« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

好きな葉っぱ。

028887

ハウチワカエデ「舞孔雀(まいくじゃく)」。

恐らくは実生じゃないかな?珍しい素材です。

舞孔雀は、カエデの中でも特に好きな素材。

葉っぱもそうですが、枝打ちも優しい。

けれど意外と培養は難しくて、肥料が弱いと頭から弱って来るし、葉っぱがきれいに出揃いにくい。

それにしも、春の芽出しから紅葉までずっと楽しめるのがハウチワカエデの魅力だね。

ちなみに盆栽の世界でいう「イタヤカエデ」がこのハウチワとかコハウチワの事みたいです。

イタヤカエデは、芽出しがキラキラ、オレンジ色で黄色い花が同時に咲きます。森や林の中では一際大木になる種類です。そんで照葉で、絶対赤く紅葉しません。黄色です。

けれど、このイタヤカエデも、白くてなめらかな幹肌と、透き通る照葉の葉っぱが何ともお洒落なんですよね。

ま、どんな樹も、その木の魅力を引き出してあげなさいって、倉吉爺さんもいってましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆栽作って、お寿司も食べて。

夏飾りの後は、福島市のお寿司屋、江戸政さんで苔玉ワークショップと寿司ランチは如何ですか?

是非参加して下さいね。

以下、江戸政さんのFBページより転載です。

『THE BONSAI 
盆栽とお鮨の時間』

「ぼんさいや あべ」さんをお呼びして、苔玉を使って盆栽ワークショップを開催致します!
盆栽終了後、エドマサのすしランチを御堪能いただく、素敵な日曜日の提案です(^_^)

盆栽が初めての方でも参加OK!お部屋のアクセントになるモダンな盆栽を創りましょう!
興味のある方は、エドマサで盆栽体験してみませんか(^o^)

とき  7月5日(日)
10:00~12:00盆栽体験
12:30~13:30すしランチ

ところ  江戸政
http://goo.gl/maps/nb4Io

参加費  ¥3780
(盆栽体験+すしランチ)

ご予約  江戸政
024-558-6245

・駐車場が少ないので乗り合わせやお車以外でのご来店宜しくお願いしますm(__)m

・定員16名様になり次第、ご予約締め切らせていただきますのてな、お早めのご予約お待ちしておりますm(__)m

11219145_485041618316101_3254712134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015 夏飾り、今年もやります!!

今年も、ぼんさいや「あべ」の夏飾り、開催いたします。

6月27日28日、旧佐久間邸をまるごと貸し切って展示します。

目標にしていた5回目、みなさんの心に夏の「涼」をお届けできたら幸いです。

...

お近くの方は、ぜひぜひ足を運んでくださいませ。

5_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございました、つるし飾りと一緒に・・・。

旧佐久間邸にて、つるし飾りとの共同展示が無事終了しま

した。

足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました。

01588

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日からきゅう佐久間邸で、つるし飾りさんと共同展示会。

旧佐久間邸にて、節句のつるし飾りと盆栽の共同展示、明日から始まります。

今年で3年目ですが、つるし飾りは年々充実度が増していて、飾りのバリエーションもとても工夫さてています。

どうして「つるし飾りに盆栽?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、つるし飾りに使う布、色で最も少ない色が「緑(明るい)」だそうです。

ですから、つるし飾りに盆栽の緑を加えて、色味の奥深さが増すというわけです。

実際、花菖蒲の作品や、アケビの作品は、本物の葉っぱや枝を使っています。(これがまた面白い!)

というわけで明日から3日間よろしくお願いします。

僕は連日午後3時過ぎにはいますので、会場でお待ちしています。 http://www.city.fukushima.fukushima.jp/site/shisetsu/shisetu-bunka20130315.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人しい道、麗しい景色。

吾妻五葉松、実生12年、新作りからは4年経ってます。

盆栽の文人木は懸崖や根上がりよりも景色が出来てくるまで、時間がかかります。

幹骨が大人しいから枝の長短で景色を出すことが、特に大事になってきます。

...

それは小品だって同じだと思います。

005998

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勢いよく溢れる新緑を表現したーい。

モミジ「秋山紅(しゅうざんこう)」

020885

秋になると大きなモミジ葉が、赤や黄色にマダラに紅葉します。

けれどこの木の良さは存在感のある新緑だとお思います。

わざと走り枝を追い込まないで走らせて、枝を透かしながら姿を出しました。

全く従来通りのモミジの作り方とは違いますが、この枝表現も面白いと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015 こめつが あづまやま。

GWの隙をついて、吾妻山に行ってきました。火山ガスの影響で交通規制がかかっていますが、当たり前ですが噴火するまでは安全な場所もあるようです。

この時期は普段、笹藪で入れない原生林の中を行き渡りしながら歩くことが出来ます。

今回の目的はその中にある米栂の老木、古木の観察です。

何度も入ったことのある森でも、入るたびに新しい発見がある。

厳しい自然では、たとえ何百年生きてきた老木でさえ、次に行ったときにそこに在るとは限りません。

絶えず樹は枯れ続け、更新されています。
米栂の後にはアオモリトドマツが早く育つみたいで、若い米栂は殆ど見受けられませんでした。

その森の奥に樹幹部だけがセッカになった老木があるのですが、した枝は雪の重みでほとんど枯れ落ち、頭がキノコのように平らに張った不思議な姿をしていました。

誰も知らないこの場所で、この木はこの特異な姿で生き続けています。

自然の不思議を教えてくれる、感動的な出会いでした。

その後も雪渡りを楽しみながら時間は過ぎていきました。

ちなみにどの樹も道路からすぐのところにあるのですが、いたずらに自然に立ち入ると危険ですから、みなさんはマネしないでくださいね。

とにかく自然樹はすごい。

いつも思うのは、「敵わないわぁ。」という打ちのめされる気持ち。

それも負けを認めてるんだけど、気持ちは爽快。

だって、伸びた鼻を簡単に折ってくれるんですもの。

まだまだ。まだまだだぞー。って。

盆栽と自然の話になれば、少なくとも僕の経験上、盆栽で自分がした仕事を山に確認しに行く感じです。

「あ、やっぱりあの枝使いで良いんだ。」とか、「あのしごとじゃぁ、この樹におこられるよなぁ。」なんて思いながら一枝一枝、ジンや舎利なんかを観察しています。

自分の技術や感性を、実際に自然を体験することで「腑に落としていく」作業なんです。

そうやって「空間有美」を自分の中で育てていく。

世間のうわさ話や流行に左右される事も決して悪い事だとは思いません。

ただ、自分が返っていく場所、「心のホームグラウンド」を持つことは、表現の世界に生きるものとして大切な事なんじゃないかと、最近は思うようになりました。

結局何が言いたいかって言うと、
「盆栽はこの大自然のエッセンスを少しでも多くの人に伝える手段だ」ってこと。

この自然に目が向かなければ、盆栽は目的を見失った彷徨う難破船になることもある。

さあ、みんな自然の景色を見に行こう!!

004998

010998

012998

019998

023885

027885

028554

029885_2

032885

033885

035889

036998

039885

042558

044558

057889

060885

062885

063885

065885

064885

066885

558

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウスバシロチョウ、とったどー!!

010998

正直今まで意識したことなかったけど、ふと盆栽に水やりしているたら白い蝶がヒラヒラ飛んでいました。

モンシロかスジグロだと思っていたら、どうも飛び方が違う。

とまったとところを見たら、羽が透けてるじゃないですか!

ウスバシロチョウ!!

いやー、虫を追っかけてる時って、もう本当に夢中ですよね。

春の疲れが体に出て、腰痛があっても、普段飛び越えない柵を飛び越えたり、草むらの中に飛び込んで行ったり。

普段見れない蝶を、捕まえてみたい。そんで、ジックリと観察したい!

何が嬉しいって、自分の住んでいるところに、こんなきれいな蝶が飛んでいるんだって、もうそれだけで福島人の、日本人の自己肯定感バリバリ上がるでしょ。

飛び方がまた優雅なんだわ。小さいのにアゲハの風格よ。

自然環境っていうと、最近はエネルギーの問題とかCO2の問題とかそんなんばっかりだけど、田舎で暮らしていると率直に思うのは、自然の動植物も天気も単調になって来てるなって。

蝶が飛べばなんでもいいのか、CO2をO2に変えるなら何の木でもいいのかって、エネルギーが生産できるなら、山の木を全部倒して太陽光パネルにするのかって。

桜が増えても、エノキ植えなきゃオオムラサキは増えねーべ。

もう少し自分たちの住んでるところの細かいところに目を配ってみると、また違った形で自然に対する愛着も湧いてくるんじゃないでしょうか。

僕ら人間にツケがまわってくるのは最後の最後でしょ。

単調で、無感動、ただ金を回すことに夢中になってる面白くない人間へと、僕らは向かっているのでしょうね。

それにしてもマクロレンズが本気で欲しくなったね、今回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐れずに、自分の気持ちを大切に。

002998

この時期、雑木林の中を歩いてみてください。

山ツツジが満開ですよ。

この花の咲き方を見ていると、後先考えてないくらいビッシリと花をつけますね。

...

案の定、毎年のように満開にするのは難しいと思います。

だからこの一瞬、
美しいものを楽しむことを、
恐れずに過ごしていきたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きみのきれいに気づいておくれ!

ハウチワカエデ。

001998

新緑の爽快さと、赤い花がとても映えています。

雑木林を歩けば、林内で優しい樹姿で迎えてくれるのがこの木です。

もし我が家の盆栽が美しいと感じて頂けたのなら、それは間違いなく福島の、吾妻の自然が美しいからです。

背中を見てください、吾妻山があなたを見ていますよ。
「お前ならきっと出来る」って、そういってくれていますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=QBYDI3T6O3w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »