« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

大雨が好きになっちまいました。

夏飾り、無事終了しました。

連日雨の中、沢山の方たちに足を運んで頂きました。

詳しいレポートは後日アップします。

...

みなさんありがとうございました!

00288

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お忘れなく!!

夏飾りまで、あと2日です。

震災をきっかけに「5年続ける」と言って始めた展示会、今回がその5回目です。

いわゆる集大成です。

...

雨降り大歓迎。

五月雨の 空ふきおとせ ぼんさいや

お待ちしてます!

5_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふくしま夢つうしん。

7月初めの回覧板に挟まってきます、福島夢通信。

こちらでぼんさいや「あべ」3代目として特集して頂きました。

端的にとてもわかりやすくまとめて頂きました。

...

広報広聴課のみなさん、ライターさん、関係者のみなさんありがとうございます。

回覧板より早く夏飾りで用意しておきますのて、ご興味のある方は是非手に取ってくださいませ。

11539601_701293256664865_7749833545

1795777_701293269998197_41066318925

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民家園さん、ありがとうございました!

民家園、客自軒さんでの展示、無事に終了しました。
雨の中、足を運んでいただいた方には厚く御礼申し上げます。

今回の展示自体は、以前に同じ場所で展示した際の経験が活かされたと思っています。屋内なんだけど屋外展示という条件で、金屏風を広げて使ったので、突風対策は万全を期しました。

...

実はあの屏風の裏に、イカツイ仕掛けがしてありました。

そして、イベントに参加するときも、主催するときも必ず自分に言い聞かせていることは、「結果に一喜一憂しない」ということです。

飾りや作品に対する自分自身の問題点と向き合い、見てくれた方たちの意見や反応に刺激を受ける事に徹する。

お客さんが多いとか少ないとか、売る上げが多いとか少ないで、自分自身のパフォーマンスの良し悪しが決まらないでしょう?

感動は必ず連鎖します。

今回のイベントも参加された方のリアクションを見ていれば、凄い事やったんだなって伝わってきました。

ただ一つ、この伝統文化っていうものは、実は携わっている人や夢中になっている人が思っているほど、簡単には世間に伝わらないという事。

伝え方の問題といいますが、時代背景やら何やら、複雑な問題が絡んでいると思います。

若い後継者は意外と育つけど、若い鑑賞者が育たないのがいい例だと思います。

だからこそ、こういった伝統文化に感動して、その魅力を伝えようと思ったら、一朝一夕では目に見える結果は出てこないと思うのです。

ゆえに、結果に一喜一憂しない、という心構えが大切なんだと思います。

いやー、やりがいのある仕事ですね。

多様な文化が入り乱れている社会の方が、ずっと魅力的で面白いじゃないですか。

主催者さんも、エライ世界に首突っ込んだもんだと、覚悟を決めて(あきらめて)、ぜひライフワークにしてもらいたいと、勝手に願っています。

それくらい面白いイベントでした。
ありがとうございました。

01644

00688

01499

011887

026887

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週土日は、民家園に行こう!

本日飾り付けしてきました。

今回は来週の夏飾り前という事もあり、販売は行っておりません。

桧枝岐歌舞伎に合わせた、ガチガチの盆栽飾りをしてきました。

...

当日は、作品の前にいることもありますので、お会いできると嬉しいです。

それでは、よろしくお願いします。

11407004_773481196098882_6120947387

20194

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰国報告

阿部健一、慶子無事に日本に戻ってまいりました。

ベルギーの「空間有美」を愛するみなさま、本当にありがとうございました。

また来年、盆栽を通して感動を分かち合いましょう。

...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオウゼで山野草の寄せ植え教室

福島市コンベンション協会さんの計らいで、7月の苔玉ワークショップが、山野草の寄せ植え教室になりました。

一年間継続して来ましたこのワークショップ、ついにステップアップ講座の始まりです。

とは言いましても、初心者の方でも間違いなく素敵な作品が作れますので、気兼ねなくドンドン参加してください。

_utf8_b_5ae44gb5qsn44gimjaxnta3mjau

...

よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和だとか洋だとかって、イメージでしょ、あなた自身の。

テイカカズラ。

まだまだ持ち込みの浅い木ですが、思い切り垂らして遊んでいます。

もう一つの写真は飯野町で撮った自然のテイカカズラ。

...

何だか”洋”の雰囲気漂うこの樹も実は自然にごく普通に自生している樹種。

吾妻山系では見られませんが、阿武隈山系の森では初夏を彩る代表花。ジャスミンの甘い香りが辺り一面に漂います。

しかし阿武隈川を隔てて植生が変わる福島市の奥深さ。

改めて福島の森の魅力を思い知らされました。

042885

122885

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相性って大事。

010887

フジカケツツジ。

花付きが良く、毎年元気に花が咲きます。

石付にしても持ち込みよく、相性がいいみたいです。

植物が育ちやすい環境や条件は経験の中で積み重ねていきます。

失敗の繰り返しで、これは苔玉には無理だとか、石付に向いてるとか。

大事なのは、俺なら育てられる、っていう培養自慢じゃなくて、万人が育てやすい条件を探っていくという事。

水をやらないで育つ方法とか、一年中室内で育てる方法とか、そんな無茶苦茶な方法でなくて、この樹はこの条件ならよく育つ、こういったところに置くと枯れてしまう、みたいな捉え方です。

僕らが神様になるんじゃないんですよ。神様からのメッセージを読み取る感性が大事って事なんだと思いますよ。

それが、よく観察するって事に繋がるんじゃないんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »