« 菅野牧園さんから、ハッピーなお知らせ。 | トップページ | 実生5年号、販売いたします。 »

尊敬できる愛盆家さん。

今日、りんごを贈ったお客さんのお宅から電話があり、息子さんからの連絡で、ご本人の体調が悪いのかなと思ったら、まさか、先月末にお亡くなりになったというのです。

突然すぎです。心筋梗塞だったそうです。

今年の初めに入院されてから、確かに以前の元気は感じられなかったといえばそうですが、正直10月の末にみんなでお客さんの町の盆栽展に遊びに行って、お会いしたばかりだったので、信じられませんでした。

雑木盆栽のコレクションはおそらく福島県内随一の愛盆家さんで、まさに盆栽に遊んだ粋な方でした。

盆栽一本一本に、物語があり、丹精の日々があり、そのお話を伺うといかに盆栽がお好きなのかヒシヒシと感じました。

決して威張らず、僕みたいな三人前にも、とても優しく語りかけ、培養のポイントを丁寧に教えていただきました。

お棚に遊びにいくと、盆栽が一望できるお茶の間にあげていただき、いつもすばらしい歓待を受けさせていただきました。

盆栽愛好家さんの底上げにも尽力され、とても面倒見のいい方でした。

毎年、盆久楽展にも会員さんと遊びに来てくださり、僕らも毎年会員さんと展示会を見に行くのが楽しみでした。

親父とも、業者と愛好家さんの枠を超えて、本気で盆栽の話が出来る、本当の「愛」盆家さんでした。

ましてや五葉松家と雑木家でしたが、本気の好きに通ずるものがあったのかもしれません。

「俺は盆栽やって50年なるけど、熱が冷めないんだ。」

口癖のようにいつも仰っていました。

とにかく、愛盆家以前に人としての「格」が違いました。

実は、なくなる直前、僕は中品のシンパクの手入れをさせていただきました。

そして最後にお会いしたとき、地震で棚から落とされた五葉松の樹幹部を直してほしいと、ご自宅の棚場でお仕事させていただきました。

また、地震で枝が折れた盆栽を「若いんだから、もう一度じっくり作り直してみろよ。」と譲り受けました。

まさか形見になるなんて思いもよりませんでした。

本当に、盆栽に遊び、盆栽人生を全うした、本物の愛盆家さんでした。

突然の訃報に、まだ現実を受け入れられない気持ちですが、とても尊敬していました。

どうか天国にいっても好きなだけ盆栽を楽しんでください。

ありがとうございました。

|

« 菅野牧園さんから、ハッピーなお知らせ。 | トップページ | 実生5年号、販売いたします。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/43329853

この記事へのトラックバック一覧です: 尊敬できる愛盆家さん。:

« 菅野牧園さんから、ハッピーなお知らせ。 | トップページ | 実生5年号、販売いたします。 »