« 6月23,24日旧佐久間邸でぼんさいや「あべ」の夏飾り、今年もやります! | トップページ | 殺菌剤、間に合ったぁー。 »

暑くない初夏

今年は今一つ暑くなりませんね。

衣替えした五葉松の芽も伸びが遅いですし、庭の刈込も去年ならとっくに終わっているんですが、今年はまだこれからといったところです。

それでも例年通り、雑木の葉刈りと赤松の芽切りは6月に入ってすぐに済ませました。

雑木といっても我が家で葉刈りするのは長寿梅がメインで、あとはぼちぼち。

五葉松ばかりの庭ですし、雑木も芽出し前の剪定と芽摘み位ですから、葉刈り作業はすぐに終わってしまいます。

赤松の芽切は早く感じるかもしれませんが、神奈川での修業時代に学んだタイミングで芽切をすると、猛暑ならいいんですが、寒い夏になると、まるで芽が伸びず、帰省後何本か瀕死にしてしまいました。

やはり住む場所の気候が大きく影響しているみたいで、そこに住む盆栽家さんで、芽切の達人に教えていただくのが一番だと、いろいろその方に伺って、実践しているわけです。

芽切は、まだまだ研究の余地が大きくて、これから楽しみな作業のひとつですね。

そして、今年はさつきの花がやたら遅いです。

我が家のさつき盆栽の花もようやくちらほら咲き始まった感じで、例年よりずっと遅く感じます。

我が家にも爺さんが手挿して60年以上になるさつきがわずかですが残っています。

修業中も、帰ってきてからも松柏中心の仕事でしたから、さつきに触ることははっきり言って一切なかったのですが、

帰ってきてから、長いぼんさいや「あべ」の歴史の中で自然と淘汰されかかっていたさつき盆栽を復活させようと、初めて手入れをさせてもらいました。

もう3年目ですが、ようやく花が咲くようになってきました。

見てみると、いろんな色や形の花が咲いていて、ちょっと感動です。

なんでも食わず嫌いってあるようで、いじってみると案外面白いことに気が付きました。

もちろん爺ちゃんのさつきを無駄にできないという気持ちで始めたので、あくまで数を増やす気もありませんが、これからますます花付きよく、姿よくなっていくことを想像すると、うれしくてなりませんね。

それにしても、涼しい夏になるんですかね。

暑苦しいくらいじゃないと、盆栽の涼しさがみなさんの心象にとどかないじゃないですか。

心頭めっきゃくすれば、夏もまた涼し。

でも、やせ我慢はいけませんよー。

健康第一で来る夏を迎えましょう。

|

« 6月23,24日旧佐久間邸でぼんさいや「あべ」の夏飾り、今年もやります! | トップページ | 殺菌剤、間に合ったぁー。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/45543496

この記事へのトラックバック一覧です: 暑くない初夏:

« 6月23,24日旧佐久間邸でぼんさいや「あべ」の夏飾り、今年もやります! | トップページ | 殺菌剤、間に合ったぁー。 »