« ようやくうちでも。 | トップページ | 米栂原生林を歩く。 »

MISHOUは世界の合言葉

先日の種蒔きの余談です。

我が家には年に数度、海外からのお客様がいらっしゃるのですが、彼らとのお話の一つに、「ヨーロッパではヤマドリ素材が無数にあるため、実生は根付かない」との事でした。

日本から海外に仕事に行かれる人の多くのお話を伺っても、海外のヤマドリ素材のレベルを見るに、海外の技術が上がれば将来は日本の盆栽は海外に追い越されるだろうと、みんな口をそろえて仰います。

確かに、向こうの盆栽雑誌を毎月拝見しても、毎度のごとく日本では見たことの無い、或いは戦前にしか存在しなかったような幹骨の盆栽素材が出てきて、まったく感嘆してしまいます。

「こんな素材で仕事が出来るヨーロッパの愛盆家さんは、うらやましいな。」

職人としての正直な意見です。

けれど、向こうの方は、盆栽の幹骨の良し悪しだけではなく、日本の文化としての「盆栽」にも興味を持っていただいているというのも事実だと思うのです。

ならば、実生はどうでしょう?

実生が単に素材を得るだけの手段にすぎないなら、たしかに山に入って100年以上の古木を掘ってこれる人たちにとっては、無意味な行為に過ぎないかもしれません。

けれど、先日の日記に書いたとおり、実生は単に結果を得るための手段ではなく、その行為自体が、盆栽遊びの一つになりうるというお話しをしました。

そして、無意味なことに本気になれるのが、本物の大人ではないかと。

考えてみてください。

盆栽そのものが、人間が生きるために何故ひつようなのでしょうか?

盆栽がこの地球上に存在しなくても、死んじゃう人なんていません。

文化って何でしょう?

僕の知りうる限りでは、無いと人類が滅んでしまうような文化はありません。

考えてみれば、ヤマドリどころか盆栽だってそもそもが無意味な存在かもしれません。

けれど、僕は、僕たちは、それに何故か出会ってしまった。

そして、それに本気になる。ふしぎ、ふしぎ。

だとしたら、実生だって、立派な文化じゃないですか。

無駄なことをやってる人たちから、さらに無駄扱いされるなんて、なんて澄み切った文化でしょうか!

しかも、盆栽にするためだけに種から素材を作るっていうのは、純粋な日本発。

だから、世界に伝えてみたい。日本の「盆栽素材の実生」という文化。

そういうおもいから、うちの親父に頼んで、イタリアの愛盆家さんからヨーロッパ赤松の種をいただけないかと、数年前に交渉していただきました。

むこうの原種で、盆栽素材を作ることで、海外の方により身近に実生という文化を感じてもらいたい。興味を持ってもらいたいからです。

そして、実生の思いに興味をいだいてくれたイタリアの愛盆家さんから、ヨーロッパの赤松の種を提供していただき、去年と今年、早速実生にチャレンジしました。

・・・前置き、なげーんだよ!!

去年はバットにごっそりまいたのですが、今年は畑に播いてみました。

Dsc02042

おととい播いた畝に、五葉松と区切って播いてみました。

書いてある文字は、向こうの言葉で赤松ってことです。

「PINUS SYLVESTRIS」

なんてかいてあるんでしょうね。

「ぴぬす しるべすとりす??」

Dsc02056

五葉松に比べると、随分小さな種です。

この種は、五葉松とちがって、乾燥しても発芽率はほぼ100パーセントになります。

Dsc02059

これは、去年播いた実生苗です。

こんなに出るとは思わずまいたので、えらい込み合ってます。

来年にでも植え替えて、小品、中品サイズに仕立てていく予定です。

この種類は、日本の赤松と違って、かなり葉が短いです。

しかも五葉松みたいに芽が込むので、盆栽素材としてはかなり適した種類となります。

さあ、果たしてMISHOUは世界の合言葉になるのでしょうか?

実生の持つ可能性は、まだまだ無限です。

冒険はまだまだ始まったばかりなのです。

|

« ようやくうちでも。 | トップページ | 米栂原生林を歩く。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

ぉぉおっ!新たな盆栽の文化が始まろうとしているようですね。
素晴らしいチャレンジだと想います☆^^

(あ、ミクシィの日記で、ちどりさんのサイトをちょっと宣伝させて頂きました。
五葉松の実生に興味持ってくださる方がいると良いのですけどねぇ・・・・・・・)

投稿: 広茂 | 2009年4月29日 (水) 17時08分

書き込みありがとうございます。

この遊びは、「うぶ」とう言葉がしっくりくるかと思います。

つねに起きることが、初めての感覚。

ご紹介ありがとうございます。

うぶな愛盆家さんが増えてくれるといいですね。

投稿: ちどり | 2009年4月29日 (水) 21時52分

うちのサイトのBBSの返信を以下にコピペしました。
お役に立つかどうか分かりませんが。^^;

以下コピペ。

いま、ちょっとした事ですが、気づいている事といえば、

去年の春にまいた種が、遅く発芽した場合ですが(うちの子ふたりは秋頃発芽しました。)、
遅くに発芽して、葉っぱを十分に伸ばしきっていない子と、葉っぱが真っ直ぐかたまって閉じている子がいました。
でも、生長が不十分であっても諦めずに土が乾いたら水をあげて世話を続けていたら、今年の春の今の時期暖かくなってきて、再び生長を始めてきています。

生長が不十分な子が、みんなこうなるとは限らないと思いますが、
諦めない、という事が大切なんだな、と思いました。

今のところは、こんなです。ご参考になれば幸いです。

以上コピペ(一部修正)。

追記。
秋に発芽して、葉っぱが伸びていたのに短いまま止まっていた子は、今春新たに芽吹いて新しい葉っぱを伸ばしています。
上記の葉っぱが閉じていた方の子は、今、新しい芽らしきものを伸ばしているところです。^^

投稿: 広茂 | 2009年5月 1日 (金) 15時00分

広茂さん

五葉松の生命力の強さを感じますね。

あるいみでは、生きようとするしぶとさみたいな。

種蒔き、実生といってしまえばそれまでですが、実際に体験した人だから話せるとっておきのエピソードではないかと思います。

貴重なお話をありがとうございます。

投稿: ちどり | 2009年5月 3日 (日) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/29290442

この記事へのトラックバック一覧です: MISHOUは世界の合言葉:

« ようやくうちでも。 | トップページ | 米栂原生林を歩く。 »