« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

秋最後の打ち上げ花火。

0025656

琴の糸。今年も沢山の木々が紅葉してくれました。

本当に一年の丹精をねぎらってくれる、最高のプレゼントを盆栽達から受け取りました。

12月に入るとすぐに保護室に取り込みはじまります。

もう来年の準備が始まるわけです。

ありがとうみんな!

来年も厳冬、酷暑、暴風、大雨、日照り。

沢山のつらい事あると思うけど、一緒にのりきろーぜ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紅葉、晩秋の輝き。

庭の紅葉も盛りを過ぎて、いよいよ冬に向かって駆け足出しました今日この頃です。

046123

これは散り始める前の庭。これから3日も経たずにドンドンと葉は散り始めました。

03099696

ハウチワカエデ。夏飾りでも活躍してくれた一鉢です。

027998

03455

山モミジの寄せ植え。

02122

こちらも夏飾りに使いました。夏も秋も、この心を満たす高揚感。たまらんねぇ。

03765656

山モミジ。草は枯れて尚輝いています。遅い紅葉が見せる哀愁の景色。

039666555

この青々と茂った季節が懐かしい。

02698989

ナナカマド。里での紅葉は難しい。今年は最高のご褒美をもらっちゃいました。

0065656

五月、花の頃。

043456

こちらも山モミジ寄せ植え。

0791

盆久楽展の頃。本来ならこの紅葉を沢山の方に見てもらいたかったですね。

0259999

先日、はぴスタに持って行ったバイカツツジの流木寄せ。バイカツツジの赤は照葉で美しい。約束の赤です。

028989

こちらも里山の定番、アブラツツジ。バイカと違い、スッキリとした葉が濃い赤に染まります。

02999

紅鏡。赤い葉が夏に一度色褪せますが、秋になるとそれ以上の赤に染まります。生まれたときから「赤」を背負う運命。丹精するこちらにもその重みが伝わってきます。

0405656

風鈴ガマズミ。赤い実も可愛いですが、紅葉もなかなか美しい。

0386565

これは少し珍しいゴンズイ。赤い実から黒い実が弾けるのが見どころですが、紅葉も意外と美しい。枝打ちが荒いですが、作り方では、お洒落になると思います。

鉢は風で落とされ割れてので、来年はもう少し粋な鉢合わせを考えています。

04199

我が家にある白木では最も古いものです。鉢に入って30年以上経っています。

一度枝枯れがひどかったので、鉢を緩めて、肥培管理を見直しています。

紅葉は相変わらず美しく、期待を裏切らないこの木には感謝の気持ちです。

00166

最後は大宮盆栽美術館で飾らせて頂いた、筏ぶきです。

ざ、吾妻山といった感じですね。

今にも強い風にさらされた景色が浮かんできます。

というわけで、晩秋のぼんさいや「あべ」、輝いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あした、2会場でぼんさいや。

明日、福島市のまちなか広場で、ふくのさと祭り。

 

そして、台風のため延期になったテシゴト市場、あづま運動公園のイチョウ並木で開催します。http://www.geocities.jp/f_azuma_teshigot/

こちらは急遽、母と姉に任せて、僕はまちなかに行きます。テシゴト用に作った作品もたくさんありますので、中止にならなくてよかったぁ。

持っていく作品は微妙に変えています。

街中は五葉松のミニ盆栽と、中品の松柏もせっかくなんでもっていきます。

運動公園は、苔玉、山野草の寄せ植え、雑木中心です。

まさかとは思いますが、どちらも来ちゃったりするディープな方、大歓迎です。

雨が降ると、苔が乾燥しないので、余計綺麗ですから、雨ザーザー降ってたら、「よしっ」て思って、出かけましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »