« 今週も盆栽展 | トップページ | 空カフェマーケット、年内最後でした。 »

五葉松の種、その後

以前の日記に書いた吾妻山の五葉松の種ですが、

http://philosophy-of-bonsai.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-2056.html

しばらく日陰で干しておくと、松かさが開いてきて、種が取り出せるようになります。

002 こうやってシートの上にばら撒いておいて、松かさが開くのをまちます

001 こうやって足で踏み潰して、大雑把に種を取り出します。

003 それでもかさの右下のように、採り切れない種もあるので、丁寧に手でかさを剥いて種を取るのです。

これが結構手間仕事で、数があるだけにすべて採りきるのには数日かかります。

そんで、取った種はそのままにしておくと乾燥が進んで著しく発芽率が悪くなります。

このあと、水に浮かべて沈んだものだけを選んで保存します。

そして来春の種まきシーズンまでお休みいただくわけです。

|

« 今週も盆栽展 | トップページ | 空カフェマーケット、年内最後でした。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

この春私の所に届いたのも、
こんな風にして採取したものなんですね!

おかげさまで、今の所順調(なんじゃないかな?)

これから『冬超え』が難関ですね。

投稿: さぼてんママ | 2008年11月 5日 (水) 22時14分

さぼママさんの可愛い五葉松たちも、
こういった種の一粒一粒です。

冬が始まるこの時期、愛盆家さんの気持ちは、春を待ちわびているものです。

時間が過ぎていくだけなのに、幸せな気持ちになれるのは、盆栽の魔法みたいなものですね。

投稿: ちどり | 2008年11月 8日 (土) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/24676099

この記事へのトラックバック一覧です: 五葉松の種、その後:

« 今週も盆栽展 | トップページ | 空カフェマーケット、年内最後でした。 »