« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

空カフェ、九月の空。

なんで、なんで晴れないんだー!!?

と、思わず言いたくなる九月の空。

雨が降るメカニズムや、統計学で説明できますか?

今日この日に、何故雨が降らなければいけないのか?と。

というわけで、空カフェマーケット、参加させていただきました。

129 正直、今回の苔玉の状態は、今年中でもかなりの出来になってると、

僕は自信がありましたが・・・。

実際には、選ぶのはお客さんですから、そんな僕の自己満足は、売上とは比例しないようです。

132 これは、キジムシロとアジュガ。

131 斑入りカリヤス、ホトトギスが2色、姫ノコンギク。

渋い組み合わせで、僕はこういうの好きです。127_2

赤いクローバーです。

これ、中々入らないんですよね。

日に当たると、葉が真っ赤になります。

130 開店1時間くらいは、寒いながらも天気は持っていたのですが、

このあとから、じわじわと雨が降り出してきました。

それでも寒い中、マーケットに来て頂いた方、苔玉に興味を持っていただいた人、買って頂いた人、ありがとうございました。

そして、空カフェさんはじめ、参加者のみなさん、お疲れ様でした。

来月も是非よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FSF いん 吾妻学習センター。

先日の日曜日、吾妻学習センターで、今年度二回目のFSF(福島で凄くがんばってるフレンドたち)に参加してきました。

今回も、アート部門ということで、身の程もわきまえず、盆栽を展示させていただきました。

さらに、今回は五葉松の新木素材を持っていって、開催中に新木(荒木)作りで、盆栽をつくってしまう企画にチャレンジしました。

といっても、これは僕の持ち込み企画で、スタッフのみなさんにわがままを聞いていただいて実現したのですが、

とりあず、前日の仕込みの段階から、写真で説明したいと思います。

099 素材に選んだのは、実生43年生の半懸崖の五葉松です。

去年の暮れに畑から上げました。

そのときに畳一枚分ほどあった葉張りをつめて、写真の状態で管理してきました。

100

ジンつくりまで入れてしまうと、どうやっても2時間で終わらないとおもったので、前日にジンだけはつくっておきました。

102 うすめた墨汁をジンに塗って、ユーズド加工したものです。

この状態で、FSFにもっていきました。

105 これが、仕事前の画像です。

104 こちらは、同じく春に新木作りした素材で、今回の仕事の例としてもっていきました。

こちらも実生で38年ほどたっていますが、去年の暮れに鉢から上げて、春にはじめての整姿作業をおこなったものです。

ここまでは写真を撮っていたのですが、これから仕事中は写真を撮るのをすっかり忘れていました。

それで、スタッフの本田くんから写真を提供していただいたおかげで、このブログも書くことができました。

というわけで、続きです。

20090913161748

作業中は、舞台のパフォーマンスの前後や合間に、司会のチェリブロのお二人に疑問質問をしていただいて、簡単に新木作りの説明をしました。

ちなみに写真はチェリブロのあやかさんと、どんぐり王子。

20090913163708 完成した素材を上から見た図です。

この樹は、今年あまり葉が伸びなかったので、枝を落として作ると少し寂しい印象になります。

けれど、こうやって一度枝筋を作っておかないと、これからの長い丹精の日々を考え場合、枝先がごちゃごちゃしてごつくなってしまいます。

というわけで、バイオリンやヒップホップダンス、前衛的な笑いにマジック、エイサーと、様々な音楽やパフォーマンスに体をゆすりながら、何とか時間内に仕事を終えることが出来ました。

108 最後の中吉さんのパフォーマンスには何とか間に合ったので、音楽に乗りながらも写真をとりました。

中吉さんの音楽は今回で2度目なのですが、前回よりも歌詞をしっかり聴かせていただいて、聴くたびによさが出てきてルナーとおもいました。

106 ちなみに今回もって行った盆栽です。

実生81年生でうちのじいちゃんが二十歳の時に種を播いたものです。

もうここまで古くなると、実生から育ててきたといっても、信じてくれない人もいます。

今回の荒作りした盆栽も、丹精の繰り返しで、右の盆栽のように枝が充実してくると、ますます見ごたえがあるんじゃないでしょうか。

というわけで、このたびのFSFは、新しいことにチャレンジさせていただいたとてもいい機会になりました。

僕自身も、100人以上の人の前で、しかも制限時間内に盆栽を作るという仕事が出来て、とても楽しかったし、もちろん次回への課題も見えてきました。

次の機会でも、今回のように作ってみせる方法でやってみたいなと思っています。

素材選びの再考も含めて、さらにわかり易さと、実際に盆栽にチャレンジしたくなるような興味をそそる内容をもっと、考えていきたいと思います。

というわけで、今回もスタッフの皆さん、ありがとうございました。

そして、お疲れ様でした。

後すみません、FSFの正式な名称はフリースタイルフェスタです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念なお知らせ

今年も、そろそろ吾妻山の五葉松の種を採取する時期になりましたが、

今年は、残念ながら種の採取は行いません。

理由は、山で種を採取する組合を取りまとめる組織で、数千万円の横領があり、そのゴタゴタで、山での採取の許可を申請するのを忘れていたそうです。

福島の新聞では、春に取り上げられていたので、知っている人もいると思いますが、僕ら実際に採取する人間には、まったく知らないところで、そういったことが行われていました。

僕は、こういったブログで、組織を批判するようなことを書くつもりは無いですから、あくまで採取が出来なくなったということだけは、ここで伝えておきたいと思います。

それで、どんな影響があるかというと、今年の種は、畑にある五葉松から採取したものに限られるので、確保できる量は去年に比べると、非常に少ない量です。

そのため、春にみなさんに分けていた種も、来春はどこまで対応できるか今の段階ではわかりません。

種を実際に発送できるのは、来年の3月になってからなので、それまでに販売が可能になれば、そのときはブログでお知らせしたいと思います。

申し訳ございません。

Dsc02502 今年の種です。

これは、五葉松の中で葉性のいい種類の接木を、種の採取用に育てたものです。

五葉松も、葉性のいいものから播いたものは、同じく葉性のいいものが生まれやすいものです。

Dsc02500 青いうちに採取しないと、松かさが開いてしまってからでは、種がこぼれてしまい、すぐに鳥のえさになってしまいます。

Dsc02503 採取した種を、殺虫剤につけこんでます。

この後は、日陰干しでしっかりと乾かします。

Dsc02498_2  ここの畑は、山の上にあります。

その畑に続く道、熊が怖いんで、犬を連れていきます。

014 春にあっちに行った、おばあちゃんです。

この写真は去年の種取の時です。

→去年の採取の日記です。http://philosophy-of-bonsai.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-2056.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パフォーマンス、してみます。

9月13日、吾妻学習センターで行われるフリースタイルフェスタの話なのですが、

今回、丹精された盆栽を持って行くだけでなく、みなさんの前で荒作りにチャレンジしてみようと思っています。

出来上がった作品を見てもらっても、盆栽の遊び方はぴんと来ないと思います。

そういったものを眺めて、「わびしい、さびしい」とか言っているのが盆栽だというイメージをもたれてもしょうがない気もします。

そこで、盆栽になる前の素材を使って、技術を用いて盆栽に作り変えていく、最初の工程を皆さんに見てもらうことで、

盆栽の遊び方を知ってもらいたいなと、そう思うのです。

親方は、「名木は誰がいじっても名木だ。」といっていました。

出来上がった自然は、人知を超えています。

そこに未熟な技術がどう入っても、それなりによく見えてしまうものなのです。

「技術っていうのは、棚場の片隅で誰の目にも留まらないような素材を、人目に触れるような樹にレベルアップさせることなんだ」

「三流が二流に、二流が一流に、そうやって1つでも上のレベルに上げてやるのが技術なんだ。」

僕は、まだ勉強が足りないから、一流、二流の違いもまだまだわからないかましれません。

けれど、その木その木の個性(自然)を引き出してあげる努力はしているつもりです。

今回、チャレンジしようと思うのは、この樹の個性を引き出してあげる仕事です。

所得の違いで、それぞれが持てる樹は違うのは仕方ないことです。

けれど、その木その木の個性を引き出すことは、間違いなく丹精への動機です。

「丹精」、そして「技術」。

これはすべて愛盆家に与えられた平等の「遊び」です。

僕の仕事が、それを伝えらるだけのものかどうか。

それは実際に見に来てくれた方の目に委ねたいと思います。

というわけで、ぜひ9月13日、吾妻学習センターに見に来てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報告と、告知。

8月30日、空カフェマーケットにお店出店しました。

今回は、残念ながら朝から雨。

正直寒かったー。

088_2 今回も、お店の前に出させていただきました。

僕の自意識過剰かもしれないですが、ここの正面の席に座ったお客さんは、指をさしたり、眺めたりと、苔玉話の一つや二つ、盛り上がったんじゃないかと、思っています。

089  始まってあっという間に売れちゃったムラサキサンゴ。紫の実が可愛いいです。

三つ用意したのですが、来月も素材が手に入れば作って持って行きたいです。090

いつものスタンダード。

ところで、今年は天候不順で、紅葉がやたら早いです。

去年の今の時期は、青い葉のまま持って行って、「紅葉がきれいですよ」なんて説明していた草も、

説明要らずの鮮やかさになりつつありました。

僕にとっての一番身近な環境問題です。

今回、開場のときに並んでいたお客さんの列を数えたら、100人を超えていました。

悪天候にもかかわらず、しっかりとファンが定着しているんだなとおもいました。(きなこさんのパンがお目当ての人が多数ですが)

やはり、しっかりとした品物を持っていけば、お客さんはついてくるんだなと思います。

確かにきなこさんのベーグルはおいしい。

僕も、「あべさんとこの苔玉、みにいこうよ。」といわれるように努力しなければ。

それに、イベントが定着してきてマンネリしないように、僕自身が工夫も含めて、いろいろと考えないといけないなと、身が引き締まる思いがしました。

苔玉を買ってくださった方の中に、以前も買って頂いたお客さんが増えてきました。

「丹精」の素晴らしさが少しでも伝わっていると思うと、うれしくてたまりません。

これからも是非よろしくおねがいします。

さて、もう一つ、お話をしたいと思います。

今度はイベントの告知です。

9月13日に吾妻学習センターで、フリースタイルフェスタってのがありまして、(以前北信学習センターで行われた、福島のパフォーマーのイベントなんですが)、僕もまた盆栽を持って行く予定でいます。

今回も、コテコテの盆栽もっていきます。

要するに僕の本業です。苔玉売りは普段お会いできない方とのコミュニケーションとして楽しんでいますが、

こっちは本気の表現です。

というわけで、気合はいってます。

是非見に来てくださいね。

http://blog.canpan.info/fsf-sp09/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »