« 作風を語る | トップページ | 中央学習センターで盆栽講座! »

豆まき25年

我が家にとっては恒例行事なのですが、毎年2月3日は福島の稲荷神社の豆まきにまめ拾いに行っています。

それというのも、素敵なご縁のおかげさまで、うちの親父が厄年からずっと声をかけていただいて、毎年豆をまいているからで、

親父のまいた豆を拾いに家族で欠かさず通い続けてきました。

ある年は、イタリア盆栽芸術学校の生徒さんたちと一緒にまめ拾いに行き、神社さんのご好意で、学校の校長先生と通訳の方も裃を着て、豆まきに参加させていただいたこともありました。

そんなこんなで、数えてみると25年経っていたそうで、

確かに僕が物心ついたときには通っていたなーと。

その間2度親父がまかなかった年があり、

一度目は腰を手術して入院中で、そのときは兄貴が、

もう一度目は去年風邪を引いて代わりに僕が参加しました。

どんなことでも続けていると、それが家族の歴史になり文化になるんだなーと感心してしまいました。

来年は、僕にバトンタッチすると言っていますが、果たしてどうなることでしょうか。

今年は、不況のせいとかで、豆をまく人もだいぶ少なかったそうです。

いずれにしても、稲荷神社の豆まきに声をかけていただける限り、そのご縁に感謝して参加し続けたいなと思っています。

030

豆をまいてる親父。

033

記念の写真、父母と姉夫婦。

|

« 作風を語る | トップページ | 中央学習センターで盆栽講座! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/38725638

この記事へのトラックバック一覧です: 豆まき25年:

« 作風を語る | トップページ | 中央学習センターで盆栽講座! »