« 蓮ぅ。 | トップページ | あしたは飯館で「までい」なお祭りデイ! »

命日でした。

今日は、初代の倉吉爺さんの命日でした。

家族でお墓参りにいってきました。

なくなって18年経ちました。

今でも亡くなった日の事は鮮明に憶えています。

あの日も大変暑い日でした。川遊びから帰って来ると、もう花輪が並んでいました。

そして、それから18年、毎年のようにお線香を上げに来ていただいているお客さんたちがいらっしゃします。

きっと爺さんもあっちで喜んでいることでしょう。

ありがとうございます。

爺さんの資料です↓ぜひご覧下さい。

http://www.adica.co.jp/bonsai/bonsakisekai1986_12.pdf

http://www.adica.co.jp/bonsai/syouhakubonsainobi.pdf 

|

« 蓮ぅ。 | トップページ | あしたは飯館で「までい」なお祭りデイ! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おじい様の命日。
おじい様は、ちどりさん達の事を今も見守っているのでしょうね。
受け継がれている盆栽と共に☆

ちなみに、偶然ですが、
私の次兄の命日も今から18年前(’92年の6月27日)です。

私も、その日の事を覚えていますが、長いような早いような、時の流れを感じます☆^^

投稿: 広茂 | 2010年7月30日 (金) 10時45分

今日地元の新聞で、養老たけしさんが、「本当の死は二人称の死だけ」とおっしゃっていました。

自分が死んでも死はわからない。
世界のどこかで誰かが死んでもわからない。

親しい人が亡くなったときだけが、大変なのだそうで。

確かに親しい人の死が自分に与える影響は、決して小さくないなと、思います。

祖父に限らず、地元の友人や、同級生が亡くなった時は、しばらくその人がいなくなったことを受け入れるまで時間がかかりました。

どうして彼らが、死ななくちゃいけないのかわかりませんでした。

死を乗り越えるとは、人生の一大事なのかもしれませんね。

投稿: ちどり | 2010年7月30日 (金) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/35907934

この記事へのトラックバック一覧です: 命日でした。:

« 蓮ぅ。 | トップページ | あしたは飯館で「までい」なお祭りデイ! »