« 五葉松の種、今年は販売しません。 | トップページ | 実生80年の幹肌 »

世界一の砲丸づくり、辻谷さんに感動!

2月11日、建国記念日、福島市のポリテクセンターで世界一の砲丸職人、辻谷政久氏の講演会に行ってきました。

採用と教育さんの主催で、我が家の盆栽も飾らせていただきました。

アディカさんのブログより→

僕が辻谷さんとお話しさせていただき感じたことは、81歳にもかかわらず、しっかりとご自分の境界線をもっていて、自立された方だということです。

ご自身の生き方に自信をもっている、主体性というものを強く感じました。

講演の中で、「私の最大の失敗は、あとの世代に上にいけるだけの、バトンタッチの余裕を残してあげなかったことです。」と仰っていました。

「我々のような家族経営の小さな会社は、何が何でも頂点に上り詰めてはいけないんです。」と。

世界一の砲丸を作り上げる職人さんだからこそ、言える言葉だと思いましたし、決してご自分の仕事にのみ満足するような人ではなく、次の世代、時代のことまで広い視野で考えていらっしゃるんだなと思いました。

そして、辻谷さんの息子さんと会って話してみたいなーと思いました。

講演のあと、辻谷さんに「きっと息子さんも息子さんがつくる世界一のものを作ってくれると信じています。」といったら、

「私もそう思います。」と仰っていました。

僕は、自分自身に言ってもらえたような気持ちになって、とてもうれしい気持ちになりました。

ところで、次の日、採用と教育の半田さんが我が家に辻谷さんをお連れしてくださいました。

採用と教育さんのブログ→

辻谷さんは、今でも夜遅くまで専門誌(科学誌など)を読んで勉強されているそうです。

半田さんが「経営の勉強はされないんですか?」と尋ねたら、

「いえ、読みません」それで「それを読んでいても経営のアイディアは湧いてきますか?」と僕が尋ねたら「そうですね。一つのことを突き詰めれば、湧いてきます。」と仰りました。

くぅー!これだよ、職人の感性が最大限詰まった生き方。

もう、泣きそうなくらい格好よかったです。

最後に講演で次の世代にこれだけは伝えたい思いを尋ねられて、辻谷さんは、

「人の技術をまねること」

と仰っていました。

僕の神様がまた一人増えました。

辻谷さん、半田さん、ありがとうございました。

032


|

« 五葉松の種、今年は販売しません。 | トップページ | 実生80年の幹肌 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/49409787

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一の砲丸づくり、辻谷さんに感動!:

« 五葉松の種、今年は販売しません。 | トップページ | 実生80年の幹肌 »