« 太陽さん、おやすみなさい。 | トップページ | お知らせだん。 »

千の風のはなし

キリストさんのが生まれた日ですからね、日ごろ僕が考えていることを少々。

先日、婆ちゃんの三回忌で実家に帰ったとき、法事の後、お寺の住職さんが、説教をしてくれたんですが、

その中で、千の風の話がでてきました。

あの歌のように、千の風になって僕たちの魂が大きな空を吹き渡るという事は、生も死も、分け隔てなく、すべて阿弥陀様の手のひらの中で起こっている事で、

阿弥陀様は、生きていても、死んでいても僕たちを救ってくれるという事でした。

お寺のお坊さんが、お墓の中に故人は眠ってないっていうのも、面白いなっておもいます。

だから墓でご先祖様に手をあわせても、そこにいないし、ご先祖様はもうとっくに阿弥陀様と1つになったというのです。

なるほど、おじいさんはいないのです。あるのは、ただ吹く風のみ。

死後の世界とか、天国とか地獄とか、そんな事より、

死んだら死んだまんま、ただ風になる。

その風が山を削り、その土が川に落ち、その水を人が飲み、また新しい人になる。

すべては阿弥陀様の手の中の出来事。

僕は成仏ってのが、こんな事だったら素敵だなって思います。

子供の頃僕のバイブルだった「世界の不思議図鑑」に、風葬とかで、高い山の天辺で、死んだ人をそのまんま置いて、とりの餌にするってのがあったけど、その頃から言葉に出来ないけど「かっこいい」って思っていたのも、今となれば納得がいきます。

死んだ後、鳥に体を捧げるなんて、何だかロマンチックです。

焼かれて狭い壷に押し込められて、暗い墓下に収められるなんてイメージより、はるかに自由な印象を持ちます。

そこにあるのは餌となった僕がいた体。僕はそこにいません。

千の風っぽいし、「コンドルは飛んでゆく」が似あいそうです。

でも、これってば生きてる僕のイメージだから、死んだ後死体がどうなっても文句も言えないんですが。

最近スピリチュアルが流行ってますね。江原さんとかも信じる信じないという事になりがちですが、

僕の考えは、その人の心が救われるのなら、本当だと思います。

あの人達が実際に見えていようが、いまいが、愛する人を無くして傷心しきった人達が、その言葉でまた生きることが出来るのなら、その部分をみれば、本当なのだと思うのです。

しかし、その逆に最近の霊感商法や、ナンチャラ占術のように、不安を煽るようなものは、僕は信じてません。

それが実際に当たって、身の回りに不幸が起こるとしても、それを恐れて振回される人生に、生き甲斐もないし、自分に責任がもてなくなるだけです。

それよか、人は必ず最後は死ねるってことに気が付いて、その日がくるまで、たまにそのことを考えながら、ただ一生懸命生きることのほうが、やるべきことなんだと思います。

だって僕たちがいるのは、過去でも未来でもなくて「いま」なのですから。

そりゃ僕だって貧乏したくないし、美味しいものたべて、オシャレな眼鏡かけて、物欲にみたされたいですよ。

そういう目標で生きてますし。

痛いの嫌だし、弱音ばかり吐くし、世の中に甘えて生きてますよ。

何より、これっぽっちも死にたくない。

でも、「死」についてたまに考えちゃうし、逆にいえばその「煽り」に振回されて生きるくらいなら、格好悪くても、そういう自分をしっかり受け入れて生きていきたいって事なのです。

らいく・あ・ろーりんぐすとーん。

そして、僕は宗教的なものは、僕自身の心の問題であって、他人に押し付けるものではないと考えています。

布教みたいなものがないと広まらない神様なんて、信じません。

だって、仮にすべて何かしらの手のひらの中の出来事なら、すべての人に共通するものでなくちゃならないものが、

なんで戦争やテロまで起こすくらいに違うものになってるの?て思うからです。

だから「わびさび」も「モダン」も、僕は知らない。西も東も関係ない。

僕がいて、あなたがいる、風が吹いて、光がまぶしくて、雪がふって、鳥がさえずり、星が輝く。

ただそれだけ。

すべてはパンチパーマのおばさんの手のひらの中。

ちなみに左のバーのBornsaiな人々のひとり、腰越広茂さんのサイトの中に、2006年の詩作品の1つ「盆栽する私」があります。

これは僕が無理言って広茂さんに作ってもらったものなのですが、僕の好きな詩の1つでもあります。ぜひ読んでみてください。↓

http://hion_k.at.infoseek.co.jp/

|

« 太陽さん、おやすみなさい。 | トップページ | お知らせだん。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

紹介有り難うございます。
大変有り難いです。

ぅむ、おもしろいお坊さんですね。
死んだら自然にかえる、^^。私は、そう思いたいです。

投稿: 広茂 | 2007年12月25日 (火) 06時17分

広茂さんの「盆栽する私」の冒頭いきなり「在る」ってのが、僕は好きなんですね。

広茂さんの意図するものを僕が汲み取っているかどうかは別として、どこか僕の盆栽観に通じる部分があって、

そんな事も含めて、この日記と一緒に紹介してみました.

投稿: ちどり | 2007年12月26日 (水) 00時09分

これっぽっちも死にたくない。

同感。
ひさしぶりに覗いたら、やっぱ同じような事考えてんのね、ふふ。

焦って、もがいてでも、自分のチカラで手に入るものなら、その入手方法が正解だと思うんだ。
他人の考えに縋るなんて、かっこ悪くてやだね。ワタシは。

骨になってからじゃ遅いからさ、来年も笑ってすごそう。

投稿: さわこ | 2007年12月27日 (木) 23時09分

今、帰ってきました。

親方に徹底的に叱られました。

この情けなさ、悔しさに逃げることなく、
もっともっと今を見つめて進化していこうと誓いました。

親方の愛に感謝です。

来年もどうぞよろしく!!

投稿: ちどり | 2007年12月27日 (木) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/9554508

この記事へのトラックバック一覧です: 千の風のはなし:

« 太陽さん、おやすみなさい。 | トップページ | お知らせだん。 »