« 残念なお知らせ | トップページ | 空カフェ、九月の空。 »

FSF いん 吾妻学習センター。

先日の日曜日、吾妻学習センターで、今年度二回目のFSF(福島で凄くがんばってるフレンドたち)に参加してきました。

今回も、アート部門ということで、身の程もわきまえず、盆栽を展示させていただきました。

さらに、今回は五葉松の新木素材を持っていって、開催中に新木(荒木)作りで、盆栽をつくってしまう企画にチャレンジしました。

といっても、これは僕の持ち込み企画で、スタッフのみなさんにわがままを聞いていただいて実現したのですが、

とりあず、前日の仕込みの段階から、写真で説明したいと思います。

099 素材に選んだのは、実生43年生の半懸崖の五葉松です。

去年の暮れに畑から上げました。

そのときに畳一枚分ほどあった葉張りをつめて、写真の状態で管理してきました。

100

ジンつくりまで入れてしまうと、どうやっても2時間で終わらないとおもったので、前日にジンだけはつくっておきました。

102 うすめた墨汁をジンに塗って、ユーズド加工したものです。

この状態で、FSFにもっていきました。

105 これが、仕事前の画像です。

104 こちらは、同じく春に新木作りした素材で、今回の仕事の例としてもっていきました。

こちらも実生で38年ほどたっていますが、去年の暮れに鉢から上げて、春にはじめての整姿作業をおこなったものです。

ここまでは写真を撮っていたのですが、これから仕事中は写真を撮るのをすっかり忘れていました。

それで、スタッフの本田くんから写真を提供していただいたおかげで、このブログも書くことができました。

というわけで、続きです。

20090913161748

作業中は、舞台のパフォーマンスの前後や合間に、司会のチェリブロのお二人に疑問質問をしていただいて、簡単に新木作りの説明をしました。

ちなみに写真はチェリブロのあやかさんと、どんぐり王子。

20090913163708 完成した素材を上から見た図です。

この樹は、今年あまり葉が伸びなかったので、枝を落として作ると少し寂しい印象になります。

けれど、こうやって一度枝筋を作っておかないと、これからの長い丹精の日々を考え場合、枝先がごちゃごちゃしてごつくなってしまいます。

というわけで、バイオリンやヒップホップダンス、前衛的な笑いにマジック、エイサーと、様々な音楽やパフォーマンスに体をゆすりながら、何とか時間内に仕事を終えることが出来ました。

108 最後の中吉さんのパフォーマンスには何とか間に合ったので、音楽に乗りながらも写真をとりました。

中吉さんの音楽は今回で2度目なのですが、前回よりも歌詞をしっかり聴かせていただいて、聴くたびによさが出てきてルナーとおもいました。

106 ちなみに今回もって行った盆栽です。

実生81年生でうちのじいちゃんが二十歳の時に種を播いたものです。

もうここまで古くなると、実生から育ててきたといっても、信じてくれない人もいます。

今回の荒作りした盆栽も、丹精の繰り返しで、右の盆栽のように枝が充実してくると、ますます見ごたえがあるんじゃないでしょうか。

というわけで、このたびのFSFは、新しいことにチャレンジさせていただいたとてもいい機会になりました。

僕自身も、100人以上の人の前で、しかも制限時間内に盆栽を作るという仕事が出来て、とても楽しかったし、もちろん次回への課題も見えてきました。

次の機会でも、今回のように作ってみせる方法でやってみたいなと思っています。

素材選びの再考も含めて、さらにわかり易さと、実際に盆栽にチャレンジしたくなるような興味をそそる内容をもっと、考えていきたいと思います。

というわけで、今回もスタッフの皆さん、ありがとうございました。

そして、お疲れ様でした。

後すみません、FSFの正式な名称はフリースタイルフェスタです。

|

« 残念なお知らせ | トップページ | 空カフェ、九月の空。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/31416374

この記事へのトラックバック一覧です: FSF いん 吾妻学習センター。:

« 残念なお知らせ | トップページ | 空カフェ、九月の空。 »