« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

夏飾り、レポート。

先週17日、18日に福島市佐倉下にある旧佐久間邸で、ぼんさいや「あべ」の夏飾りが行われました。

おかげさまで、思っていた以上の大盛況となりました。

大きくて、古くて、懐かしいお屋敷で、畳に座しながら、盆栽をゆっくりと眺めていただきました。

内容は、来てくださった方のブログで素敵に紹介していただいたので、裏方を中心にお話してみたいと思います。

014_2

準備の様子です。会場は何度も下見をして、先に飾る場所と飾るものを決めて、それに合わせた屏風や卓(しょく、花台のことです)を並べてから暑さ対策のため閉館ギリギリ担ってから山野草を飾りました。

015_2

飾る前の旧佐久間邸。

017_3

屏風を立てています。

この屏風は、物置でぼろぼろになっていたものを、職人さんに直していただいたものです。

016_2

今回唯一にして最大の誤算。ふすまの部分の高さが合わず、屏風同士を重ねることが出来ませんでした。

もともとの襖ではなく、その後に直したものと思われます。この為、床をすべて使うことが出来ませんでした。

これは、まぁ、課題といえば課題ですが、佐久間邸使用の屏風が必要になってきますよねぇ。

027_2

飾り付けがほぼ完了した会場です。

018_3

メインの床飾りです。青黒い床が、樹をぐっと浮き上がらせて、とても渋く見えました。

この樹は、ライブラリの巨匠自作を語るにも載っている樹です。

当時より樹が落ち着いています。さらに、一本枯れているので、様子も大分違うと思います。

爺ちゃんは、「水鏡の松」と言っていました。

003_2

今回は夏なので米栂を数本候補に用意していましたが、最終的にこの樹になりました。

米栂は枝先に力が乗りやすくて、針金はすぐに食い込むのに、外すと跳ね上がります。

かといって芽つみに頼りすぎると、枝がごつくなって、米栂らしさがなくなってしまいます。

飾るタイミングの難しい樹種です。

019_3

大阪万博に出展した文人です。この鉢は、行山さんとうちの親父の合作です。

行山さんが、我が家を訪れてくださった時に、この樹のことを当時から憶えていて、その後父が常滑の行山さんの窯を訪ねた時に、父に、この樹の鉢を作りましょうとすすめて下さり、父が作った鉢なのです。(もちろん行山さんのサポートあり)

驚いたのは、行山さんは一度樹を見ただけなのに、寸法も測らずに樹にあわせて鉢を作ってしまうことです。

もちろんて手びねりで、焼き締めたあとの大きさや、木の寸法、樹に合う鉢の大きさもしっかりとイメージ出来ていたということですから、さすがに本物はちがうなぁと、家族一同感動したことを憶えています。

ちなみに落款はうちの親父の名前ですよ。

020_2

こちらは、古いたるの一部に山野草を寄せた作品です。

丁度アワモリショウマが涼しげに背を伸ばしていました。

024_2

ナナカマドの寄せ上です。今年は見事に実もなり、秋の紅葉も楽しみです。

ただ暑さに弱く、葉を焼かないように神経を使います。

今回の展示会や、拓坊さんで行われた展示会では、特に樹の勢力に気を使いました。

生命力があふれ出すような感じって、元気もらえますよね。

水遣りや場所、消毒や肥料のタイミングを誤れば、せっかく丹精していても、直前で飾れなくなってしまいます。

普段どおりの丹精を心がけていましたが、それでも、展示会が終わるまでは、気が気じゃなかったことも本当です。

特に会期中は福島の今夏の最高気温を更新するような猛暑日。

それでも、その展示会を可能にしたのは、この日本の自然に合わせた古民家のおかげでしょう。

午前中に、飾る鉢をすべて大きなたらいでドブ漬けして置きましたが、飾った盆栽たちは初日を終えて一度すべて外に出して水をあげ、そのまま外に出しておくと、朝日で痛む可能性があるので、土間に入れておきました。

心配でしたが、室内においても土間は涼しいし、夜間雨戸を閉め切っても、熱がこもらないように、中のふすまはすべて開けっ放しにしていただきました。

冷房の効いた部屋においていれば安心かというと、逆に乾きすぎるし、それでも外からの強い日差しが降り注いだりすると、葉が焼けたり、根を痛めてしまいます。

僕たち人間にとっては厳しい暑さの2日間で、足を運んでくださった皆様には、沢山の汗をかかせてしまいましたが、だからこそ感じれた夏の涼もあるのだなと、少しだけでも感じていただいたのなら、光栄です。

021_2

柏葉アジサイの石付き。もともとは庭木の枝を取り木したものです。

023_2

もみじの斜幹です。渓流を覗き込むような姿が涼しげな一鉢です。

004_2

これはジン(枯れ枝)に梅花ツツジなどを寄せたもの。白い枯れ枝に沢山の植物が育つ様子は、屋久島の山を登った時に良く見た光景です。

001_2

銅葉のネム。和の空間に限らず、どこでも合わせやすい樹種です。涼しげですよねぇ。

019_4

2日目は昼ごろに強い雨が降りました。涼しい空気が古民家に流れてきました。

018_4

雨どいから落ちる雨水は石造りの溝に流れる仕組みになっています。こうするとさらに涼しさが運ばれてきますよね。

昔の人のアイデアって凄いですよね。お洒落と機能性がマッチしているからすごい。

今回は出来るだけ来ていただいた皆様とお話、接っすることが出来ましたが、ワークショップ中挨拶だけのかたもあり、反省しております。

その分、家族がサポートしてくれたので、非常に助かりました。

また搬入、搬出にしましても、お願いせずともお手伝いを買って出ていただいた方もいました。本当に助かりました。

そして、管理人さん、元の家主さんもとても好意的で、やりやすいことこの上ありませんでした。

展示会を終え、早くも次回を期待する声を沢山頂いております。

秋は盆久楽展がありますので、そちらに力を注ぎ込みたいと思います。

また旧佐久間邸で、皆様とお会いできる日が実現するよう、再び丹精を続けていきたいと思います。

会場に来ていただいたみなさん、

今回会場にこれなくても、応援していただいた沢山の方々、

家族、

ありがとうございました。

008_2

夏盛り、うちの娘は、育ち盛り。

字あまり。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ようやく受け入れることが出来ました。

今日、嫁さんと娘を帰省のため、仙台空港まで送っていきました。

いってみると、もう4ヶ月を過ぎたというのに、随分と爪あとが残っていて驚きました。

スクラップになった車が、1つの山になっていました。

出発を待つ間、駐車場の車の中で時間を過ごしたのですが、目の前の小さな川を挟んで向こう側が、もう海まですぐそこの地区だったのですが、残っているのは大きな日本家屋と神社、それと何かのビルでした。

1階部分はぶち抜かれていて、骨組みだけのようになった瓦作りの立派な家を見て、ふと自分の気持ちにしまっていた感情が湧いてきました。

「閖上(ゆりあげ)を見たい!」

それというのは、何十年も我が家に通ってくれたお客さんが住んでいた町で、一度安否確認で亡くなったと知ったとき、正直間違いかもしれないからと、それ以上調べたりしなかったのですが、

目の前に広がる津波の被害を見て、「今行かなければ、怖くてもう二度といけないかもしれない。」と、そう思ったのです。

ふたりの出発を見届けた後、しばらく駐車場で考えていましたが、「よし!」と気持ちを切り替えて、車を海のほうへ走らせました。

ぺしゃんこに押しつぶされたビニルハウスの枠、根っこから引っこ抜かれて流れ着いた大きな松、海岸線の松も茶色く変色していました。

田んぼは米を作ることが出来ず、青い草の原、砂に覆いつくされた場所も多々あり、いまだに水が引かないところも。

家はあるにはあるのですが、どれもめちゃくちゃで、1階部分はがらんどうとしていました。

おそらくボランティアの方が一生懸命片付けてくれたのでしょう。

田んぼには、いまだに車や、船がありました。

驚いたことは、写真やテレビでみると、それを撮影した人が伝えたい部分のみが情報として入ってきますが、

実際にそこに行くと、目に映るすべてがひどい状態で、こちらが処理する能力をはるかに超えてきます。

閖上の港が近づいてくると、とても高いスクラップの山が見えました。

もしかして更地になっているのかなと思い、交差点を斜め右に進もうとすると、港の前の住宅街は入り口から立ち入り禁止になっていました。

港への道も警備員が立っていて、入ることが出来ませんでした。

片づけをしている人がいたら、安否を聞いてみようと思っていたのですが、工事車両以外人影は無いし、

そこから見える住宅街は、意外と家は残っているのですが、よく見ると、全く中身が抜け落ちた貝殻のようで、もう何年も昔から廃墟だったかのように生活感が抜け落ちていたのです。

それから、中に入れないので、目の前の名取川の大きな橋を渡って、見える住宅街を振り返ると、とても言葉では言い表せない気持ちになりました。

「○○さんたちは、死んだんだ。」

もしかして・・・。そういう気持ちもありましたが、その時はじめて、その方たちの死を実感しました。

一人車の中で、涙が出てきました。ただただ合掌するしか出来ませんでした。

毎年展示会にあわせて美味しい海の幸を持ってきてくれて、台所をつかって、魚をさばいたりしてくれました。

最後に会ったのは去年の秋、盆久楽展のあと。

「あんちゃん、くじらの肉、食ったことあるか?最高に旨いところ、今度持ってきてやるよ」

展示会の時そんな事言ってたのですが、それからしばらくして突然やってきました。

「くじら持ってくるって、約束しただろう?お前に食わせたくて持ってきたんだぞ。」

そういって休むまもなく帰っていったのが最後でした。

子供の頃の記憶、展示会には魚を持ってきてくれる人たち。

それが跡をついだ僕に、そうやって旨いものを食べさせたいと、約束をはたしてくれた○○さん。

まさかそれが最後だなんて思いもしなかった。

僕がこの大震災で一番後悔していること、それは○○さんに、「くじら最高においしかったです。」といえなかったこと。

東部道路をくぐるとき、供養のつもりで、「おいしかったです、くじら」とだけ言いました。

そして、家に帰ってパソコンで死亡者確認を初めて検索しました。

そこには○○さんたちの名前がありました。

今日はじめて分かったことがあります。

「人は死んでも終わらない」ということです。

今回の放射能騒ぎで、ある人に「死んだら今までやってきたことがすべて終わっちゃうんだよ。」と言われました。

けど、死んでも終わらないんですよ。

あなたが死んでも、僕は生きている以上、生きていかなきゃいけないし、僕が死んでも、あなたは生きていかなきゃいけないんだ。

自分で命を絶つ人がいるけど、その人の気持ちを理解できない僕がいるけど、それでも死んでも何にも終わりはしないんだ。

たとえあなたの意志がどんなに立派であろうとも、どんなにクソったれでも、それを受け止めなきゃいけない人たちが必ずいるんだ。

悲しみは悲しみしか産まない。

なら、この死を受け入れて、僕はこれからもずっと強く生きると誓わなければ、

僕にとって、○○さんたちの死が何のためだったのか、わからないじゃないか。

この名取の砂浜に、僕や親父、爺さんがつくったであろう盆栽が共に眠っています。

どうか、迷うことなくあっちの世界にみなさんを導いて欲しいと願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏飾り、おかげさまで無事終了しました。

昨日、今日と福島市内の旧佐久間邸で行われました、ぼんさいや「あべ」の夏飾り、猛烈な暑さの中、古民家のおかげでエアコン無しで乗り切ることが出来ました。

来場された皆様には、暑さも含め、多くのご迷惑をおかけしたことを、お詫び申し上げます。

そして、この猛暑の中でも足を運んでくださった皆様に、大きな感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

また、今回のイベントを応援していただいた皆様にも大変感謝しています。

ありがとうございました。

レポートは追って報告させていただきます。

ちなみに、今回の様子をブログにアップされた方がいらっしゃいますので、ご覧下さい。

あなたに元気をあげたくて

よくばりおばさんの花あそび

こうやってブログにアップしていただけるのは本当にうれしいものですね。

ありがとうございます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

明日、明後日、旧佐久間邸にてぼんさいや「あべ」の夏飾り。

ようやく明日、夏飾りを迎えることになりました。

そしてさらに、福島では今年一番に暑い一日になるそうです。

会場はエアコンがありませんので、みなさん心していらしてください。

伝統的な古民家のつくりですから、天井も高く、風もよく通り、最近の機密性の高い家よりは大分涼しいですが、それでも明日は暑いでしょう、きっと。

また、駐車場が満車になった場合、300メートルほど離れた荒川の河川敷に駐車していただくことになります。

もし場所が分からなかったら、会場内の僕か、管理人さんに声をかけてください。

ご案内します。

汗をたっぷりかいても、冷たい飲み物ご用意してますので、ご心配なく。

今日、飾り付けを終え、飾りの雰囲気としては、非常に涼しげになりました。

さて、みなさんの心象に「涼」を描くことができるでしょうか。

ぼんさいや「あべ」の見せ所です。

それとも、感動して鳥肌がやまないなんてことも。

それは、僕たちの希望です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もう少しですね。

もう少しで、夏飾りですね。

何度も下見をして、両親と毎日飾りに付いて議論、検討しています。

昨日まさに「ゲリラ豪雨」が振りました。

叩きつけるような雨・・・。

いつから日本はこんな品のない雨ばかり降るようになってしまったのでしょう。

展示予定の盆栽たちが傷つきやしないか、ハラハラしながら仕事を進めていました。

夜はすぐ近くの電信柱に雷が落ちて、修理のために1時間ほど停電しました。

停電してくれてありがとう。田舎らしさを感じることが出来ました。

最近よく考えるのですが、インターネットや情報社会がとても不便に感じてきました。

そういいながらブログを書いている僕の欲の深さも計り知れないのかもしれません。

誰も傷つけずに、自分の信念を突き通すことは難しい。

かといって、誰かを傷つけていい権利なんてものは、ありはしない。

自由というものがあるのなら、それは誰にも相談せずに自分の意志で決定することなのかもしれません。

寅さんは、本当に自由な人だな。

あのひとにはネットもツイッターもいらないんだろうな。

僕も将来の目標は「脱インターネット」、「脱携帯電話」にしときましょうか。

ま、少なくとも世間のなかで役割がある以上、それは非常に実現困難な課題なのかもしれませんが、いい夢持たずに生きていくのはつまらないですから。

「人生で一番危険なことは、かなえられるはずのない夢が、かなえられてしまうことなんだよ。」(ミヒャエル・エンデ「モモ」岩波少年文庫より)

便利という怪物を僕らは飼いならすことが出来ないでいる。

せめて僕は植物の呼吸に耳をすまして、ただ何も考えない、そんな時間を大切にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教室が続いております。

6月末から山野草、苔玉教室が続いております。

先日母の山野草教室に参加された方が、ブログで様子を紹介してくださってます。

よくばりおばさんの花あそび

マロニエ便り

「みんな上手につくるよねぇ。」と母も感心していましたが、確かにみなさん、それぞれの感性で素敵な寄せ植えを作っていました。

参加された方が、ブログをやっていると、盆栽や、山野草の寄せ植えなどを知らなかった方たちの目に留まる機会が増え、とてもありがたいことだなと感じております。

今のご縁が知らず知らずのうちに、また新しい出会いを運んでくださってるのかもしれないですね。

こういうのもあまり意識しすぎると野暮ってもんですから、あくまで欲張らずにその時その時お客さんと楽しく時間を過ごしたいものです。

「いちどに道路全部のことを考えてはいかん。わかるかな?つぎの一歩のことだけ、つぎの一息のことだけ、つぎのひとはきのことだけ考えるんだ。いつもつぎのことだけをな。」

「するとたのしくなってくる、これがだいじなんだな。たのしければ仕事がうまくはかどる。こういうふうにならにゃだめなんだ。」

(ミヒャエル・エンデ「モモ」岩波書店より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

A・O・Z(アオウゼ)苔玉教室楽しくできました。

今日、福島市の曽根田のMAXにありますA・O・Z(アオウゼ)で苔玉教室やらせていただきました。

正直初めて行ったのですが、とても綺麗な施設でびっくりしました。

教室の部屋もガラス張りで表から教室の様子が見えるつくりで、何だか斬新でした。

ガラス張りの前にいつもの飾り棚を置いたので、苔玉が外からも鑑賞でき、参加出来なかった方たちにも、いい意味でアピールになったかもです。

教室も当日飛び入りの方も含めて満員の20名でした。

大勢の前で仕事するのは緊張しますね。いつものことですが、慣れないものです。

教室中はデジカメ撮るのすっかり忘れていたのですが、みなさん飲み込みが良く、とても素敵に作っていました。

012これはその時僕が手本で作ったものです。袋が潰れたホタルブクロ。紅唇(こうしん)ホタルブクロというそうです。

いかりや長介みたいな唇ですよね。(品がなくてごめんなさい)

今回は料金を若干抑えて一品一個の苔玉つくりになりました。

今更ですが、一品で存在感のある素材を選ぶのも意外と勉強になるものです。

参加者のみなさん、それぞれにそれぞれの感想を抱かれたみたいで、

久しぶりにお子さんと土を触れたと仰ってくださる方など、なんだか僕も嬉しい気持ちになりました。

ありがとうございます。

僕は、何が正しいか分からないですが、

今日教室をやって改めて思ったことは、植物や土に触れるのは楽しい!ということです。

世の中には少なくても800万の正義と70億の価値観が溢れているはずです。

今日の教室でこぼれた笑顔を糧に、また明日からがんばろうと思えました。

参加されたみなさん、AOZのみなさん、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »