくれます。

この樹と、その他に小高い丘の上にある松畑にもイイギリの大木が2本あり、真っ白な中、遠くからでも赤い灯りが良く見えて綺麗なのです。

いずれも僕がまだ生まれるより前に家の人が植えた樹が成長したものです。

それでなくとも、この樹は成長が速くてあっという間に大きくなりますが。

ちなみにこの樹は雌雄異株で、種を蒔いても殆ど雄木です。

よく「桐」の木と名前が混同してしまいますが、まったく別物の樹です。枝ぶりが似てなくもないですが、桐の実は地味で硬く、花も淡い紫色で、鈴なりでなくて、上向きに小さな花が密集して咲きます。

今いる園の目の前に「桐」の樹があって、落ち葉がえらい手間でした。

南天ギリは枝ぶりが粗いので、小さな作りには向いていません。

大きな葉っぱ、白くおおらかな幹や枝、鈴なりのタワワな実。

”らしさ”ってやつをよく考えて盆栽を仕立てていきたいものです。

写真、左の流転でみれます

|

« メリ盆。 | トップページ | 太陽さん、おやすみなさい。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

写真を拡大してみてビックリ!めちゃめちゃたわわですねぇ♪すっごいなぁ~!
今日実はユーカリを買ったんだけれどこれをボンサイにするってアリですかねぇ?

投稿: hirokophone | 2007年12月12日 (水) 20時40分

ユーカリですか!?

ボンサイってば、その人の心だから、
hirokophoneさんが、そうしたいと思えばそうなりますよ

僕の場合で考えると、一年はその木を育てながら特性を観察しつつ、次の年にそなえて、伸びてきた新芽を挿し木したりして、

ボンサイサイズに仕立てられるくらいの素材を新たにつくりますね。

今の樹をマザーツリーにして、子供を本格的に育てたいですね。

おそらくユーカリは結構おおきくなる樹だから、あまり型にはめるよりも、簡単な芽摘みくらいで、自然に任せて奔放に作ってあげても”らしさ”が出るんじゃないでしょうか?

苔だまにしても面白そうですね。
テーブルの真中において、みんなで「コアラのマーチ」を食べながら・・・、みたいな楽しみ方も可能では?

ただし、挿し木で増えるかわからないし、乾燥に強そうだけどそれもわからないから、

やはり育てながら、色々学ぶのも面白いかもしれないですね。

あと、写真送ってくれれば、形的に、大体どんな感じで作っていけば、作りやすいかヒントくらいは言えるんで、暇な時送ってみてくださいな。

投稿: ちどり | 2007年12月12日 (水) 22時43分

ちどりさん、ありがとー!いろいろ考えておっしゃるとおりしばらくは木の成長を観察してみようかな♪植木屋のおばちゃんもどんどん大きくなるから大きな鉢に植えるんだよ~っていってたしね、コアラがムシャムシャ食べてもばんばんはえてくるくらいだからねぇ!
そんでもって来年あたりにコアラのマーチ玉を作成しようかな~♪
今度画像おくらせてねん♪

投稿: hirokophone | 2007年12月14日 (金) 10時42分

僕たちもボンサイを仕立てるとき、急いであれこれしないで何日も眺めていると、ある日突然いいアイデアが浮かんでくることがあります。

これは、hirokophoneさんのほうが多く経験があるかもしれませんね。

hirokophoneさんのリズムに、ユーカリが合ってくるのかも知れないですよ。

投稿: ちどり | 2007年12月14日 (金) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/9356178

この記事へのトラックバック一覧です: ぎりぎり南天パラダイス。:

« メリ盆。 | トップページ | 太陽さん、おやすみなさい。 »