« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

バーチャルやまどり。

今日は、市内某所の我が家の松畑より、盆栽素材を掘り出してきました。

001 白く染まった吾妻小富士。

里山にも、すぐそこまで冬がやってきています。

  003_2

小高い山の上、大きな南天ギリが目印です。

006 阿部倉吉お手上の南天ギリってか。

今年は、成り年。きれーなんだこれが。

008  ここはかなりの急斜面。

仕事するにも、かなりハードなもんで、ここの斜面のマツをみんな掘り出すことになりました。

合計して数えてみると30本以上です。

松を畑から掘り出す場合、

1年から2年に一度、幹から少し離れたところを、スコップを使って、走った根を切っておきます。

すると、切られたところから小根が生えてくるので、小さく掘り起こしても、盛んに活動している根が残るため、枯れにくくなります。

昔やまどりが盛んな頃、多くの素材が枯れてしまったのは、こうした小根ない状態のまま掘り下げてきたためというのが、一番の理由だと思います。

畑の樹は、植えたらそれで終わりなんて事ありません。

畑上げのその日まで、しっかりと手を加え続けなくては、けっして思ったような素材はえられないのです。

というわけで、この斜面の樹も、根回しをしっかりとしていたおかげで、幹の近くに小根が発達していたので、今回の畑上げに至ったというわけです。

ちなみにこの斜面は、実生35年以上の大物素材でして、一人で作業できるような代物ではありませんでした。

僕と、親父とお袋とおじさん(チーム60代)。

四人で仕事をすることになりました。

ちなみに前日は僕ともう一人会員さんとで、畑上げをしたのですが、

親父やお袋は、さすがベテランで、畑上げの段取りが良く、体力以上に仕事が速いので、とてもはかどります。

今日も昨日も、僕が一番の役立たず。

010 作業はまず、

コンテナにあわせて樹を掘り起こします。

そのままそっくりコンテナに植えて、畑から持って行きます。

こうしとけば、あわてて植え替えしなくてもいいし、植えかえしたものと違い、冬に外に置いておいても、根が傷むことが無いのです。

大体丸2年くらいはこのままにしても、小根が傷むことはありません。

ちなみに、畑の土は、さすが産地だけあって、五葉松に適した土で、必ずしもこの方法が、全国どこにでも当てはまるものではありません。

012 かなりの急斜面なので、紐をコンテナに通して、引きずって山から下ろしました。

地面の土や草がいい摩擦になって、一気にずり落ちることが無いので、思ったより楽。

けれど、もう一度上がるのがしんどかった。

足元に見える紐を手繰って、ゆっくりと上がりました。

013 こうやってみると全部一緒に見えますが、一本一本、葉性も幹骨も違います。

どうやって作ったらいいか、これからじっくり検討したいと思います。

この冬は、忙しくなりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぼんさいや「あべ」的、ふゆの始まり。

盆久楽会のですね、講習会が始まりました。

四月の植替え講習まで、合計7回の講習会。

これが始まると、いよいよ冬の始まりです。

ちょうど吾妻山も白く染まり、午後からは里でも時雨ていました。

寒かった。

001 朝9時から近くの集会所を借りて、講習会は始まります。

003 バサバサの新木もバチバチ枝を抜いていきます。

会員さんも自分の盆栽が、どうなることか期待と不安のまなざしです。

親父が時折冗談を言って、場を和ませます。

007 枝抜きが終わると、会員さんたちはそれぞれ針金かけを行います。

大人たちが20人近く集まっても、作業中は無言。

みんな真剣なんです。

010_2 針金かけを終えて、それぞれ振り付けまですると、最後に親父が振りをチェックして、その日の講習は終了です。

去年も、この時期に同じような日記を書いたのですが、この日記を書くと冬が来たと、自分自身も実感できるわけです。

冬の間は、ひたすら針金かけによる盆栽の整形仕事です。

冬の頑張りが、そのあと春からの半年に大きな違いが現れます。

針金仕事をみたいなら、是非ぼんさいや「あべ」に遊びにきてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末とうきょう②・・・てか、にっこう。

