« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

空カフェマーケット

今日、日記に書いた空カフェマーケットの日でした。

http://bikkiyama.com/top.html

朝は、数日続くスンゴイ雨の続きで、とても青空市って感じじゃありませんでした。

正直重たい気持ちで、空カフェさんに向かったのですが、どんだけ行い良いのか知りませんが、準備中にあれだけドッシャリ降ってた雨が大人しくなりはじめ、お店を出している間はほとんど雨にふられませんでした。ラキィ!!

Img_0300 (写真はマーケットの行われた空カフェさんの様子です。)

お店のほうもオーナーさんのお心遣いで、カフェの入り口においてもらい、コーヒーを飲みに来たお客さんみんなに目を止めて頂く事のできるベストポジションでした。

といわけで、お店がスタートしたのですが、

これだけの荒れ模様から始まった一日だったのに、山奥にぽつんとある(しかも国道からそれた道)お店に、福島や他県からのオサレさんたちが、集まる集まる。

そしてまた苔玉の反応の良さに、驚きました。

しかも、売れた苔玉やミニ盆栽のうち、男性で買っていかれたのはたったの一人。女性客が確かに多かったとはいえ、ここまで差が出るとは思いもよりませんでした。

今回出店して一番勉強になったのは、僕が普段やっていることを、若い人向けなんて考えずに、そのまま持っていっても、女性や若い世代の方も、熱心に品物を選んだり、買って行ってくれるんだなってことです。

はっきり言って品物には自信があります。そして値段も地元だからこそ出せる非常にお求め易い値段です。がんばりました。

僕は最近、地元の知り合いから「何がしたいの?」と聞かれて、

「盆栽を多くの人が集まり、目をとめてくれる舞台に上げたい」と答えました。

「盆栽というと、みんな日本の文化だから、あまり関心がなくても知っているつもりでいる人がほとんどです。僕は盆栽というものを、もっと多くの人に生で見てもらい、そこで初めて好きか嫌いかを判断してもらいたい。」と思っています。

たとえ小さなスタートでも、今回苔玉という盆栽を噛み砕いたものでも、そのまま受け入れてくれる人がいてくれたことで、僕自身も非常にうれしくなりました。

というわけで、今回こういったイベントに参加させていただいて、本当に空カフェさんには感謝しています。

そして、この山の中に沢山の人を集めてしまう、空カフェさんの日頃からの努力を感じて、非常にいい刺激になりました。

やはり最終的には地元に根ざした、地元に還元できる人になりたいなって、そう思いました。

ちなみに、次のマーケットの日取りも決まっていて、うれしいことに空カフェさんのほうから、次の出店についてお話を頂きました。そんで今のところ出店を考えています。

9月の28日です。

ちかくに遊びに来た人は、ぜひ寄ってくださいね。

Img_0296 (カフェの前で出店です。長靴も普通の農民スタイルです。)

Img_0302 (カフェの前は春には水芭蕉が群生する沼になってます)

ちなみに写真は流転でみれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お店だします。

8月31日(日)、福島市の旧115号沿いにある空cafeさんで行われる

「空cafeマーケット」に参加させてもらえることになりました。

空cafeさんのHP http://bikkiyama.com/top.html

空cafeマーケットの詳細 http://bikkiyama.com/soracafe/2008event-market1.html

姉が持っていた空cafeさんのポストカードを見て、初めてお店に行った時が、たまたまマーケットの日で、

「こういった雰囲気の中で盆栽のお店を出してみたいな。」

と思い、後日ひとりでお店のほうにアプローチしました。

お願いを上がった当日、僕の勘違いでお店の方を待たせてしまうアクシデントがあり、いきなりの大失敗をしてしまったのですが、

オーナーさんの温かい対応に救われて、なんとか出店の運びとなりました。

盆栽という言葉はしっていても、実際に触れたりしたことのない方も多くいらっしゃると思われるので、盆栽は盆栽でも苔玉盆栽をメインに持って行く予定です。

今回の目標は、「お!盆栽っていいじゃん。」って思ってもらうことです。

というわけで、当日空cafeさんでお待ちしています。

苔玉自体は、下の写真を参考にしてみてください。

ちなみに「植物流転」でも見ることが出来ます。

Dsc01258

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蓮まつり

福島市のお隣、桑折町で今日2日と、3日に行われる蓮祭りに行ってきました。

町おこしの一貫で、東京大学の研究所から、蓮の品種を分けていただいて育てた沢山の蓮を、一堂に集めて展示即売するイベントなのです。

http://npo-yume.net/

蓮の花が昼には閉じてしまうため、朝6時から正午までの開催で、実家を出たのは5時半くらいでした。

現地に着くと、早朝にもかかわらず、沢山人が集まっていました。

多かったのは、アマチュアカメラマンの皆さん。

一輪の蓮の前で大きな一眼レフを構え、何枚も写真を撮っていましす。

たしかに綺麗な大輪。しかもお昼前には閉じてしまうわけですから、失敗は許されないんでしょう。

それだけスル価値がある、上品な花ですよね。

親父が好きで株を水がめで増やしているので、新しい品種が欲しくて出掛けたのですが、

早朝から品種によっては完売になるものもあり、蓮の人気の高さを思い知ったわけです。

お祭り自体は、出店も少なく、お祭りというより展示即売会みたいな感じで、蓮にあまり興味が無くて、祭りと聞いて集まったひとは物足りなさを感じただろうなと思いました。

けど、あれだけの種類があつまって大輪の中を歩くと、心が透き通るようで気持ちが良かったです。

Dsc01327 Dsc01329 Dsc01335

Dsc01343

流転でもう少し種類載せてみました。

名前は漢字だらけで、覚えきれませんでした。

なんせ集まった品種は150種類でしたから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »