« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

やはりそうか。

先日、近くの山野草の卸屋さんが、関東地方に吾妻五葉松を持っていったら、

「福島産の苗木はいらない」

といって返されたそうです。

口に入れるものではないから、どこかで安心している反面、可能性はあると思っていましたが、やはり現実のものとなってしまい、正直寂しい気持ちです。

我が家も、苗木を買っていただいている方がいるので、人事ではないなと思いました。

買う人の立場になれば、仕方がない事なのかもしれません。

けれど、応援してくれる方がいるのも事実。

今はただ、事態の収束を願い、ひたすらに祈り、痛みに耐えて待つことですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今か、今か。

庭の盆栽たちも、膨らんだ芽を見ると、春が待ち遠しくてたまらないといった感じです。

058何にも生えていないように見える苔玉たちも、あと数週間もすると苔の中から植物の芽が伸びだし、いっせいに春の到来を告げてくれます。

053春の花、ミツマタです。

春一番の打ち上げ花火です。

054 長寿梅もちらほらと花をつけ始めました。

盆栽の仕事もいよいよ植替えのシーズンが到来しました。

今は鉢モノではなく、畑の素材の植替えが中心です。

我が家の畑の植替えは、大物から実生苗も含めて例年今頃から5月中ごろまで続きます。

今日は、震災後初めて畑で1日汗を流しました。

大物素材の植替え(根回し)です。

走った根っこを切って、元に小根を作る植替えで、足元に小根がないと鉢あげしたときに枯れてしまいます。

実生の畑仕立てにとって大事な作業です。

ところで、今日は屋内退避圏内ギリギリに住んでいる会員さんが畑仕事を手伝いに来てくれたのですが、「福島の空気は思い切り吸えるねぇ。」といっていました。

普段外仕事なので、さすがにマスクして仕事してるらしいのですが、今日はマスクいらないよと言っていました。

福島市内でも、パニックになっている人はいるし、それ以上に県外の人はもっとパニックになっています。

けれど、お客さんの話を聞いて、僕もことさら冷静になってしまいました。

原発地域の人や津波に飲まれた人の家族は、住む場所を失ってしまい、帰りたくても帰れない人たちです。

それでも退避圏内にとどまったり、帰宅する人たちがあとを絶たないのは当然のことだと思います。

何度も言いますが、時間とは生活です。生活とは命です。

生活の根がそこにある以上、その環境がどうかわってしまっても、そこでどうやって生きるかを考えるのが、そこで生きる人たちの気持ちだからです。

ましてや、僕らのように土地に生かされ、土地に生きてる土着民は、その思いは殊更だとおもいます。

確かにたかが観念といえばそれまでですが、僕らはここじゃなければ生きている意味がないってことなんです。

大げさな話ではなくて、当たり前の話です。

もう僕は「原発怖い」は過ぎました。確かに怖いけれど、今は放射能と「上手に付き合っていく」ことを考えています。

放射能が怖いからといって、畑仕事も水遣りもしないのなら、本末転倒です。

生活の根が生きている以上、それを守るのがその土地に生きる人の使命です。

生き物相手の仕事は、待ったなしです。

相手があって僕らがある以上、続けることが今自分に出来ることです。

松畑の横で、梨の剪定をしている農家さんがいました。もちろん知っている人ですが。

風評で売れるとか売れないとか問題になってますが、生き物を相手にする以上、やはり最低限のことはしないといけないわけで、

その方の、自分の仕事に対するプライド、愛情みたいなものを自然に感じることが出来、うれしくなりました。

どんな情報も、それを信じるか信じないかは己自身です。

自分を信じることの出来ない人には、どんな情報も無意味でしょう。

僕らはあずまおろしが、守ってくれている。そう信じています。

当然です。

ここが僕のふるさとだからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんな頑張ってるじゃないか!

先日、飯舘村の盆久楽会員さんが、突然我が家を訪れました。

「ガソリンがやっと入ったから、先生に元気な顔を見せにきました。」

というのです。

本来なら今全国版のテレビでも報道されてるような場所なのに、僕らが応援しなければ行けない立場なのに・・・。

「電話何度ももらったから、心配かけてるとおもって。こっちもずっと村にいたから気晴らしになりましたよ。」

車の燃料もギリギリなのに、貴重なその燃料で足を運んでくださるなんて、言葉になりませんでした。

そして昨日、今度は仙台からお客さんがいらっしゃいました。

栞と真子に飲料水が手に入ったからと、朝からガソリンを並んでいれて、福島まで運んでくださったのです。

飲料水も、仙台の町を探し回ったとのことです。

本人たちもまだまだ大変なはずなのに、僕らの子供のことを本気で心配してくださるお気持ちに、とても感激しました。

そして、神奈川の親方からは奥さんが心配して、ミルクとオムツを送っていただきました。

関東でも物資が手に入らない状況で、わざわざ娘にあったミルクとオムツを探してあるいてくれたそうです。

東京の仲間も、いざというときにと電池とカイロを送ってくれました。

しかも大学時代の写真をコラージュしてメッセージも添えてありました。

今日は今日で、古民家jamにいってきましたが、福島の復興を願う沢山のお客さんたちと、ふくしまで頑張るショップの方たちのエネルギーに圧倒されてしまいました。

家から帰ってくると、飯館の友人が先日届けた食料品のお礼にと、またまた我が家に来てくれたのです。

退避圏内からわずか5キロのところで和牛の生産と農業を営む若いご夫婦なのですが、今の状況から逃げることなく、風評に負けないようしっかりと現実を受け止め、想いは前を向いていました。

やはり実際の現場の人ほど、冷静なんだなと感じました。

そして今夜は、半田さんと相馬さんが子供のためにと、飲料水とオムツを持ってきてくれたのです。

それは、娘のことを心配した京都ののぞみ整骨院の小島先生からの送り物で、それをわざわざ相馬さんと半田さんが運んできてくれたのです。

正直、大学や高校の仲間が、原発の影響で家に帰れなくなったり、小さな家族をなくしたり、お客さんにもまだ安否がわからない方が何人もいます。

心配になって宮城県警の死亡者名簿を見てしまい、整然とならぶ名前と年齢を見て、あまりのショックにすぐに名簿を見ることをやめてしまいました。

それから何だか気持ちがずっと浮ついているような状態でした。

けれども、この数日の出来事で、僕の家族や盆栽がこんなにも愛されていることに、強く感動することが出来ました。

そしてまた、いままで至らなかった自分の態度を省みる大きなキッカケにもなりました。

どんな結果が待っていようとも、僕らぼんさいや「あべ」がやるべきことはもう決まっています。

今はあれだけの津波を見せられて、簡単に自然を口に出来ないのかもしれませんが、

僕はいいたい。

それでも、自然は美しい。

残された命は託された命です。

僕はまだまだ盆栽やとして頑張っていかなくてはいけないのです。

「やらなきゃいけないことをやるだけさ、だからうまくいくんだよ。」(ボブ・ディラン)

Img_1426 仙台のお客様に教えていただいた折り紙のコマです。簡単に折れて誰でも回せるので小さい子供からお年寄りまでみんな楽しめます。

Img_1427まわすとこんな感じ。赤ん坊が夢中で眺めていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古民家Jam出店辞退しました。

今週末の26日土曜日、福島市の旧佐久間邸で行われる古民家Jamの出店を辞退させていただきました。

主催者様、関係者様、楽しみにしていただいたお客様には大変ご迷惑をおかけしました。

申し訳ありませんでした。

イベントは予定通りおこなわれますので、ぜひ皆さん足を運んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代湖ズ

今回の震災をうけて、急遽配信決定した曲です。

ダウンえロードしたお金はすべて寄付になります。

ぜひ、福島を愛する人たちはダウンロードしてください!

『I love you & I need you ふくしま』

携帯サイト限定みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなみんなみんな

姉の会社が震災で休みのため、近くの避難所にボランティアで通っています。

今日姉から電話があり、子供が見るようなDVDがないか?と聞かれました。

施設に一つあるテレビは大人たちが情報を欲しがっているので、ずっとニュース番組だそうで、小さな子供たちのために視聴覚室をつかうことになったそうです。

それでうちの子に見せるために録っていた「おかあさんといっしょ」と「みいつけた」のDVDを渡しました。

その後で姉から電話があり、アニメのDVDは結構持ってくる人がいたけど、「おかあさんといっしょ」はなかったみたい。まだ幼稚園に行かないくらいの子供たちはとても喜んでいたそうです。

確かに、毎日やる番組なのでまとめて録っている人はいないかもなぁ、と思いました。

まだまだ状況は厳しい日々ですが、それでも被災者の方たちのお役に少しでも立てたことに、自己満足かもしれないけど、心が少し落ち着きました。

ありがとうございます。

ちなみに、毎日のようにヘビロテで見ているので、好きな歌もあります。

紹介しておきますので、ぜひ聞いてみてください。

「みんなみんなみんな」

ドンスカパンパン応援団」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祈る

僕たち福島の人たちは、いつもと変わらない日常を取り戻すために、ここで生活をし続けています。

今は、命を賭けて現場で動いている人たちを信じること、祈ることが大切だと、繰り返させてください。

そして、住む場所をなくして県外に非難した人たちを差別するようなことはしないでください。

情報は様々ですが、一番大事なのは好転を信じて信じること、祈ることです。

信じるとは、自分自身を信じることです。

どうか、みなさん福島の今を信じて祈ってください。

僕たちは、そこで生活しています。

生活こそ時間です。

時間こそ命です。

あなたの目には見えないかもしれませんが、必ずあなたの中にいるあなたを信じて祈ってください。

最後に、今日ラジオから流れてきた懐かしい歌を聴いて勇気付けられました。

ここに紹介します。

いつでも誰かが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発について

他地域の方からご連絡沢山いただきました。

こちらは吾妻山の吹きおろしに守られているせいか、都心部よりも放射能の量は少ないようです。

もちろん風向きでどうなるかわかりませんが、今のところ福島市は大丈夫です。

物資不足は否めませんが、もっと大変な場所があります。

僕らは心配要りません。

報道は都会の人向けです。

こちらが必要な情報は極端にすくないです。僕たちも、もっとひどい被災地の人たちもそこで生活しているんです。

今。

マイクロシーベルトで命の量は量れません。

命がけで現地で動いている人たちがいるんです。

上層部の批判に一生懸命になるよりも、ともに現場の人の全力にすべてを賭けて祈りましょう。

きっと上手くいきます。

そう信じることが、誰にでも出来るボランティアだと思います。

がんばれ、がんばれ、がんばれ、みんな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無事です。

家族はみんな無事です。

今朝電気が回復しました。節電のためもう電気を消します。

名取川の河口に住んでいたお客さんが心配です。

お願いだから生きていて欲しいです。

おいしいお魚また届けて欲しいです。

今は天にお祈りするだけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

星の国から孫ふたり、福島上映決定!!

修行時代から、大変お世話になっている光永さんの企画製作パオさんの映画、「星の国から孫ふたり」が、4月2日から8日まで、福島フォーラムで上映決定しました。

詳細は→

2月の終わりに光永さんから直接お手紙頂き、日程は知っていたのですが、詳しい情報がパオさんのHPに掲載されましたので、ぜひご覧下さい。

僕自身も自閉症というものがどういったものなのか正直わかりません。

ですから、この映画を見て少しでもそれを知るキッカケにしたいなと思っています。

ぜひぜひ皆さんも、足を運んでほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう!盆栽のススメ。

今日で無事に中央学習センターさんでの盆栽講座「盆栽のススメ」、終了いたしました。

五日間で1日5名ずつ25名の方に盆栽の針金掛けと植替えの実技講習を行いました。

詳しくは、後日写真と共にレポートしたいと思いますが、

終わって率直な感想は、「非常に勉強になった。」ということです。

ほぼ盆栽がまったく初めての方たちと一気に25名、出会えるという、衝撃的に幸せな時間でした。

参加者の皆さん、ありがとうございました。

また、今回の講座にあたり、担当の永島さん、中央学習センターの菅野さん、またブログやメルマガで応援していただいたみなさんに、心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月26日、旧佐久間邸で「古民家Jam(ジャム)」!

3月26日、福島市佐倉にある旧佐久間邸において、「古民家Jam」という福島のお店が集まったオサレなイベントが開かれることになりました。

↓が案内です。

Img_new

Img_0001_new_2

出店数は、24と沢山のお店が集まります。

食べ物やさんも多いので、お腹をすかせていらしてください。

ぼんさいや「あべ」は苔玉を中心に持って行きますのでよろしくお願いします。

僕は外でお店を出してピヨピヨ春を告げていますから、お気軽にお声をかけてくささいね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

NHKカルチャーセンター福島で、盆栽教室!

明日から、中央学習センターの「盆栽のススメ」がはじまります!

こちらは、定員25名満員でございまして、感謝感激の五日間になりそうです。

がんばらせていただきます、よろしくお願いします。

そして、昨年末から水面下で話がすすでおりましたNHKカルチャーセンター福島さんでの、盆栽教室がいよいよメンバー募集スタートになります。

詳しくはこちら→

こちらはぼんさいや阿部の得意とする盆栽、苔玉、山野草の三つを毎月1つのジャンルずつ作る講座です。

ぜひぜひ興味のある方はふるってご参加ください。こちらもよろしくお願いします。

ちなみに参加申し込みはNHKカルチャーセンター福島さんにお任せしております。申し込まれる際は、先に紹介したHPか、直接お電話してください。

今年は、盆栽伝道師としての機会が増え、本当に感謝の一年になりそうです。

あー、楽しみだぁ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »