« 7月17・18日、旧佐久間邸でぼんさいや「あべ」の夏飾り、開催します! | トップページ | 福島ひまわり里親プロジェク »

つなげるつながる さくらプロジェクト、飯舘村から。

飯舘村比曽の菅野牧園さんが、生まれ育った比曽地区に桜を植えるプロジェクトを立ち上げました。

菅野さんのブログ→

以下菅野さんのブログから引用します。 

「つなげるつながる さくらプロジェクト

 3.11の大地震後に起こった原発事故。私のふるさと福島県飯舘村は30キロ圏外にも関わらず高い濃度の放射性物質が降り、計画避難を余儀なくされました。

 自宅のある比曽地区は南部に位置し高い数値が検出されています。私の家は18代続く農家ですが、農業を中断してその後の推移を見つめていく長くて苦しい状況が続いています。そんな中、飯舘村の土地に生かされてきた私に何かできないかと考えるようになりました。

 今回の原発事故で、個人個人がどう暮らし方を考えていくのか、どう社会をリ・デザインしていくかということも同時に考えることが必要なのではないかと思っています。そうでなければ今、事故の影響で苦しんでいる人達の苦労が報われません。事故後、あちこちでお話しさせていただく中で、同じ意識を持たれた方とつながる大切さを学びました。そしてこのポストカードを通して、大切な方とエネルギーやこれからの事を価値共有していただけたらと考えました。
 
 このプロジェクトの収益金は飯舘村比曽地区に桜を植える費用に使わせていただきたいと思います。比曽地区には桜が見られる場所がなく、いつも「集会所に植えたいね」と話していました。私たちの息子や孫が桜を眺めながら安心して農業ができる日まで、思いをつなげていけたらと思います。ご協力をお願いいたします

 つながるつなげる さくらプロジェクト
ゆうちょ銀行 19030-54195581 カンノヨシキ  
お問い合わせ tunagaru-sakura@hotmail.co.jp」

ポストカードのデザインは、菅野牧園さんのブログで確認していただければありがたいです。

ここからは僕の意見ですが

飯舘村で生かされてきた菅野さんの思いが、10年、20年、100年続くことを願っています。

今後もこのプロジェクトについては、僕のブログでも発信させていただきます。

みなさん応援よろしくお願いします。

|

« 7月17・18日、旧佐久間邸でぼんさいや「あべ」の夏飾り、開催します! | トップページ | 福島ひまわり里親プロジェク »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/40397488

この記事へのトラックバック一覧です: つなげるつながる さくらプロジェクト、飯舘村から。:

« 7月17・18日、旧佐久間邸でぼんさいや「あべ」の夏飾り、開催します! | トップページ | 福島ひまわり里親プロジェク »