その夜は、仲間の結婚式だったのですが、同郷の後輩といっしょに、これまた同郷の新婦のリクエストで、麦畑歌ってきました。

そのままじゃ、リクエストしてくれた後輩にたいして失礼と思い、はっぴを作って、お面かぶって歌いました。

うけたかどうかは?でしたが、まぁ、気持ちは伝わったみたいで、喜んでくれました。

Img_0658 ひょっとこの面は、三春のデコ屋敷生まれ。

この下にも、もう1つひょっとこの面をかぶってるんです。

とまぁ、幸せな時間を共有させてもらい、とても楽しい結婚式でした。

お幸せに!!

で・・・。

次の日は、嫁さんと日光東照宮へ。

日本人なら一度くらいはいってみたいというわけで、結婚してから初めてのふたり旅。

天気も良く、いざ日光へ。

016 やはり歴史のある場所には、ふるい樹がありますねぇ。

あれだけ沢山の観光客がいても、樹の写真を撮っているのは僕だけでした。

017 この二本は、となりどうしに立っているのですが、同じ杉なのに、性の違いで、まるで雰囲気の違う姿をしていました。

013 これは上手く撮れなかった。

コウヤマキなんですが、枝垂れた枝がなんとも風情があってたまりませんでした。

028_2 このマキも、芯が折れて、枝が立ち上がって、新しい芯になっています。

こういった一枝作りの盆栽は、我が家の棚にも結構あります。

274 参考ですが、これは二年前の写真ですが、

芯が枯れて、枝を起こしてきて作った盆栽です。

Img_0716 これは二荒山神社のコウヤマキ。

何度も芯が枯れて、新たに立ち上がってはの繰り返しで出来た樹姿のようです。

人生は七転び八起き。

ただし、死んだらおしめーよ。

039 これは面白いですよ。

杉の幹が、コナラの幹を飲み込んで、

過ぎの幹の途中から、コナラの幹が伸びています。

これが共生というのなら、

共に生きるというのは、必ずしも他人には、美しく見えるとは限らないようです、

040 ぐろいよねー。

カタツムリの殻から出てる部分との境界線みたい。

020 コケも綺麗でした。

これはスナゴケ。

灯篭の上で持ち込まれているから、

目が細かい。

032 石垣に張り付いたコケも、きれいでした。

ツンドラの大地を、飛行機から眺めているよう。

023 松の彫刻。

どうよ!

ちゃんと一枝一枝みせて作っているじゃないの。

それにしても、派手ですなー。

というわけで、何しにいったんだ東照宮ですが、

盆栽をはじめると、世界遺産の新しい世界が見えてくる。

てなことで、みんな盆栽はじめまそー。

と、今回の関東旅行は、未来と過去を一気に走り抜けた、贅沢な旅になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末とうきょう①

学生時代の友人が結婚するってんで、東京お台場まで、車で行ってきました。

夜からの挙式だったんで、昼間に一度いって見たかった、科学未来館にいってきました。

なぜ行きたかったかと言うと、メガスターをみたかったから。

詳しくはここhttp://www.megastar.jp/

感想。

きれーだったー。

田舎もんの僕が思うにですね、実際田舎で見る星は本当に綺麗なんです。

福島で子供のときに朝まで寝そべってみたしし座流星群。

北海道を自転車で旅行した時に見た、中標津の開陽台からの星空。

http://www.nakashibetsu.jp/nakashibetsu.nsf/doc/si_20

大学の時、トン汁を鍋一杯作って仲間たちと見たしし座流星群。

どれも最高に綺麗な、自然の姿だった。

けれどメガスターは、それに負けないくらいの綺麗さだった。

僕たちの知らない星空を見せてくれるメガスターは、

誰もたどり着かなかった、着けなかった場所に咲く、見たことも無い花を始めてみんなに教えてくれる冒険者のような、

あるいは、僕がその冒険者になったような、そんな感動がありました。

そして、運がいいことに当日、イベントで大平さん本人が未来館で講演を行っており、メガスターを作った本人のお話を聞けるという、なんともラッキーな出来事がありました。

話の内容は、本人の好きを突き詰めた考え方に、とても感激しました。

興味しんしんのギガスターの話がご本人のブログに掲載されています

http://www.megastar.jp/msnt/mega_star/megastatus/megastatus.html

11月7日と、3月24日の日記にて。

Img_0608 ここにきて、こんなくだらない写真を撮った人は、数知れず。

僕もその中のひとりでした。

ちなみに、宇宙が始まった頃には、もう全ての元のニュートリノは、存在していたそうです。

たとえば、そのニュートリノがそこにあった理由があるのでしょうか?

どのようにしてあったかは仮に解明されても、

なぜあったかは、誰が答えてくれるのでしょうか?

千の風はいつごろふいたんでしょうね。

旅の話はつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色々あったーよ、週末。

まず、金曜日。

蔵王温泉の旅館の女将さんたちが、我が家をたずねてくださいました。

事前にいらっしゃることがわかっていたので、お座敷に盆栽をかざったりして、お迎えしました。

盆栽や庭もそうでしたが、お茶請けの梅の酢漬けにとても感動してらっしゃいました。

こちらも、感激している姿をみて、とてもうれしくなりました。

また、是非いらしてください。

001 そのとき飾った紅葉の寄せ植えです。

半日陰においていたので、紅葉が半月ほど遅れました。

こういった淡い紅葉も、おしゃれなものです。

そして次の日。

朝から濃いー霧が立ち込めました。

004 茶の間の縁側からみた庭です。

霧のおかげで、手前の盆栽が浮き出て目立っていました。

霧はいいですね。色気がある。

そして、今日はこども未来フェスタの中のFSFに参加してきました。

008

苔玉はちっとも売れなかったけど、

それはそれで、色々と課題もみつかりました。

来年は、体験重視の子供狙いで攻めたいと思います。

空カフェさんに持って行くようなままでは、中々難しいみたいで、

場所が変わると、これだけ反応が違うというのも、勉強です。009

実生で7年目です。

もともと太りやすい性質の苗だったので、7年でここまで太くなりました。

013 苔玉3兄弟です。

小さな苔玉は、こうして並べたり、単体では存在感が薄くても、組み合わせて飾ると、かわいいものです。

023  恒例の、中吉さんのライブです。

今回はCDを買って、聴きまくったので、歌にしっかりついていけました。

僕は中吉さんの、真剣で一生懸命な姿勢をとても尊敬します。

このFSFが長く続いているのは、中吉さんのそういった気持ちが、人に伝わっているからなんだろうなと、

勝手に解釈してます。

最後は、みんなで中吉さんの歌を合唱しました。

今回のFSFについては、僕自身、十分反省点があるし、FSFへの僕なりの思うところもあります。

やはり繰り返し参加することは大事だなと、つくづく感じました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さむいー。

寒波で雪が降りました。

さむかったー。

002 ようやく里の紅葉が始まったばかりなのに、もう雪ですか。

吾妻小富士にすら雪が降らないのに、いきなり麓近くまで降るなんて、めずらしーです。

しかも明日以降は暖かい日が続くそうで、

全く天気は気まぐれです。006_2

今日は寒いんでFSFの準備をしていました。

この五葉松は、実生6年生の時に針金で、初めて幹にクセをつけて、

その年の秋に針金を外し、横に倒して根上がり風に植え付け、

その次の春に荒作りをして、秋に針金を外し、細い針金をかけて、

小さな鉢に植え替えて(それまでは大きめな鉢に植えていました)

実生から7年になります。

ここまでが大まかな姿を出す仕事で、ここから毎年芽摘みと、剪定を繰り返しながら、枝を充実させていくことになります。

小さくて弱い芽は急いで針金をかけると傷めてしまうので、芽がしっかり伸びてくるまで我慢します。

というわけで、気になるのは実生3年号の話。

まだ完成までは時間が掛かりそうですが、年内をめどに仕事してます。

おおまかな輪郭はできていますから、みなさん、ぜひ楽しみに待っていてくださいね。

今回の3年号は、一番技術面を煮詰めたものになるので、しっかりと仕上げる予定です。

がんばるどー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »