« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

紅葉綺麗なもんだよね。

ようやく紅葉が面白いようにはじまりました。

002323

ハウチワカエデ。

084565656

ここまで来ると、紅葉も奇跡的ですね。

02066

白花のハナミズキ。何故か街路樹みたいに赤黒く紅葉しません。

透き通った赤になります。

02366

こちらは紅葉は白木。約束の赤。

888

もういちどサトウカエデ。

今年は僕なりに紅葉がきれいになるべく工夫をしました。

そして、思うようにハマった感じもしました。

けど、葉っぱは自然に染まるし、僕が染めたわけではありません。

来年以降も、まだまだ実践と考察が必要そうです。

それにしても、手間をかけた分だけ、このご褒美はたまりませんね。

うれしいじゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆久楽展2013 ぼんさいや「あべ」編

盆久楽展会期中、我が家に足を運んでくださる愛盆家さんをおもてなすために、自宅に寄せ植えを中心に飾り付けています。

今回はその作品を紹介したいと思います。

0694545

床の間には秋の代名詞がそろいました。

アキノキリンソウ、リンドウ、ススキを中心に寄せられています。

ちなみにリンドウとアキノキリンソウは飛び込みです。

0721

こちらは夏飾りでも活躍した流木の寄せ植え。斑入りのイワミツバは長く楽しめるし丈夫なので使いやすい素材です。

0731

ここ数年はモミジの紅葉が展示会に間に合わない年が続きます。

今年もまだ青々としたモミジを飾りました。(今現在、この鉢は紅葉し始めています。)

0741

ガマズミ。毎年実を成らせるのは至難の業ですが、今年はタワワに実りました。

これも秋の里山にごく普通に自生している代表選手の一つですね。

0751

清澄白山菊。この菊はちょうど11月ごろから咲き始めて12月まで鑑賞できます。

写真の頃はまだ蕾ですが、この洒落た立ち姿が何ともいえない雰囲気を醸し出しています。

植えこんで2年目ですが、毎年小さくなるものを、相当な肥培管理で育てました。

0781

左から、赤く紅葉しているのはオトコヨウゾメ。

真ん中は風鈴ガマズミ。

一番右は山モミジの寄せ植えです。

オトコヨウゾメは、実なりも可愛いし、紅葉も鮮やかですが、枝枯れを起こしやすく、肥培管理の難しい木です。

フウリンガマズミは、もともと幹が太りにくいので、文人調に仕立てやすい木でもあります。

0791

山モミジのおとなしい素材も、寄せ植えにすると案外飾り映えする木になります。

植えたときはさみしい感じがしても、しっかりと芽摘み葉透かしを続ければ、1,2年でも違いが出てきます。

その代り手入れを怠ると、壊れるのも早いのもモミジの特徴です。

0801

アメリカヅタ。一番早く紅葉するのはいつもツタたちです。

まだ色づきの浅い庭を彩ってくれる孝行者です。

0811

トネリコ。この種類は葉の形が似ていても種類が違うもので、おそらくはアオダモと言われるのはこの木だと思います。

この木は夏の涼しげな姿もいいですが、秋の紅葉が紫色の色づいて独特なのです。

もっと寄せ植えに取り入れていきたい樹種だと思います。

0831

コトネアスターのオータムファイアーです。細かな枝にはなりませんが、あまりゴツクならずに、ふんわりと仕上がるので、寄せ植えなんかにも適しています。

展示会の添えとしても石に付けたりして活躍しています。

084999

おもてなしの玄関。

ロウヤ柿の文人樹であっさりと秋を演出です。

0851

小さな鉢にも、大文字草とユキノシタ「御所車」が植えられています。

0881

このモミジは細幹で細かい振りと、コケ順の良さが気に入っています。

あまり枝をかっちり作らずに、この木の個性を殺さないようあっさりと仕上げていきたいと思っています。

0861

これはまだまだ珍しい、アメリカのツリバナマユミです。

実がイガイガしていて、とっても可愛らしい実姿です。

0871

この寄せ植えは、ずっと流木についていたのですが、成長と共に流木と合わなくなってきたので、外して石に寄せ植えたものです。

089

バイカツツジを中心にした寄せ植えです。

まだまだ色づきまで時間がかかりそうです。(現在もまだ7割くらいです)

0716969

角には、トチノキの苔玉を置きました。

トチノキの佇まいは何とも言えないですね。落ち着くというか、落ち着かされるというか。

こうやって様々な種類の草木を眺めて、あくまで僕や家族が感じる主観的な感情と、その表現が、

足を運んでくれる愛盆家さんの感情に触れて、美しさを分かち合えることに、最大の感動があるのではないでしょうか。

本当の感動って、世間や社会や家族ですらも入れない絶対領域だと思うんです。

その人自身が自分の感動をちゃんと好いてないと、しっかりとその感動を飲み込んで、活き活きとはできない。

それがないと満たされない思いのまま、やみくもに盆栽を買いあさったりするようになる。

評価は世間が決めるものです。盆栽も世間のものです。ステータスにもなるし、お金にも変わる。

けど、感動は自分自身の感情の問題です。簡単に他人に踏み込まれたり、受け渡しするような安い代物とはわけが違う。

だからこそ、感動を分かち合えることに、情熱を傾けるだけの価値があるんだと僕は思います。

だからこそ、出会いに感謝出来るんだと思います。

というわけで、今回盆久楽展に足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。

また来年も楽しみにお待ちくださいませ!

0061

会期中日に出た綺麗な虹、悪天候もまた悪くないものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆久楽展2013レポート 会場編②

盆久楽展のレポート続きは、会員さん個展です。

恒例の会員さん個展、今年は阿部憲治さんです。

毎年展示会期間中、会員さんによる盆栽の即売コーナーに足を運んでくださる方は、ご存じかと思いますが、今回は即売所の顔である会員さんの個展でした。

この方は、自分の畑で仕立てた実生樹がメインで、本人も新作りから作り込んでいる筋金入りです。

0371

正面の床の間には、宮島五葉の双幹。

小さな苗木だったものを畑に下ろして仕立て直したそうです。

0391

こちらも本人の畑で仕立てたもの。

実生で30年から40年のものが殆どだとおっしゃっていました。

0401

洒落た米栂の石付。枝を薄く作ることで、米栂の自然らしさを殺さないように努めています。

0427
これも実生樹。一番下の枝を伏せこんで作り、根連なりのようにしています。

0431

これも実生から畑で仕立てたもの。展示会場近くの愛盆家さんが、この仕立て方を得意としていました。

祖父からアドバイスを受けて、盛土を少しずつ掻いて、底上げしていったものです。

0441

会員さん個展は、その方の好みも浮き出てきますので、面白いと思います。

もちろん選定の段階で、展示のバランスも考慮しますので、会員さんのベストの順で飾られるとは限らないのですが、それでも好みは浮き出てくるものです。

0461

取り木で仕立てた文人です。

持ち込みを重ねるとさらに「らしさ」が際立ってくるともいます。

0471

風の強い自生地を彷彿させます。

このように大らかな樹姿が少なくなってきています。

三角形に収めてしまえば、確かに姿は安定します。

人間が本能的に落ち着いて見えるのはシンメトリーだそうです。

動物的にモテるのもシンメトリーだと竹内久美子さんが言っています。

確かに納得しますね。

吾妻の山を歩いていると、そのワイルドさにドキドキしたり、ハラハラしたり、ビックリしたりと感情が揺さぶられまくります。

こんなものを心の安全を求める人たちが受け入れがたいのも仕方ないのかもしれません。

けれども「自然らしさ」を手離せないのも人の心です。

この「矛盾」こそが本質だと僕は思うし、その中に「空間有美」の表現は存在するともいえるのです。

そんな難しげな話をしなくても、目の前の盆栽を見て、何を感じるか、何を求めるか、それを自分自身と対話できる人なら、説明はいらないと思います。

0481

赤松の石付。

始めつけたころは、まだまだ樹も若かったし、石と馴染まなかったのですが、数年してから久しぶりに見たときは、その落ち着きぶりに感心したものです。

持ち込みの大切さを再認識した木でもあります。

0491

個展コーナーの隅には、奥さん(この方も会員さんです)の寄せ植えを飾りました。

奥さんが個展をやったときは10年近く前なのですが、あの時展示した作品とは違う樹をだいぶ出しています。

0501

中品の模様木。

葉性が抜群です。これからの持ち込みでさらにグングン樹格が増していくと思います。

0511

双幹のようですが、張り出した幹の途中の枝にも樹幹部を設けている、ちょっと変わった樹です。

0521

取り木です。この会員さんは、取り木で自然態の立木を数多く仕立てています。

幹は素直でも、枝の使い方で、多彩なバリエーションの景色が作れるのも、こういった立木の特徴かと思います。

0531

立ち上がりに子供が付いている双幹。

これも自然態の味のある樹形になっています。

0571

個展会場の全体写真です。

こうやって一体性を持って飾られた展示会場は壮観です。

個展といっても、盆久楽会員の個展ですから、しっかりとした「テーマ」をもって飾られています。

だからこそファンが離れないし、愛される展示会として継続しているんだなと思います。

もちろん、会員さんの高齢化は我が会にも一つの課題としてありますし、あと何年今と同じスタイルで続けていけるかというのも気にならないと言えばウソになります。

ただ、これだけは言えるのは、「一年一年、一回一回を楽しく真剣にやる」という事です。

結果は結果です。

最後に残るのは、愛盆家さん一人一人が、自分自身の人生において、どう盆栽と向き合ってきたかです。

高齢化も意地の悪い盆栽仲間も、あなたの盆栽人生の一要素になるにせよ、全てにはなりません。

ということで、大先輩には最後までご自分の盆栽道を楽しく過ごしてほしいし、若い愛盆家さんたちには、仲間を増やすことだけでなく、目の前の愛しい盆栽たちを今よりも良くしてあげることに夢中になってもらいたいなと思います。

出会いは、自然の配慮ですから、焦らずじっくり向き合ってもらいたいです。

今回の会員さんも、飾る直前までドキドキ、ワクワクしながら過ごしていたそうです。

会を終えて、最高の達成感と、また来年の展示会、即売に向けての新たな気持ちで清々しい気持ちになったそうです。

というわけで、今を全力で楽しんでいること間違いなしの、盆久楽展、会員さん個展コーナーの紹介でした。

次回は、ぼんさいや「あべ」に飾り付けた盆栽編です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆久楽展2013レポート 会場編①

今年も沢山の愛盆家さんたちに足を運んでいただいた盆久楽展、本当にありがとうございました。

少しレポートが遅くなりましたが、早速会場から、順にレポートしていきたいと思ます。

0011

この木は会員さんが山採り木として細ーい苗を購入し、畑で仕立てたものだそうです。

随分個性的な樹形をしています。

0032

こちらも別の会員さんが山に生えた小さな苗木を畑で仕立て直したものを盆栽に作ったものです。4幹ですが、全く嫌味を感じさせません。

いかに愛盆家さんが観念に振り回されているか反省させられる木でもあります。

0051

この木は、今は無くなった近所の盆栽やさんから、お客さんが求めてきたときには、ただの棒のような木でした。親父が長ーい枝を思い切り下げて、新作りをした時の写真を見ると、盆栽の可能性を感じずにはいれません。

それから20年近く経て、独特の個性を放つ木に成長しています。

0131

山木が続きましたが、この木は我が家から出た実生樹です。56年生です。

葉性と、根張り良さに特徴があります。

腰が高い木を嫌う人もいますが、高さがあると自然らしい景色を出しやすく、僕個人としては作りがいのある樹形だと思っています。

0171

我が家の木です。取り木後40年以上経過しています。右側の子供たちにこの木の面白さが出ていますね。

0201

この木も我が家の出身で、実生45年経っています。

母親が嫁いで間もない頃、初めて曲をつけた実生苗が、こんなすんごい木になりました。

0321

この木も上の木と同じおふくろの手で曲をつけてもらって40年以上経つ兄弟木です。

もう足元の時代感は、実生といっても信じてくれない人もいるくらいです。

0241

元接ぎ30年以上経ています。幹模様が単調に思えても、枝使いと、持ち込みで木の価値はまだまだ進化します。

どんな樹にも同じ服を着せるように、同じ景色をつけてしまうから、樹の個性が隠れてしまったり、嫌味に見えてしまったりという事になるのです。

どんな樹にもその木にあった景色を考えてあげるから、どんな樹でも盆栽になると、祖父は言ったのです。

0261

この木は数年前に会員さん個展で出展されています。その時は一番下の枝がかなり長く残されていましたが、アクシデントで詰めざる得なくなりました。

それでもまた数年経て、新たに展示会デビューです。

こうやって、常に景色を変えながらも成長していく姿を見れるのも、展示会の面白さです。

0271

畳一枚分もある大きな盆栽。お客さんの梨畑の脇で育てられた実生木です。

ここまで大きいと威圧感や重たさを感じてしまうものが多いのですが、この木は不思議とそれを感じません。

吾妻の山を歩いた人はわかると思いますが、かなりその自然をイメージさせられる盆栽だと思います。

0281

この木は僕ですね。実生56年です。

自然株といって、実生苗の中にも、取り木ではなく自然に枝分かれから根が下りるものがあります。

この手は取り木ものと違って、足元が膨らまないのが特徴です。

0301
会員さんの畑で仕立てられた実生木。

幹が自然と腐りこんで、舎利になりました。

畑でも山でも、人の手が加わらずに舎利になる事は十分あることです。

0357

元接ぎ40年以上。盆養3年です。それまでは畑にあった一素材でした。

新作りから、一気に肥培すると仕上がりも早くなります。

その間毎年のように針金を掛け外し、古葉刈りも怠らない。

「五葉松は肥料が多いと葉が伸びる」、「水が多いと葉が伸びる」といって、水と肥料を極端に少なくする人もいますが、それはさじ加減によっては、良い面にもなるという事です。

0611

元接ぎ40年。福吾妻です。

おとなしい幹模様ですが、複雑な枝使いで景色を作っています。

0631

こちらは中小品の席飾りです。型にこだわらない飾りをしてます。

五葉松愛溢れた飾りですね。

0645555

どんなに小さくても枝を振付けて景色を作っていきます。

骨ばかり良くても、マリモみたいな樹では面白味がありません。

奇妙な樹を作るのが盆栽だとは思いません。

どんな樹であっても、景色を表現するのが盆栽なのではないでしょうか?

0621

これは親父の作品です。

実生85年。吾妻錦の親木です。

ここまで来ると風格も別次元になってきます。

作風と時代感がマッチしてくれば、尚更、表現の深みが増してくるものです。

盆久楽展の一番の特徴は、展示品の作風が「空間有美」で統一されているという事です。

会の一体性がしっかりしているので、会場全体の雰囲気でお客さんが感動する、そんな展示会なのです。

一点一点の作品に優劣をつけてしまえばそれまでですが、どの作品もこの会場が作る感動に欠かせないものなのです。

普段ライフスタイルも考え方も違う人たちが、多くの方たちに愛される展示会を続けていくという事は、単に自分の作品を飾りたいとか、展示会に出して義理を果たすとか、そんなことを超えて、一体性を持つという事が、意外と大事なんじゃないかと最近思います。

作品自慢も大いに重要ですが、やはり来て頂いた方の立場に立って、感謝の気持ちを忘れない、そんな展示会でありたいと願います。

それでは、次回は会場編②、会員さん個展の様子をレポートしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮盆栽美術館、作家展開催中です。

大宮盆栽美術館で我が家の盆栽が飾られています。

典型的な筏ぶきの木です。

ぜひぜひ。

http://www.bonsai-art-museum.jp/sisetsu/info.php?id=289

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼんさいやあべ、紅葉、ぼちぼちピーク。

展示会が終わりましたが、中々リポート書くにいたりません。

しばしの御待ちを。

ところで、ぼんさいやあべの庭もぼちぼち紅葉し始めています。

888

写真は、サトウカエデ(メープル)。

遊び心ですね。

紅葉の美しさは、国宝級です。って、カナダのなのか、日本のなのか。

021987

010464646

今年も来てくれました、アサギマダラ。

しかも3匹も!

それでは、みなさんも素敵な秋をお過ごしくださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TUFチャンネルで、日々精進、みれますよー!

わたくしが出演したTUFのはぴスタ「日々精進」が、youtubeのTUFチャンネルでご覧いただけます。水津さんと服がかぶるという神業をやってのけたわたくしにぜひご注目!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日、福島民報で!

明日、福島民報、朝刊で採用と教育半田真仁さんのコラムにて、ぼんさいや「あべ」紹介していただいてます。ぜひぜひ必読!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

21日(月)、TUFのはぴスタに生放送出演します!

21日(月)の9時55分から、TUFの「はぴスタ」に生放送で出演します。

水津アナの日々精進というコーナーで盆栽紹介してもらいます。

みてくださいねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆久楽展、ありがとうございました!!

盆久楽展、ありがとうございました。

3日間大盛況でした。

沢山の方に足を運んでいただいて、感謝です。

このご恩を、明日からまた出会う愛盆家さんにその一部でもお返しできればと願っています。

028666

レポートは後日しっかりと書きたいと思います。

しばしお待ちくださいね。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆久楽展、明日から3日間開催。五葉松マニアなら来ちゃいなよ!

いよいよ明日から3日間、盆久楽展が開催されます。

001

今日無事に飾り付けが終了しました。

空間有美の作風で統一された展示会は、恐らく世界一、テーマがはっきりした展示会なんじゃないかって思えるくらいです。

そんで、会員さんたちの「五葉松愛」の半端なさに打ちのめされる展示会でもあります。

そんで、盆久楽展マニアからの見どころですが、空間有美の作風や、実生から育てた五葉松たちの面白さに隠れて、添えに使っている山野草の寄せ植えの完成度の高さ、渋い五葉松を引き立てる自然らしい華やかさを備えた寄せ植えたちにも注目してください。

それでは、当日会場で会員一同おまちしています。

ちなみに、即売コーナーもかなりの充実度です、お見逃しなく!!

0645555

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕焼け空は赤い。

今日、仕事場で仕事をしていると、窓の外が真っ赤に見えた。

そんで僕の夕焼けセンサーがビビッときて、あわてて外に出ると、久しぶりにとんでもなく赤い空だった。

10966

子供のころから夕焼けが好きでした。

大学生の頃は、バイクで夕焼けがきれいに見えるスポットを探しては、眺めに行っていました。

八甲田山に沈む夕日に何度心を慰めてもらったかわからない。

修業中も、関東平野に沈む夕日は綺麗だった。

小田急線の登戸駅を過ぎて、多摩川から見る夕日も綺麗だった。

あの僅か十数分の黄昏時、僕の心はいつも躍ります。

理屈なんてないんです、感性が反応してしまう。

「あっ、生きててよかったな。」って一瞬でも思える時間なんです。

自然から僕らが得られるものの中で、これこそが僕たちが本当に表現したいものなのかもしれません。

何の為に生きているかわからない、それは確かにつらいことかもしれない。

けど、美しい夕日を人生のうちで何度か見れたことだって、十分に幸せな時間だと言ってもいいじゃないか。

誰に誇るでもない、自分の胸に誇ってもいいじゃないか。

少なくとも僕は、美しい夕日を見るために生きていると言いたい。

それだけでも、今日一日、僕の人生は十分に価値があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »