« ようやく受け入れることが出来ました。 | トップページ | 翼の生えた人、根っこの生えた人。 »

夏飾り、レポート。

先週17日、18日に福島市佐倉下にある旧佐久間邸で、ぼんさいや「あべ」の夏飾りが行われました。

おかげさまで、思っていた以上の大盛況となりました。

大きくて、古くて、懐かしいお屋敷で、畳に座しながら、盆栽をゆっくりと眺めていただきました。

内容は、来てくださった方のブログで素敵に紹介していただいたので、裏方を中心にお話してみたいと思います。

014_2

準備の様子です。会場は何度も下見をして、先に飾る場所と飾るものを決めて、それに合わせた屏風や卓(しょく、花台のことです)を並べてから暑さ対策のため閉館ギリギリ担ってから山野草を飾りました。

015_2

飾る前の旧佐久間邸。

017_3

屏風を立てています。

この屏風は、物置でぼろぼろになっていたものを、職人さんに直していただいたものです。

016_2

今回唯一にして最大の誤算。ふすまの部分の高さが合わず、屏風同士を重ねることが出来ませんでした。

もともとの襖ではなく、その後に直したものと思われます。この為、床をすべて使うことが出来ませんでした。

これは、まぁ、課題といえば課題ですが、佐久間邸使用の屏風が必要になってきますよねぇ。

027_2

飾り付けがほぼ完了した会場です。

018_3

メインの床飾りです。青黒い床が、樹をぐっと浮き上がらせて、とても渋く見えました。

この樹は、ライブラリの巨匠自作を語るにも載っている樹です。

当時より樹が落ち着いています。さらに、一本枯れているので、様子も大分違うと思います。

爺ちゃんは、「水鏡の松」と言っていました。

003_2

今回は夏なので米栂を数本候補に用意していましたが、最終的にこの樹になりました。

米栂は枝先に力が乗りやすくて、針金はすぐに食い込むのに、外すと跳ね上がります。

かといって芽つみに頼りすぎると、枝がごつくなって、米栂らしさがなくなってしまいます。

飾るタイミングの難しい樹種です。

019_3

大阪万博に出展した文人です。この鉢は、行山さんとうちの親父の合作です。

行山さんが、我が家を訪れてくださった時に、この樹のことを当時から憶えていて、その後父が常滑の行山さんの窯を訪ねた時に、父に、この樹の鉢を作りましょうとすすめて下さり、父が作った鉢なのです。(もちろん行山さんのサポートあり)

驚いたのは、行山さんは一度樹を見ただけなのに、寸法も測らずに樹にあわせて鉢を作ってしまうことです。

もちろんて手びねりで、焼き締めたあとの大きさや、木の寸法、樹に合う鉢の大きさもしっかりとイメージ出来ていたということですから、さすがに本物はちがうなぁと、家族一同感動したことを憶えています。

ちなみに落款はうちの親父の名前ですよ。

020_2

こちらは、古いたるの一部に山野草を寄せた作品です。

丁度アワモリショウマが涼しげに背を伸ばしていました。

024_2

ナナカマドの寄せ上です。今年は見事に実もなり、秋の紅葉も楽しみです。

ただ暑さに弱く、葉を焼かないように神経を使います。

今回の展示会や、拓坊さんで行われた展示会では、特に樹の勢力に気を使いました。

生命力があふれ出すような感じって、元気もらえますよね。

水遣りや場所、消毒や肥料のタイミングを誤れば、せっかく丹精していても、直前で飾れなくなってしまいます。

普段どおりの丹精を心がけていましたが、それでも、展示会が終わるまでは、気が気じゃなかったことも本当です。

特に会期中は福島の今夏の最高気温を更新するような猛暑日。

それでも、その展示会を可能にしたのは、この日本の自然に合わせた古民家のおかげでしょう。

午前中に、飾る鉢をすべて大きなたらいでドブ漬けして置きましたが、飾った盆栽たちは初日を終えて一度すべて外に出して水をあげ、そのまま外に出しておくと、朝日で痛む可能性があるので、土間に入れておきました。

心配でしたが、室内においても土間は涼しいし、夜間雨戸を閉め切っても、熱がこもらないように、中のふすまはすべて開けっ放しにしていただきました。

冷房の効いた部屋においていれば安心かというと、逆に乾きすぎるし、それでも外からの強い日差しが降り注いだりすると、葉が焼けたり、根を痛めてしまいます。

僕たち人間にとっては厳しい暑さの2日間で、足を運んでくださった皆様には、沢山の汗をかかせてしまいましたが、だからこそ感じれた夏の涼もあるのだなと、少しだけでも感じていただいたのなら、光栄です。

021_2

柏葉アジサイの石付き。もともとは庭木の枝を取り木したものです。

023_2

もみじの斜幹です。渓流を覗き込むような姿が涼しげな一鉢です。

004_2

これはジン(枯れ枝)に梅花ツツジなどを寄せたもの。白い枯れ枝に沢山の植物が育つ様子は、屋久島の山を登った時に良く見た光景です。

001_2

銅葉のネム。和の空間に限らず、どこでも合わせやすい樹種です。涼しげですよねぇ。

019_4

2日目は昼ごろに強い雨が降りました。涼しい空気が古民家に流れてきました。

018_4

雨どいから落ちる雨水は石造りの溝に流れる仕組みになっています。こうするとさらに涼しさが運ばれてきますよね。

昔の人のアイデアって凄いですよね。お洒落と機能性がマッチしているからすごい。

今回は出来るだけ来ていただいた皆様とお話、接っすることが出来ましたが、ワークショップ中挨拶だけのかたもあり、反省しております。

その分、家族がサポートしてくれたので、非常に助かりました。

また搬入、搬出にしましても、お願いせずともお手伝いを買って出ていただいた方もいました。本当に助かりました。

そして、管理人さん、元の家主さんもとても好意的で、やりやすいことこの上ありませんでした。

展示会を終え、早くも次回を期待する声を沢山頂いております。

秋は盆久楽展がありますので、そちらに力を注ぎ込みたいと思います。

また旧佐久間邸で、皆様とお会いできる日が実現するよう、再び丹精を続けていきたいと思います。

会場に来ていただいたみなさん、

今回会場にこれなくても、応援していただいた沢山の方々、

家族、

ありがとうございました。

008_2

夏盛り、うちの娘は、育ち盛り。

字あまり。

|

« ようやく受け入れることが出来ました。 | トップページ | 翼の生えた人、根っこの生えた人。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

日本家屋独特の続き間、そこに素晴らしく飾られた、盆栽、そして山野草の寄せ植え、
感激して見させていただきました。
通り抜ける風も、外の暑さとは違い、日本建築の良さも感じました。

ここまでの飾り、大変なことだったとさっします、
でも福島って、なかなかだなぁと思わせる、素晴らしい催しでした、次の催しも行きたいと思っています、
伝統を守り、そしてまた新しい自分のものを創る、頑張ってください。

投稿: ナニナニ | 2011年7月30日 (土) 07時42分

>ナニナニさん

書き込みありがとうございます。

また、応援ありがとうございます。

そうですね、また皆さんに喜んでいただけるようなイベント、がんばりたいと思います。

投稿: ちどり | 2011年7月30日 (土) 21時53分

こんにちは。

その場にいなくても、流れわたる風の心地よさが伝わります。

すてきな盆栽展ですね~♪


それにしても「朝日で痛むことがある・・・」

盆栽たちと会話ができるようになるのは
いつの日なのやら・・・。
奥の深さを再確認です。

投稿: さぼてんママ | 2011年7月31日 (日) 21時45分

夏飾り 拝見させていただきました!!

盆栽を間近で見たのは初めてでしたが
本当に素敵で
日本家屋の風情もあいまって
気持ち良い穏やかで素敵な時間をいただきました

苔玉ワークショップも参加させていただきました!!
楽しかったです♪
苔玉さん元気にしてますよ(笑)

質問なんですが…
例えば
紅葉とかの枝もの?と
下に苔があるような
ミニ盆栽を作ってみたいんですが…

そういったワークショップとか
何か教室のようなものはありますか?

すみません質問でした

投稿: 日々和 | 2011年7月31日 (日) 23時31分

>さぼママさん

今は、毎日寒いくらいの福島ですが、あの展示会が効きすぎて、「涼」どころか「冷」を運んできちゃったのかもしれません。

やはり、夏は汗をかきながら、心に「涼」を描くのが粋ですよねぇ。

また暑い日が戻ってこないかなと、なんともワガママな想いで過ごしております。

>日々和さん

書き込みありがとうございます。

苔玉、これからも仲良くしてあげてください。

ワークショップは、鉢に植え込むだけなら、山野草の寄せ植え教室扱いで考えています。

寄せ植えといっても、単品から植え方を教えていますが、

我が家のワークショップは、基本的に展示したものや庭にあるものと、同じ様なものの作り方を教えていますので、

もしよろしければ、一度我が家に遊びにきていただいて、

イメージに合ったようなものがあるか、またはどういったものを作ってみたいかなど、お話してからなら、

実際にやってみたい実技が出来るのかなと思います。

ちなみに、呼ばれて行うワークショップ以外は、定期的に自宅でワークショップは行っていないです。

依頼を受けて、我が家(または出張)で行うことは可能ですので、日時もご相談ください。

詳しくは、左のバーの一番下にメアドありますので、メールください。

よろしくお願いします。


投稿: ちどり | 2011年8月 1日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/41007669

この記事へのトラックバック一覧です: 夏飾り、レポート。:

« ようやく受け入れることが出来ました。 | トップページ | 翼の生えた人、根っこの生えた人。 »