« 世界一の砲丸づくり、辻谷さんに感動! | トップページ | 梁風盆栽展に、協力出品させて頂いています。 »

実生80年の幹肌

今日は我が家の盆栽会、盆久楽会の講習会でした。

会員さんの一人が、うちの爺さんが20の時に実生した盆栽を持ってきました。

007
実生84年。持ち込み古く、鉢に入って50年は経っているそうです。

吾妻五葉松に多くみられる傾向ですが、樹が古くなると幹肌が紫色を帯びてきます。

展示会などで、そういった古木を見つけたら吾妻五葉松の可能性が考えられます。

ちなみに日暮しは、岩石性に近いです。

078
こっちは樹齢800年超の幹肌です。肌はクロマツのように荒れています。

持ち込みの古さを見るとき、一つの目安になるのが肌がどこまで荒れているかです。

たとえ山で100年経ていても、鉢に入って盆栽に仕立てようと思えば、あくまで持ち込みは一年生です。

そういった木は大概、幹肌に似合わず枝元がプリプリに若いもんです。

実生80年経っていようとも、幹ではなく枝にまで肌荒れが及ぶには、鉢で持ち込んでいかないといけません。

国風展などで国風賞をとるような古木になりますと、枝先近くまで肌がバリバリと荒れているものです。

持ち込み初めが明治、大正ともなれば、鉢の中で100年は経ているわけですから、枝の更新をまめに図ったとしても、それなりに枝先まで肌荒れが及ぶわけです。

人によってそれを「古色(こしょく)」なんて呼びますね。

小枝がいっぱいついていて幹が隠れるくらい賑やかになっているからといって、必ずしも気が古いとは限りません。

大体、山を歩けば古木は、日の当たる場所の枝を残しながら自分で空間を作り、姿を出していきわけです。

枝葉がモリモリとして幹を隠すくらいの状態は、若木に多くみられます。

幹肌の古さに合わせようと思えば、枝葉を巧みにさばいて、空間有美を意識するのは、自然らしさの理にかなっていると、そう思えてきます。

ちなみに実生84年の幹肌のスタンダードがわかれば、巷でつけてる樹齢と比べてみたときに、色々と感じるものがあると思います。

そんで若い木が実生で、古色を帯びてきた途端にヤマドリだなんて、安易な仕分けをしている人に振り回されないよう、実生愛盆家さんは、気を付けてほしいなと願います。

盆栽というのは、どこまで行っても人と樹の関わりでしかないから、世間にどこぞの古い木が溢れたとしても、我が子のように可愛がっているご自身の樹を大切に持ち込んでいってほしいです。

だってね、樹は必ず最後は枯れるんです。生き物だから。

今ある名木、古木もね伝承の過程でいつか必ず枯れてなくなるんです。運命ですから。

350年後に盆栽があるかわからないけど、350年前の今に誰かがやらなきゃ、それさえもないんです。

実生愛盆家さんたちは、盆栽史上に名を残さずとも、その木は残ります。

言ってみれば、未来を作っているのはそんな名もなき愛盆家さんたちです。

誰が認めないって?

少なくとも僕は、最高の尊敬を捧げます。

|

« 世界一の砲丸づくり、辻谷さんに感動! | トップページ | 梁風盆栽展に、協力出品させて頂いています。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/49473632

この記事へのトラックバック一覧です: 実生80年の幹肌:

« 世界一の砲丸づくり、辻谷さんに感動! | トップページ | 梁風盆栽展に、協力出品させて頂いています。 »