« 時雨れて。 | トップページ | 冬が来る前に。 »

槇坪監督、ありがとうございました。

9月24日、パオの槇坪監督が永眠いたしました。

すぐに知らせは頂いていたのですが、正直とても驚いて、ブログに載せるのをためらっていましたが、この度追悼上映が決定しましたので、お知らせします。

http://www.pao-jp.com/news/

※追悼上映会が各地で開かれます
12月3日〜愛知・名古屋シネマスコーレ「パオ全7作品」2週間モーニング上映
12月3、4日に長野・松本市「パオ全7作品」上映、(上映詳細ページ
・来年1月23日、24日に東京・町田市「母のいる場所」「わたしがSuKi」上映  

お近くにお住まいの方は、ぜひ足を運んでください。

槇坪監督のメッセージを作品を通して感じてほしいと思います。

僕個人としては、直接お会いしたのは2度だけ、しかも上映会と講演会の終わった後、上映会場の入り口で挨拶を交わしました。

今年の4月に福島のフォーラムにおこしくださったとき、挨拶した後、言葉が出てこず監督と数秒見つめあったことが、なんだか不思議な体験として記憶に残っています。

監督の事は、光永さんとの会話の中で色々と伺っていました。

それらエピソードは、これからも僕にとって大切な道しるべとして残っていくとおもいます。

槇坪監督、ありがとうございました。

|

« 時雨れて。 | トップページ | 冬が来る前に。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/43037090

この記事へのトラックバック一覧です: 槇坪監督、ありがとうございました。:

« 時雨れて。 | トップページ | 冬が来る前に。 »