« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

福島のターシャ・テューダ。

高湯街道を登っていって最後の信号を左にまがり、ふじ林さんという器のお店を過ぎてすぐ、道路沿い右手に広がる50メートルくらいの雑木林の手前、

そこに彼女の庭があります。

十年ほど前は、荒れた雑木林だったのですが、気がついたら少しずつ開墾されていて、気がついたら花木が植えられていました。

いつも車で通る時、手押し車が道路脇においてありました。

注意深く見てみると、腰が90度に曲がった齢80をこえていそうなを小さなおばあさんが、一人で草むしりをしていました。

どうやら、向かいの家のおばあさんが、たった一人で荒地を開墾してお花をうえている様子でした。

修行中なんかに、たまーに帰省してそこを通っていたもんですから、一年一年が見違えるように変わっていって、次はどうなってるのかなって楽しみにしていました。

今日、うちの嫁さんが仕事の帰りにそこを通ったら、アジサイが凄かったって教えてくれて、僕は無性に見たくなって夕方でかけて行きました。

Dsc02395

農道の右、青く見えるのはアジサイです。季節季節で色々な花がひっそりと咲いています。

Dsc02397 青一色に咲き乱れた大きなアジサイです。

土手の下に植えてあるので、丁度いい高さに青いアジサイが見えて、とてもダイナミックな景色にみえます。

実際には、土手の下にもっと咲いていてるし、ここの庭を歩きながらみていると雑草が生えていないことに驚きます。

おばあさんに声をかけてみたかったのですが、手押し車は自宅と思われる玄関においてありました。

ちょっと残念でしたが、前にここを通った時、おばあさんが藪の中でしりもちをつきながら、シノダケの大きな根っこをお腹に抱えて、全身で抜き取ろうとしていた姿を見て、猛烈に感動したことがありました。

このおばあさんの思い(それは特別な表現でないとしても)を聞いて、僕の生きる教科書の一つに是非したいとそういう思いでいます。

僕はどんな些細なことでも続けることの出来る人をとても尊敬しています。

この庭を見た人のすべてが、必ず感動してくれるとは思っていません。

ただ、以前の荒地を知っているものとして、その荒地をたった一人の腰の曲がったおばあさんが長い年月をかけて、少しずつ、一つの庭を作り上げていったということに、一人の表現者としての彼女に、尊敬の思いを抱かずにいれないのです。

僕は以前、盆栽もインスタントな表現になってきているとブログで書いたことがあります。

そして僕の思いは、「盆栽を通して丹精することの素晴らしさを知って欲しい。」ということです。

僕たち世代の人に特に伝えたいのは、「続けることでしか、個性は生まれないし、表現者としての骨格はできないんじゃないか?」ということです。

だからこそ、どんなに小さなことでも、どんなに意味の見出せないことでも、続けていくしかないんじゃないかと思うんです。

誰よりも目立ちたいというなら、そんな奴はテロリストにでもなりゃいいんです。

そんなことで世界は変わらない。爆弾一つで変わる世界なんて無い。

だったらそこのお兄さん、お姉さん、

草むしりから世界を、むしろ自分を変えてみてはいかがでしょうか?

ちなみに僕の今一番実現したい夢の一つは、実生畑の草むしりを終わらせることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天を射抜く。

昨日の午後、たっぷりと雨が降った後だったので、ちょいと出かけてきました。

この時期のぼんさいやさんは(のうかさんも)、雨が降ると、ワクワクしてしまいます。

出かけられるからー!

大きな杉が二本松市にあると聞いていたので、1度見てみたいと思っていました。

ところが、どこにあるかも名前も度忘れしてしまい、実家にはネットもないから調べられないし、とりあえず二本松の市内にでかけてみました。

そんで、杉繋がりで、「杉田」のJAでおじいちゃん達に道を尋ねたら、「大杉はここじゃないよ、小浜(旧岩代町)のほうだよ。」って言われまして、

「ここは杉違いだよ。」なんても言われまして、

国道459号を小浜のほうに向かいました。

そしたら結構遠くて、小浜より先の杉沢という地区にその杉はありました。

Dsc02336jpg1 あのー、僕なめてましたね。

山間部にある杉ですから、大きな杉の一つに名前がついてるくらいだと思っていたのですが、

駐車場から眺めるその樹姿に、

「絶句」。

まずはその大きさです。

これほどまで大きな樹をみたのは初めてです。

首が痛くなるよ。打ち上げ花火的角度だよ。

つぎに樹形です。

雷に打たれた形跡もない、綺麗な樹姿は、まさに盆栽そのもので、

この大きさとそれに見合った樹齢からは想像もできないくらい樹勢のいいものでした。

いやー、こういった樹をみると、いつも痛感するのは、自分の表現力不足。

その感動を遠い場所のみんなと共感できたらなと思っても、やはりこの爺さん杉から伝わってくるエネルギーは途方もねえんだわ。

ごめんなさい。みなさん、これはメッカの巡礼的オススメ度です。

見て欲しい。

そんでとにかく「でけー!!」といってあげてください。お賽銭みたいなもんです。

そして、1000年近い生命が積み重ねてきた命で、おもいきり花粉症にでもなっちゃいなよ、YOU。

Dsc02341jpg1

立ち上がりです。幹周りは20メートルあるそうです。

理想的な八方根張り。

この端整された足元から、空に向かって一気に閃光が放たれます。

Dsc02342jpg1一の枝です。

もはやこの枝が普通の杉よりでかいです。

下に折れないように添え木がしてあります。

この樹を守っている人たちの丹精が伺えます。

Dsc02349jpg1 この樹の凄いところは、見る場所でそれぞれの顔があるということです。

盆栽的には正面はあるのですが、どの角度から見ても、そのもつ景色力がすごい!

僕は盆栽にしても樹にしても、感動すると思わず出てしまうひとことがあります。

「一本で森だよね。」

すべてを包むエネルギーと、それとはまったく逆の人を寄せ付けない怖さ。

まさにこの樹が森のもつそんな雰囲気を兼ね備えているようです。

Ss1 僕と比較した写真です。

樹高は50メートルだそうですが、ぴんときませんね。

とにかくすんごくでかいんです。

以前屋久島で見た縄文杉や大王杉よりはるかに景色がでかいです。

あの時は森の中にあれほどの大木があったので、今回の杉とはまるで雰囲気は違いましたが、

あんなに苦労しないで、これだけの樹が見れるなんて、福島っ子やい!あんたら贅沢なんだぞ!!

と、個人的感想。

というわけで、縄文杉と大王杉の写真も載せておきますので、ひかくしてみてくださいね。

Fh010022 これは縄文杉。

反対側の登山道から登って、二日目の朝、山くだりの途中に出会えました。

同じ杉とは思えないですね。

実に自然は不思議です。

Fh010030 これも縄文杉級の大きさの大王杉です。

随分阿修羅ってます。

Fh010036 翁杉です。

この一本に沢山の植物が共生しているそうです。

杉といっても、生き方は様々ですね。

杉はえらいですね。

僕たち人間みたいに、個性を主張しなくても、その環境に身を投じて、じっと生きながらえているだけなのに、気がつけばこれほどまでに多様な個性が身に付いているのですから。

ギャンギャン吠えてると、きこりに切られちまうぞ。

待つことの素晴らしさ、

すぎてから気づく。

後半グダグダ。お粗末さまでした。

最後にリンクのせときます。http://www.mahoron.fks.ed.jp/bunkazai/256.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B8%84%E6%96%87%E6%9D%89

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苔玉教室、またやります。

7月4、11日の両日午後1時30分から、吉井田学習センターで、苔玉教室やります。

参加費は1回1500円で、申し込み、問い合わせは同学習センター(024-546-3445)へお願いします。

みなさん、おもいっきり苔玉つくっちまいましょうぜ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年初めの空カフェマーケット

今年初めての空カフェマーケットに、苔玉を持っていきました。

http://bikkiyama.com/

当日は雨が降ったり止んだりのお天気でしたが、僕は密かに燃えていました。

なぜかと言うと、苔玉にとって、といいますか草ものは、この6月、7月ごろが一番充実しているので、それを沢山の人に見てもらうために、手作りのひな壇を用意していたからです。

去年は夏を過ぎてからの参加だったので、キジムシロや姫月見草の小さく可愛い黄色の花や、ノウゴウイチゴのミニミニ苺の実など、もっと見てもらいたかったものをみせず仕舞いでいたので、今年こそは遊びに来てくれた方に、苔玉の旬を感じてもらいたいなと思っていました。

さらに雨になると、今までは空カフェさんの建物の入り口に置かせていただいた事と、雨の日は草ものが水みずしく見えることも重なって、朝からやる気満々でした。

Img_0429 準備中です。

お隣に、きなこカフェさんがお店を出しました。

ここのパンはおいしいので、目当てで来るお客さんが行列を作っていました。

マーケットの目玉ですよね。

「いいものを作っていれば、どんな山奥にだってお客さんは尋ねてくる。」

と祖父が言っていましたが、まさにその通りだなと、いつも感心してしまいます。

Img_0426 今回つくったひな壇です。

安い材料でつくったもので決してディティールはしっかりしてないのですが、テーブルに並べていた去年に比べて、格段に見やすくなっています。

課題は、風対策ですね。

今回は風が無くて助かりました。

Img_0427 左は苔玉に興味がある人にも、五葉松に触れて欲しくて作った根上がりの石付きです。実生8年生です。

右は、ノウゴウイチゴです。赤い実が可愛いです。

今回から、一目で値段が分かるようにしました。

百均で買った角材を細かく刻んで、これまた100均で買ったニスで塗って、白いマジック(100均)で値段を書きました。

去年は苔玉が野暮ったく見えるから、小さな値札をさしただけだったのですが、お客さんからわかりづらいとの声があったので、改善してみました。

大きな窓の前に飾ったので、窓際の席から、苔玉を眺めたり、写真を撮っている方もいました。

そのあとで、ライナーをもらっていかれた方もあったので、空カフェマーケットの風景になれた気がしてうれしかったです。

来月のマーケットにも出店予定ですので、またお客さんが喜んでくれるようなに工夫を重ねていきたいなと思っています。

もちろん場所を提供していただいている空カフェさんと、このマーケットに少しでも貢献できるように努力したいと思います。

来月(7月5日)、ビッキ沼で会いましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »