« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

昭和赤玉と会津豪雨の風化の話

先日、奥会津の昭和村にある土やさん、今土石産さんに、昭和赤玉土を買いにいってきました。

ここの旦那さんは、もとは栃木の方なのですが、全国に良質の赤玉土を探し求めて、ついに福島の昭和村に納得のいく土を見つけ、そこで赤玉土一筋で作り続けているわけです。

旦那さんも奥さんも息子さんも、とても穏やかで、人の良さがにじみ出ています。

そして確かに、ここの土は超硬質で、植え替え後しばらくたっても団粒が崩れずのこり、水はけよく、まさに五葉松には堪らん土なのです。

福島が世界に誇る最高品質の赤玉土、特に福島の愛盆家さんには、ぜひ試していただきたいものです。

僕のワークショップで使っている土も勿論昭和赤玉土です。

以前は業者さんにトラックを頼んで運んできてもらったのですが、

今では自家用車でのんびり奥会津路を眺めながら買いに行く、ぼんさいや「あべ」の恒例になっております。

ところで、昭和村に行く途中、柳津の町で只見川に初めて出会うのですが、いつもと違う感じがして、なんとなく気になっていましたが、

三島に向かうあたりから、あの深緑のまるで止まっているかのようにゆっくりと静かに流れる只見川が、すっかり変わり果てていて、とても驚きました。

川底が、川原が見えるのです。

当たり前と思うかもしれませんが、只見川は田子倉ダムをはじめとして、大小のダムが途中にいくつも点在し、まるで大蛇のように長いダム湖のような景色をしているのです。

それが、川岸がえぐられているのはともかく、水自体がまるで少なくて、言ってみれば普通の川に戻っていました。

昭和赤玉の旦那さんの話では、電力不足を補うためにダム湖の水位を上げていたところに、あの大雨が来て、あわてて放水したときには間に合わず、ふもとの只見町と金山町の川口あたりまで、飲み込んでしまったということなのです。

金山町から国道252号線をまっすぐ行く只見なのですが、途中スノージェットを抜けてL字に曲がり、只見川を渡る橋があり、そこがダムになっていて、そこをわたると只見に入っていくようになっています。

そのダムそのものが無くなってしまったそうで、金山と只見は連絡路を分断され、金山から向かう道は、一度国道400号に入って昭和村に向かい、喰丸郵便局の脇の道を右に入って行かなくてはいけません。

ちなみに、その道の途中キャンプ場に入っいく左へ曲がる道があるのですが、その道に入り、キャンプ場の入り口のすぐ反対側が今土石産さんになります。

というわけで、今も只見町の皆さんは大変不便な想いをされているとのことでした。

旦那さんが話の中でポツリと話した言葉が印象的でした。

「みんな、只見の豪雨のことなんて、もう忘れてしまったんだろうね。」

僕は、この言葉に頭をハンマーでぶっ叩かれた思いがしました。

確かに福島じゃ震災、原発、放射能、豪雨にしても紀伊半島で沢山の犠牲者が出ました。

そして何より実際に只見川を見るまでは、豪雨のことをすっかり忘れていたのは、まさしく僕自身でした。

災害の大小や、犠牲者の多少で、知らず知らずの間に差をつける。

自分自身の心の奥深さ、わかっているようでわかっていない自分に気づかされる瞬間でした。

そういわれてみれば、会津豪雨の起きた日さえもわからない。

阪神大震災だって、中越地震だって、チェルノブイリだって、東海村のJOCだって、広島長崎だって、その日さえ忘れてしまったものがあるじゃないか。

僕は今まで、数え切れない悲劇の風化にどれほど加担してきたのだろう。

それなのに自分たちの身に降りかかったことは忘れないで、なんていって本当に伝わるのだろうか?

実際に身に降りかかった事でしか、人は風化に立ち向かえないんじゃないだろうか?

想像力だけでは、毎日泣いて暮らせないだろう。

そもそも、本当に忘れるということが「悪」なのだろうか?

忘れたくても忘れられない、って事のほうが実際なんじゃないだろうか?

他県に行って人の話を聞いて、しみじみ、人によっては、今回の震災が他人事なんだなぁ、と感じたし、

僕自身も、そこではそう思っても、ほかではそう思われるんだろうなと、思いました。

悲しんでいても解決はしない。

修行時代、僕は親方とお酒の席で、格好つけて「食えなくてもいい」と言った事があります。

そのとき親方は

「お前が食えなくなったら、お前の家族や、仲間がお前を放っておくわけないだろう。食えなくてもいいなんて、甘えたこと、二度と口にするんじゃねぇぞ!」

と、言ってくれました。

だから、僕は今こう考えます。

「僕は必ず誰かに想われている。」

自意識過剰かもしれません。

ただそう信じることで、風化や孤独を受け入れることができるかもしれない。

そして続けてこう考えます。

「だから僕は誰かのことを想い続ける。」

こうやって社会的な「風化」とは違った形で、一人ひとりの魂は守られていくんだと感じました。

風化防止も心がなければ、実際に訳もわからない子供たちに、ただ憎しみや悲しみの観念を押し付けてしまうだけになってしまうかもしれない。

僕は少なくとも、自分の娘に、誰かを憎んだり許さないといった感情を持って成長してほしいとは思わないし、そんなことをしたくない。

それが風化させないということなら、僕は全部、忘れてやる。

「悲しい思い出を消すことは出来ないけど、楽しい思い出を1つ増やすことは出来る。」(怒髪天 増子直純) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年ももちろん、やるよ、やるよ、やるよ! 盆久楽展。

今年も10月最初の三連休は、盆久楽展、開催します!

Img今年は、会員さん個展がお休みの年で、入って左の和室では、会員さんの選りすぐり持ち寄りの展示になります。

もちろん、会員さんの即売もぜひご覧になってください。

そして、毎度ながら我が家の床の間を開放して、山野草を中心に飾り付けます。

どっしりとした五葉松の盆栽を見て、会員さんの即売コーナーをでお買い物して、我が家で秋の草花を眺めながら、お茶 をすすって・・・。

といったコースできまりですね、こりゃ。

僕は当日、自宅でお客さん対応してますので、よろしくお願いします。

親父は会場と自宅を行き来していますので、タイミングで会えないこともあるかもしれませんが、ご了承ください。

そして、毎年自宅に足を運んでくださる方はご存知かと思いますが、今年も例年通りでいく予定です。

ぼんさいや「あべ」は最小限で最大限の御もてなしを目標にしています。

今できることで、たくさんの愛盆家さんの心が、穏やかな気持ちになってほしいと願います。

さぁ、さぁ、今年の秋は、楽しい思い出、1つ増やしちゃってくださいな!

当日お会いできることを楽しみにお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮で第20回日本盆栽作家協会展

9月30日(金)から、大宮の盆栽町にある盆栽美術館で、作家展が開催されます。

父、阿部健一も五葉松の模様木を出品します。

詳細→

展示スペースの都合から、展示期間は前、後期に分かれ、我が家の盆栽は前半の30日から10月5日までの展示になります。

親父は5日に美術館にいますので、空間有美の作風など、いろいろ話を聞いてみたい方は、ぜひ遊びにいらしてください。

僕は、こっちのお客さんを連れて5日の午後に美術館に行く予定です。

空間有美の、空間有美らしさが存分に表れている盆栽ですので、この機会にどうぞご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さわやか、空カフェマーケット。

本日は先月に引き続き、空カフェマーケットに参加してきました。

天気も最高で爽やか。

山の上は少し肌寒いくもありましたが、秋はもうすっかりやってきているのですね。

004

庭のシンボルツリーの紅葉です。日に照らされて白幹が綺麗でした。

年々弱ってきているのは、標高の高いこの場所では、周りに木々がないと、どうしても寒さや暑さに弱くなってしまうのだと思います。

まだまだ現役でこの庭にいて欲しいと思いました。

007相変わらずの苔玉ですが、紅葉が始まりつつあります。

一足先に秋を運んでくれるのも、苔玉の魅力かもしれません。

購入された皆さん、どうぞ新しい家族に癒されてください。

今日のマーケットは、竹で編むかごのワークショップ、ヨガもあり、とても穏やかな雰囲気でした。

途中、飯舘村の菅野さん夫婦が遊びに来てくれて、久しぶりの再会に思わず興奮してしまいました。

どちらかというと僕のほうが喋ってしまいましたが、それでも伺った話には、僕では到底表現できない、本人たちだからこそわかる想いがあるのだろうなと感じました。

菅野さんは「数字だけに捉われることなく、冷静に物事を判断したい。」と仰っていました。

少なくとも僕は、菅野さん夫婦が望む未来が、菅野さん夫婦にとって正しい未来だと信じています。

同じ数字でも受け取る人の器量で、現実は異なってくるものです。

まずは「そうなんだな。」と受け入れることで、お互いの理解が深まるんではないでしょうか?

正義は自分自身との対話です。誰も教えてくれません。

人に押し付ける正義もなければ、悲しみを伝染させる愛もありません。

今日空カフェで、菅野さん夫婦と言葉を交わせて良かったです。

なんだか元気になりました。

また北海道に戻るそうですが、福島に帰ってきたときはお互いに銀河系一元気な再会をしたいものです。

というわけでして、今日来ていただいたお客さん、参加された皆さん、空カフェさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしても、怒りたいことがあるんです。

僕はどうしても怒りたいことがあるんです。

こういった事は、今までブログで書くまいと思っていましたが、これだけは意思をはっきりさせたくて、書かせてください。

それはこの時期に日本が、原発技術を海外に売ること、世界が原発推進を目指すと言ったことです。

僕は、原発推進も脱原発も、実際にわからないことが一杯ありすぎて、どちらが正しいとか決めらんないけど、

すくなくとも、福島での悲劇は現在進行形なわけで、何も収束していない今、日本が国際社会を相手に、原発推進を発表することは、僕は悲しすぎるといいたいのです。

売れるものなら、何でも売ってしまおうなんて、安い精神で、本当の幸せが手に入るものか!

確かに物凄い地震や、馬鹿でかい津波が来ても壊れない原発は出来るかもしれない。

人間の欲は凄いから、何だって出来るかもしれない。

だけど、今はそうじゃないだろう。

たくさんの涙が、まだ止まらずに流れているんだよ。

「フクシマを教訓に」?

ふざけるんじゃないよ、もう教科書に載せる話かよ!

福島にきてみれば、歴史は今ここにしかないんだよ。

教訓は、ここで生きて死んでいく俺たちの人生でしか、物語れないんだよ!

福島に残るものも、離れるのも、これから精一杯生きた証が、歴史になっていくんだよ!

待てないんでしょうか?

経済は、止まったら死ぬんでしょうか?

僕らがインターネットや携帯やめて、文通しながら、自転車乗り回してもダメなんでしょうか?

僕らは、原発やめると、たちまち明日の米も買えない生活になっちまうんでしょうか?

原発やめると、それ以上に救えない命が増えるんでしょうか?

日本もアフリカみたいに、伝染病で子供たちがドンドン死んでいくんでしょうか?

どうしたら、ベトナムとか、カンボジアの人に、俺たちなんかより、あんたたちのほうがずっと豊かだって、伝えられるんでしょうか?

確かにあんたたちの子供は、聞いた事のない病気で死んじまったかもしれない。

そんでも、もう少し我慢すればさ、何かもっと優しい形で、エネルギー作れる技術開発してくれる人がでてくっかもしれねぇからさ、

だから、原発にだけは手ぇ、出さないでおくれよ。

死ぬのは町だけじゃないんだよ、あんたたちの精神も死んじまうんだよ。

俺たちはしょうがない、悲しんだって解決しないから。

もう前向いて生きてくしか他ないもの。

でも、同じ悲劇の可能性は、もう世界中から可能な限り無くしたほうがいいんじゃないかな。

その一端を今の日本が、担うって言うのは、これはひどい話でしょ。

歴史的な偉業を成すには、犠牲もやむを得ないなら、ラスコーリニコフと一緒じゃないか。

修行中にある人に、「地方から本物なんてでやしない。」といわれたことがあります。

確かに文化の中心が都会なら、本物も都会で生まれるかも知れません。

けど、それがこの悲しみを踏み台にした本物というのなら、それは何て安い精神でしょうか!

この悲劇こそ、曇りなき本物じゃないですか!

僕は原理主義が嫌いだし、なるようにしかならないと思って生きてるけど、今回の日本政府の態度には、しっかりと意見だけは言いたいと、ここに書かせていただきました。

僕は許せないといっているのではない、今は違うんじゃないか、とそういいたいのです。

「人生で一番危険なことは、かなえられるはずのない夢が、かなえられてしまうことなんだよ。」(ミヒャエル・エンデ「もも」岩波少年文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実生5年号、完成いたしました。(販売はまだ先よ。)

「五葉松の実生から5年で、何が出来るか?」をテーマに、5年前から1年毎に毎年作ってきましたBornsaiるねさんす実生号も、ついに最終の5年号が完成しました。

Bs52

今年は、やたら早い完成なのですが、実は4月頃には8割がた完成していました。

もちろん4年号までを作る過程で、同様に写真を撮りためていたりしていたのですが、実は震災後、原発の影響で福島を離れざるえなくなる可能性もあったので、

強制的に引っ剥がされる前に、必ず最後の5年号は完成させる覚悟で、3月の下旬ごろから密かに文章と写真は作っておきました。

その後。8月になり、文章と写真を構成して、いつもより3ヶ月くらい早い完成となったのです。

ページ数を数えると、最厚の47ページで、ホッチキスでギリギリ止まる厚さになりました。

内容は、図だし、植替え(根上がりの作り方など)、取り木、接ぎ木です。

写真をたくさん使いました。

ちなみに値段は500円を考えています。

まさか5年号完成の年が、こんなに感慨深い年になるとは思いませんでした。

福島の、吾妻五葉松の、盆栽の、実生の、5年の美しさの、空間有美の面白さ、少しでも伝わるように、この実生号、全巻、作りました。

4年号まで読んで、実践していただいた愛盆家のみなさん、今年こそ、実生の素晴らしさを感じることの出来る、最高の年ですよ!

まさに皆さんには、感謝の気持ちで一杯です。

ありがとうございました。

ちなみにご注文は、僕個人対応のため、仕事が少し落ち着く12月頃からはじめたいと思います。

お手元に届くまで、もうしばらく辛抱願います。

「待つこと、耐えることは、「いま」と「未来」とを確かに繋ぐ、最も前向きな生き方なのです。」(日野原重明)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロックンロールで世界が、福島が変わる瞬間を見た。

何が何でも行くって決めていた、風とロックSUPER野馬追い。

昨日、行ってきました。

動画見れます。→  

サンボの山口君、福島への愛が溢れていました。

僕は、本当に今、この時代、この瞬間、福島に生まれ、福島で生きていることに、計り知れない感謝を感じることが出来ました。

おそらくは、この会場にいたみんなは、そう感じていたかもしれません。

福島で生きるってことは、圧倒的なポジティブが必要だと僕は思います。

もう、僕は放射能なんかで、泣いたりなんかしない。

本当のロックを知ってしまったから。

ありがとう!ありがとう、ふくしま!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の誕生日でした。

今日は、娘の誕生日でした。

生まれてきてくれて、ありがとう!

この時代、この福島で、物凄い運命を感じています。

ちょうど一年前、午前中は福島にいて、飯舘村から遊びに来ていた菅野牧園のご夫婦とお話していて、お昼ごろ陣痛が始まった連絡を受け、急いで新幹線に飛び乗ったのですが、

東海道新幹線で出産の知らせを受けました。

ちょうど富士山が綺麗に窓から見えていたことが今でも印象深くおぼえています。

振り返ってみれば、その半年後、あの地震と原発事故、そしてまた半年が経ち、今日でちょうど1年。

そのとき遊びに来ていた菅野さんは北海道に移住され、いまは廃大豆でディーゼル燃料をつくる取り組みを仲間たちとされています。

奥さんは、今年の11月に出産予定です。

きっと世界一元気な赤ちゃんを産んでくれると信じています。

確かに、あの日を境に世界は変わってしまったし、多くの仲間たちが福島や故郷を離れて暮らしていますが、

それでも後を振り返ることなく、圧倒的な楽観主義でここまでこれたのは、娘の存在があったからだと確信しています。

菅野さんの言った言葉、「事故が起こる前のように、また多くの考えで議論できる日が来るといいね。」。

もう少し大きくなったら、仲間たちや、その子供たちと、この福島のこと、この未来のこと、盆栽のこと、沢山たくさんお話しような。

もちろん、誰が一番、面白いこと考えてるか。

負けてらんねーよ。

おやじだもん。

L01a0084

| | コメント (5) | トラックバック (0)

しびれた~!結婚式。

昨日、友人の結婚式が郡山のしゃぶしゃぶ温野菜 横塚店さんで行われました。

結婚式の様子が、アディカさんのブログで紹介されています。

僕も会場に盆栽、苔玉を飾らせていただきました。

それにしても、最初から最後までビックリでホットな時間で、とてもとても印象に残る楽しい結婚式でした。

結婚された二人の人柄と、ご縁の素晴らしさをシミジミ感じてしまいました。

こういった結婚式なら、何度呼ばれても(もちろん別な人ですよ。)いいなぁ、と思いました。

ところで、持っていった苔玉が大変好評で、ぼんさいや的にもうれしかったです。

依頼があったとき「いんですか、世間じゃ、苔が心配だって人もいますよ?」と念を押して聞いたら、

依頼された友人が「私が阿部さんの苔玉、大好きだから大丈夫ですよ!」と仰ってくださり、物凄く感動したし、彼女の意志の強さ、美しさに、猛烈に応えたいと思いました。

それができたかどうかは別として、お二人がとても感動して涙ぐんだ姿をみて、とにかく今の仕事をしていて、本当によかったなぁ、と心から感じました。

本当に、ほんとうに素敵な結婚式に関われたこと、幸せに思います。

ありがとうございました!そして末永くお幸せに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩いたぜ!ばかやろう!!

娘の栞が誕生日を待たずして、歩きました。

うちの子は性格出てますね。

まさに、歩くために立つ。

上手く立てもしないのに、足を出して、前のめりに進んで、思い切りコケル。

叫ぶ。

いいねぇ。

一生に一度の感動を、生で見ることが出来なかったけど、それでも僕は死ぬほど嬉しい。

お父ちゃんは、エレキギターなんて弾けやしないけど、それでも娘にこの歌を送ります。

「できっこないを やらなくちゃ」(サンボマスター)

やるんだよ!やるんだよ!ロックンロールはやるんだよ!!

その一歩は、未来に圧倒的なポジティブをもたらしたね。

ありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »