« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

いいたてで、までいな結婚式

昨日29日、飯舘村の菅野牧園の菅野さんの結婚式にいってきました。

ちなみに、この結婚式は飯舘村役場の横に今年の春に建てられて「までいな家」で行われました。

新郎新婦の考えによる、環境に優しい手作りの結婚式で、裏方さんは、みんな友人や地域の人たち、出される料理も殆どが村内産という、村の未来を担う菅野さん夫妻らしいものでした。

僕はというと、会場のディスプレイにと、盆栽と苔玉を。

それと、なぜか司会を任されてしまいました。「なんかできそうだから」という理由で。

僕は自分の結婚式のとき、「司会進行で結婚式の良し悪しが決まる。だから絶対プロにまかせたい。」と、こだわっていたのに、

まさか自分がその結婚式の司会をやるだなんて、罰が当たったとしか思えませんでした。

けれど、どういったご縁かそんな話をいただけるなんて、人生でそう何度も無いなと思い、おもしろそうだからと、軽い気持ちで引き受けてしまいました。

しかも、最初はお食事だけの会だと思っていましたし・・・。

ところが、進行表を頂いたらビックリ。そこには結婚式スタンダードな台本が!

いや、焦りましたね。「やっちゃった」って思いもしましたね。

というわけで、結婚式当日の朝になりました

020

ここがまでいな家の正面です。

021

正面玄関には、根上がりの松。じいちゃんは「値上がりだから、縁起がいい」と言っていました。

024

各テーブルには苔玉をディスプレイ。

032

お礼のメッセージカードを河原で拾ってきた石に立てて脇に添えました。

029

床の間には涼しげなヤマモミジの寄せ植え。

030これはワイルドオーツ。牛やさんということで、外国の牧草も面白いと思いまして。この姿も心が安らぎます。

031 雪見障子みたいなところには、味噌ダルの木枠に寄せた寄せ植えを飾りました。

というわけで、飾りは準備OK.次は大事な本番です。

039 オープニングご挨拶です。

この前に皆さんから祝福のハーブシャワーもございました。

つうか司会やりなが写真とってるアホです。だってさ、僕だって素敵な結婚式の記録、欲しかったんだもの。

043 料理は那須から駆けつけた料理人の玉野さんのいいだて野菜フルコースです。

料理の準備も、友人一同でお手伝いしていました。

044

当日は飯館らしくない暑さ。までいな家の気温計34℃を計測していました。

045

披露宴中は、新婦のご友人の那須在住のアーティストさん「助川久美子』さんに、BGMを担当していただきました。

また、お二人に向けてオリジナルの歌を披露してくださいました。

暖かい歌でした。なかなかこんなプレゼントないですよね。

046までいな家の鈴木さんと太鼓(ジェンベ)とギターのセッション。かっこよかったぁ。

049記念植樹です。植えディング植樹です 。プラムだそうです。食べられる庭がコンセプトだそうで、たわわに実ったらみんなでおいしく頂く予定です。

050ケーキです。こちらも村内在住のパティシエさんで若い女性の方が手作りした一品です。おいしかったです。

ちなみに、今回用意された食事は、ほぼ菅野牧園さんの飯舘牛と物々交換で準備したものです。

僕のディスプレイも物々交換です。

しかし面白いこと考えましたよね。なんだかモンゴルの遊牧民にでもなった気分でした。

051こちらは新婦のお父さんによります、ギターソロ。

この道」をギターで弾かれました。

ぼくはこの曲がかなりお気に入りで、なんだか田舎ぽくて、懐かしくて、涙が出る歌です。

この演奏の間、泣きそうになりました。

というわけで、このあとは新婦から両親への手紙、花束贈呈、最後のご挨拶と続き、感動のグランドフィナーレとなりました。

菅野さんの親父さんに最後「ありがとう」と握手を求められ、胸が熱くなり、そしてほっとしました。

下手くそなりに重役を勤めさせていただき、お二人の最高の舞台を演出できたことに、感謝の言葉で一杯です。

そして、おふたりのご友人がみなさん暖かい人ばかりで、ふたりの素敵な人柄をより知ることが出来ました。

菅野さんとは知り合って1年足らずで、正直場違いじゃないかと自問自答していましたが、友人のみなさんも、一緒に式を作りながら、まるで初めて顔を合わせたとは思えないようなチームワークを発揮していました。

それをみて、僕もおこがましくもみんさんの輪に飛び込んでいってしまいました。

これも二人の人間が、そういった仲間を呼び寄せるんだろうなと思いました。

盆栽のディスプレイもそうですが、司会も引き受けてよかった。

これが一番率直な感想です。

すごく貴重な体験でした。菅野さんご夫妻、ありがとうございました!

ちなみにですが、ぼんさいや「あべ」はアフターケアもしっかりしてまして(たんなるおせっかい)、田舎で一番役に立つコミュニケーションは、漬物を上手に漬けられる、です。

あのおいしい梅漬けも、きっと奥さんの強みとなるでしょう。

どうぞ、おヒマなときは、福島のぼんさいや「あべ」にふらりとお出でくださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

これは危ないでしょう。

フランスのモンブランで山岳ガイドをしているルイスさん。

5月に福島を訪れて共に楽しい時間を過ごしました。

その彼とは、その後もメールでやりとりしているのですが、このたび堀内さんにアップしていただいたグーテンの動画をみてもらいたくて、連絡をとりました。

そのときに、TVで芸人のイモトがモンブランに登っているのを見て、ルイスも気をつけてねって言ったんです。

そんで、返信をいただいたのですが、「先週、おきゃくさんと登った山と同じ山の動画です」って送られてきたのが次のリンク先に↓

http://www.tvmountain.com/index.php?option=com_hwdvideoshare&task=viewvideo&Itemid=117&video_id=1688

最後のテッペンは、もはやマンガの世界ですね。すごい怖いけど、すごい綺麗。

おきゃくさんが「あの山登りたい」っていうと、どこでも案内するらしいです。

すごいお仕事ですねぇ。

遠く日本から、ルイスの健康をお祈りしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はい!上にチュウモーク!!

アディカの堀内さんに、感謝します。

今回のグーテンさんの生放送の様子が、動画で見れるようになりました。

それに伴い、僕のブログのタイトルの部分が大分スッキリしました。

タイトルの下の、詳しい情報はこちらという青い文字をクリックすると、ぼんさいや阿部の資料が一目で見渡せるようになりました。

これで、見たいときに見たい情報をすぐ見れるわけです。

空間有美まみれな、至福な時間。

そのまま体も福島に至ってください。

とうわけで、動画よろしくお願いします。

そして、アディカの堀内さん、今回も本当にお世話になりました。

ありがとうございました!

盆栽の世界&静かなブーム苔玉の世界1

http://www.youtube.com/watch?v=uTg6KuPoQfg

盆栽の世界&静かなブーム苔玉の世界2

http://www.youtube.com/watch?v=v1PD32vxVrE

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見てくださった方、ありがとうございました。

グーテン、生放送、勉強になりました。

どうにかこうにか、乗り切ることが出来ました。

僕らは、植物の成長に合わせて仕事をしているので、スタッフの皆さんの、あの秒単位の進行、段取り力には頭がさがりました。

毎日こんなことしてるんだから、すごいよなぁ、と本当に感心してしまいました。

僕は、グーテン号に乗って、ただお喋りをさせて頂いただけです。

その後の皆さんからの電話やメールを沢山頂き、大変感激しました。

放送終了後に、郡山から遊びにいらっしゃた方もいて、すごくうれしかったですし、改めてテレビのもつ情報発信力の大きさを実感しました。

放送にあわせて、9月11日に苔玉のワークショップの参加者を募集しましたところ、放送中にもかかわらず、電話でご予約していただいた方もいらっしゃいました。

また、この放送をキッカケに、盆栽や苔玉に興味を持ってくれる人が増えて、たくさんの人の心がそれに癒されるよう、まだまだ努力していきたいと、気が引き締まりました。

この度は、TUFの深谷さん、渡邊ぶんかさん始め多くのスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

そして、今回放送を見てくださった皆さん、応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日、グーテンで、生放送で。

明日、TUFのお昼の情報番組、グーテンで我が家の庭を紹介していただきます。

以前も日記に書きましたが、念押しです。ぜひぜひご覧頂きたいのです。

ちなみにエスコート役は、僕です。

きったねぇ顔して映りますが、そこじゃなくて、是非庭の盆栽や苔玉に視線を集中してください。

しゃべりも緊張しまくりで、壊れかけのレディオみたいになってると思いますが、そこじゃなくて、盆栽をみてください。

とはいうものの、放送を通して、盆栽の面白さが少しでも伝わればいいなとおもっています。

番組の後半でも、苔玉を作りますので(時間の都合上、3分クッキング方式になるかとおもわれます)ぜひ、最後までご覧ください。

それと、苔玉のワークショップを重ねて行うことになりました。

ワークショップの情報は、番組の最後あたりで紹介していただきますので、興味をお持ちの方は、ぜひワークショップにも参加していただきたいなと思います。

それでは、よろしくお願いします。

あ、右の耳が赤くなっているのは、蜂に刺されたためですが、そんなことより、盆栽に視線を集中してください。・・・・うざっ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

また蜂に刺された・・・。(五葉松の種情報もあるよ!)

今日、畑でまた蜂に刺されました。

ひと月のうちに3回。別な日にとはなんという、おバカなんでしょう。

今日も以前、蜂に刺された近くの山の畑で作業していました。

前回のことがあったので、一本一本樹を観察しながら勧めていたのですが、一本の木の枝をゆすった瞬間、耳に激痛が。

もはや説明要らず。また家に吹っ飛んでいって、しばし休憩。

慣れって怖いですね。ショック症状もないので、先ほどよりも防備して再び山へ。

何故っていうと、今日は畑の五葉松の種を採取していました。

五葉松の種は、カサがひらく直前に採取するので、今の時期を逃すとカサがひらいてしまい種がこぼれてしまいます。

そうすると、もう鳥のえさです。下を探しても殆ど種はありません。

刺されてへこんでも、仕事の適期は逃せません。

ついでに危なくて種取もできないので、蜂の駆除のために殺虫剤(ジェット噴射の)を携えて、親父と行くことになったのです。

すると刺された場所の周りをいくら探しても、巣は見つかりません。一体どうしてといった感じでしたが、以前刺された場所のほうを(随分と離れています)見てみると、さらに成長した蜂の巣が・・・。

親父のジェット噴射攻撃(その後無差別に殺虫剤を振りまきながら、65歳の猛ダッシュ。)

危機感の薄い親子です。(これは決してまねしないで下さい)

蜂がいなくなったところで、巣を取り除きました。

どうやら今回は、気の立っていた蜂が、たまたま僕のゆすった樹にいて、刺した。

要するに「むしゃくしゃしていた。誰でもよかった。」といった具合に、僕を刺したとしか考えられないということです。(もちろん行動学的には理由があるはずですが。)

それか、僕の顔を覚えていて、狙い撃ちしてきたか。

しかしながら、そのあとの種の採取は、今までで一番緊張しました。

こんな緊迫感で、松の実を採っているのは、今日一日で僕くらいじゃなかろうか?

その後順調に種の採取も進み、なんとか作業は終了しました。

そのあと犬の散歩をして、夕方に皮膚科に行きました。

前回は次の日に結構腫れたので、耳だからと、刺されすぎで一応皮膚科にいってみました。

皮膚科の先生の蜂に対するお話はまとめると、

1、刺された回数と症状の悪化は必ずしも比例しないそうです。

2、何回も刺されて平気な人でも、次の一回でショック症状が出ることもあるそうです。

3、刺されたら安静にして、決して一人きりでいないこと。

4、刺されてすぐにショック症状が出たら、すぐに救急車をよぶこと。

ということです。

スズメバチは毒性が強いので、あくまでアシナガバチクラスの対処方です。

スズメバチは、とにかくすぐに病院か救急車です。

先生の見解としては、刺されたらその都度、しっかり皮膚科を受診すべきだそうです。

何回も刺されて平気な人ほど過信するから、危ないということでした。

先生に「蜂に刺されることが多いお仕事なの?」と聞かれ、「あ、はい」と答えました。

個人情報を守秘する医院なのですが、先生もやたら刺されているので気になったみたいです。

答えたあとで、「蜂に刺されやすい職業と盆栽やは、イコールじゃないよなぁ。」と思いました。

正確には「すぐに蜂に刺されるような、おっちょこちょいな人間なんです」が答えかと思います。

ともかく大事にいたらず幸運でした。

今回の経験は、誰かが蜂に刺された時も役に立ちそうです。

身をもって知るとは、まさにこのことですね。

Photo 今年の種です。畑の種は、葉性の非常にいいものからのみ、厳選して採取しています。

るねさんすの種も、この中の種が含まれています。

もちろん吾妻山で採取する場合も、葉性のいいものを厳選しています。

けれど、今年も吾妻山での採取は行われない予定です。登山の時に、山は殆ど種がなっていませんでしたが・・・。

↓去年の採取の様子。

http://philosophy-of-bonsai.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-2ede.html

今年の里での採取量は、ここ数年で最少です。

来年の種も非常に少ない様子です。(五葉松の種は、成熟に2年かかるので、来年の松ぼっくりが小さくくっついています。)

無駄にしないよう、しっかりと来年の種蒔きまで保管していきたいとおもいます。

http://philosophy-of-bonsai.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-a581.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生放送の話。

8月20日金曜日、午前9時55分から放送のTUFの情報番組、グーテンで我が家の庭が生放送で取材していただけることになりました。

当日は、アナウンサーさんと一緒に、盆栽や苔玉のお話を僕の庭で実際に盆栽を見ながら紹介するようになります。

福島に住んでいらっしゃる方は、ぜひ生放送か録画で、見てください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自業自得と仕返しの話。

この夏、住んでいる借家の物置にハチが巣を作り始めていたので、巣作りの様子を観察したくなり、徐々に大きくなる巣の綺麗な姿を楽しみに観察していました。

先日、にわか雨の日に、普段お昼は働いているハチたちがみんな巣で休んでいて、20から30匹ほどはいたでしょうか。

これは誰か刺されるとやばいと思って駆除しようと長い棒で叩き落としたのですが、瞬間一匹だけ飛んできて、胸を刺されました。

よくよく考えて見れば、ジェット式の殺虫剤で一網打尽だったのですが、休んでいるから平気と高をくくっていたのが仇となりました。

落とす瞬間、休めていた羽を急に羽ばたかせ臨戦態勢。

思えばその時には僕はロックオンされていたのでしょう。

まさに僕の身勝手な自然観察が引き起こした出来事で、ハチに悪いことをしてしまいました。

そして、今日の話ですが、最近夕方になると近くの山にある松畑に草刈に行ってるのですが、今日は藪と松の境をギャンギャン刈っていて、ふと気がつくと右肩に激痛が・・・。

またもやハチに刺されたと直感して、夕方だったのですが、ふと周りを見渡すとハチの群れに囲まれていました。

即、草刈機のエンジンを止めてもうダッシュで逃げてきました。

ハチに刺されるの今まで数度ありますが、さすがに刺されたハチの種類も把握できなかったので(おそらくアシナガの類)、ショック症状が出たらやばいと思いすぐに家に帰りました。

すると、お袋が「ハチに刺された時はニラがいいんだ!!」といって、偶然あったニラを刺されたところにすり潰してぬってくれました。

正直、半信半疑ですが・・。

その後、おとぎり草の焼酎漬けを塗りました。

昔の人の知恵といいますか、今のご時勢にかなりワイルドな応急手当。

しかし、心配してしてくれたことですから、感謝の気持ちは忘れません。

幸い刺されたところも痛みはあっても、大きく腫れず、大事にはいたらなそうです。

刺されて家に帰るとお袋が、「お父さんも○○さん(草刈を手伝ってくれる方)も、北側の斜面でハチに刺されたっていってた。あそこは巣がよくあるから、気をつけろって。」

「それ先に言ってよー。」っていったら、「そこやってるなんて知らねーもの。」

はい、確かに仰る通りでございます。

今日中に一区切りつけようよ思っていた仕事だったのですが、半端で終わってしまいました。

自然を相手にすると、思わぬところでしっぺ返しがくるものです。

というより単なる偶然といえば偶然ですが(一週間で二回もハチに刺されたことが)。

僕はおかげさまでショック症状が出ませんでしたが、次に刺された時はわからないそうです。

自然の中では常に危険な状況をイメージしていないと、思わぬところで足をすくわれるということですかね。

最近の山や川での事故は、そういった自然を甘く見た故の事故が多いみたいですね。

責任問題といえば、自然の中にあって全ては自分に責任があるということですね。

ハチは怖いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月6日は、盆栽世界9月号発売日です。

というわけで、前回日記に書きましたとおり、明日8月6日、盆栽雑誌の「盆栽世界」さんの9月号が発売いたします。

吾妻山の五葉松、自然樹形が特集されています。

しかも、うれしいことに前編です。

編集の段階で、内容が濃かったために、前、後編に分かれたそうです。

僕は一足先に読ませていただきましたが、意外な展開になっています。

僕のレポートはあくまで紙面で全編ご紹介していただいた後にブログに載せる予定ですが、

正直いいますと、やはりプロの編集とカメラには敵いませんね。

吾妻山の五葉松先生をご紹介くださり、非常にうれしい思いです。

ありがとうございます。

今号ならびに次号は、吾妻五葉松の自然形態を記録した貴重な資料となると思います。

ぜひ五葉松が好きでたまらない、夜も布団に入ると五葉松のことばかり考えて眠れない、そんな五葉松ラブな愛盆家さんは、購入必死です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいたて、いい祭り。

飯舘のお祭り、よかったです。

011

並べられた鉄板は、いいだて牛のバーベキュー大盤振る舞い用です。

このお祭りのメインですね。

沢山のお客さんが、おいしいお肉を焼き焼きしていました。

010 ぼんさいやの前には、BBQという光景。

店番中もいい香りが。よだれたらしまくりでした。

016地元のフラダンスくらぶ。

フラの踊りに曲は「きよしのズンドコ節」。

このあたりがワイルドでいい。

018「までいな家」オールスターズ。

のんびりした歌に、太鼓のリズムが心地よかった。

真ん中は、菅野牧園の菅野さんです。F座Rの馬場邸でローストビーフうってました。

菅野さん、タイあたりの漁師なみに焼けてます。

019 ステージのメインは「ロバの音楽座」です。

http://www.roba-house.com/index.html

この方たちのパフォーマンスは、すごく素敵でした。

020 身近な自然や、ものから音を見つけてきて、そのままメロディーにしてしまいます。

自然の中から、感動のエッセンスを発見して、ひとつの表現にしてしまう。

何処かなつかしくて、そして僕たち大人が忘れてしまった自然を思い出させてくれる、素敵なステージでした。

そして、ロバの音楽座さん皆さんの、その立ち姿がとても美しくて、見ている僕が緊張しないのです。

僕は音楽の上手い下手はわかりません。ただ、僕はステージの表現者を見るとき、あくまで僕のものさしですが、その人の立ち姿の美しさが、ステージにひきつけられる基準になっています。

見ている人が疲れない表現こそ、盆栽に必要な要素であるし、それは僕が何か求めている要素でもあります。

ロバの音楽座さんの楽器を鳴らす仕草が、とても柔らかくて、そして立ち姿にワクワクしてしまいました。

「これはすごいものみたな。」と一人で興奮していました。

心の中のワクワクの石みたいなものが、熱を帯びてドックンドックンと鼓動する感じです。

このステージは、もっともっと沢山の人に見てもらいたいなと、熱い気持ちになりました。

ぜひ、動画で他のリンクも見てください!

と、いうわけで祭りはとても雰囲気のいい、飯舘村らしい優しいお祭りでした。

僕はというと、お客さんに「ブログをみて、応援してます。」といわれたり、

買っていただいたお客さんがお祭りの間、苔玉を手に持って眺めてくださってたり、

「銀座に探しに行ったけど、こういうのなかったわ」なんていわれたりと、

とても贅沢なご縁に、うれしさ飯舘牛でした。

今回は、誘っていただいた菅野牧園の菅野さん、までいな家のみなさん、飯舘村のみなさん、本当にありがとうございました。

また改めて飯舘が好きになったぼんさいやでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »