« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

スピリチュアルな出会い。

11800277_716573791803478_4619511893

11800009_716573768470147_6114619089

11811493_716573881803469_7256864462

11051744_716573831803474_2673063819

11760226_716573821803475_6985881810

本日は会津を満喫してきました。

といってもいつもお世話になっている猪苗代の愛盆家さんのご紹介で、若松の御薬園近くにお住いの方の手入れを依頼されたので、

実際仕事をする前に、お棚を拝見しながら色々とお話しをするのが目的でした。

...

僕は大抵仕事をする前に、その方の盆栽やその方の人柄、僕自身の考えなど、しっかりコミュニケーションをとるようにしています。

その方が、御薬園の五葉松が最近手入れが入ってとても素晴らしいからとすすめてくださったので、早速帰りに寄らせてもらいました。

はじめての御薬園だったのですが、庭木の荒々しさに圧倒されてきました。

特に樹齢500年を越すハイマツ(とは言っても五葉松との交配じゃないかな?那須で見たそれとは若干肌性が違うと思う)の言ってみれば、邪悪な幹、枝は凄かった。

山形県村山市のアカマツ「臥龍の松」を彷彿させる凶暴さ。

しかもそんな樹が一本ではなく3本もある。

そして、周りのアカマツやキャラ、ビャクシンも全く大暴れな幹。

表面上は、いわゆる庭木仕立てなんですが、下から覗くと、その生き様たるや壮絶。

ぼくも、その生き様に反応して、地面に這いつくばったり寝転がったりして、観察していました。

はたから見たら、完全に変質者ですね。
みなさん庭木の下に寝転んでる人、日本庭園で見かけたら、たぶんそれ僕です。

観察するには一周じゃ足りないんですよね。5周くらいしても余りあるインパクト。

雪にも歴史の悲運も受け入れてきたこの姿こそ、会津人そのものなんだろうな。

ちなみに今日の出会いはスピリチュアルな出会いでした。

お客さんは、想像できないくらい苦しくつらい経験をしながら、とても明るく前向きで、魅力的な方でした。

その会話の中で、自身の経験より出てきた言葉が印象的でした。

「孤独な時間は、人をそだてるわ。
 必ずこの試練には意味があるのよ。
 誰にも言えない苦しみや悩みを抱えているときに、
 私は「天」と会話したわ。」

ぼくもこの仕事をする中で、その「天」の意味することが少しだけ分かるような気がします。

「あの辛い経験も、あなたと巡り合うためには必要だったのよ。」

ぼくも、「孤独」を受け入れ愛することができる人になりたい。

天、そしてこの木々との会話を忘れないようにしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草むしりがしたい!!

今日は朝から実生苗畑の草むしり。

夢通信でお世話になった市役所の吉田くんが草むしりの手伝いに来てくれました。

最近、盆栽の過程に興味を向けてくださる方が増えてきました。

コレはとてもいい傾向ですね。

本当に「知る」というのは、物事の過程を知るということ。

吉田くんは真夏の草むしりを「楽しい」と表現しました。

盆栽の楽しさを自身の経験を通して語ることの大切さ。

それはたとえ違ったレベルでも共に盆栽の楽しさを分かち合う為には必要なことではないかと感じています。

吉田くん、ありがとうございました。

懲りずに、また来てくださいね。

11183436_715201035274087_5916843103

11147152_715201045274086_6060726851

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の根上がり。

今日はお客様と突然の吾妻山、五葉松自然樹鑑賞へ。

雨が降る中、服も靴もビショビショになりながら、カモシカ沢の根上がりと兎平の白鷺の松を見てきました。

一年一年植生の変化と共に景色が変わっていく様子がはっきりとわかります。

...

それにしても自然の根上がりの不思議、いつも惹きつけられる魅力です。

ここ最近、吾妻山の自然樹を一緒に見たいと言われる機会が増えています。

ありがたいことに、みなさん新しい自然の観方を発見してくださいます。

残念ながら、火山活動の影響で一切経付近の根上がりを見に行くことは出来ませんが、それでも尚、吾妻五葉松の見どころは多彩です。

この景色は阿部倉吉が感動した景色。

先人の感性に思いを馳せて、感動を分かち合えた事に感謝いたします。

ありがとうございました。

014554

018554

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初仕事。

今日はアオウゼで、コンベンション協会さん主催、山野草の寄せ植え教室でした。

同協会主催の苔玉教室は継続してきましたが、今回こちらでの初めて寄せ植え教室を行いました。

さすがに苔玉と違って難易度が高くなりますので、皆さん悪戦苦闘されていましたが、仕上がってみれば素敵な作品が並んでいました。

001558

00355

005885

八重のタマアジサイ、咲いたらきっと綺麗です。

...

来月は8月23日日曜日、10時から苔玉教室を同じ場所で行います。

詳しくはコンベンション協会さんのHPで。
http://www.f-kankou.jp/cgi-bin/f-kankou/ryokou/page.cgi?id=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濡れて参ろう。

夏飾り、毎年欠かさず出品している山野草があります。

それはヤブレガサです。

雑木林を歩けばごく普通に見られる山野草ですが、これも意外と興味がある人ではないと気が付かないかもしれません。

...

今回の二点は斑入りヤブレガサと、細葉ヤブレガサ。

00822121

Dsc0201555

041

このヤブレガサの魅力、まずは芽だし。(写真は中国ヤブレガサの芽だし)説明はいらないと思います。

次に葉の切れ味。ここまで破れてくれたら気持ちいいですね。

そして最大の魅力は、育ててるだけで景色が出来上がるところだと思います。

願ったところに、花芽が上がって来てくれるから、自然と流れが出来る。本当に飾りやすり素材です。

素材としては、かなり地味なヤブレガサ。

でもどうです?

この記事を読んだら、もうヤブレガサ育てて見たくなったでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんまと乗せられた。

カラス葉のトリアシショウマ、斑入りのサラシナショウマです。

0104747

このカラス葉、青森の生産者の方が林の中で偶然見つけた突然変異のトリアシショウマ一株を大事に大事に増やしていったそうです。

大概の人はこういった紫色の葉の植物は、何だか人間が科学技術によって無理やり作り出しているとイメージしてしまうでしょうが、

...

これが天の配剤によってできたものだとは考えにくいでしょう。

ところでそういった事実から考えてみると、

僕ら人間は、自然や植物をあたかもコントロールしていると思いがちですが、植物の個々の遺伝子自体がもつ利己的な戦略にまんまとはまっているに過ぎないんじゃないかな。

都会志向のトリアシショウマが、こんな山奥に埋もれてたんじゃ、オラの子孫なんて残っていかねーべっつって、赤くなったというか。

まんまとそれにハマったぼんさいやが、うっかり展示会に出したもんだから、同じの欲しい方にまた広まっちゃう。

吾妻五葉松だってそう。

空間有美だってそもそも吾妻五葉松の遺伝子戦略の一つに我が家親子三代がまんまと利用されているだけなのかもしれません。

このカラス葉ショウマのエピソードを聞いた時に、つくづく人間の業の奥深さ、自然のしたたかさを考えさせられました。

もちろん科学的な根拠はないですよ。
ただこういった仕事をするにあたって、多少のファンタジーを受け入れることは、とても大切な事だと思っているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大笹生養護学校さんの鉢が焼きあがりました!

 

015887

子供達の感性に心が震えます。

...

先生達もかなり力を入れて、子供達に協力してくださったみたいです。

嬉しいです、嬉しいです!
生徒さん、先生方ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モミジ+もみじ+紅葉=面白い

夏飾りより、モミジ3点。

1枚目から燕換(えんかん)、秋山紅(しゅうざんこう)
稲葉枝垂れ(いなばしだれ)。

024221

037037

012012


04088


001554

...

全くの素材から3年の持ち込みです。

最後の稲葉しだれは、2年前の夏飾りの時に初お目見えですが、
大分景色が出来てきました。

しゅうざんこうは写真の3年前の植え付け角度の変更と新作りの写真。だいぶ葉張りも付いてきました。

あまり芽摘みに頼りすぎると、枝の優しさが無くなってしまうので、あえて芯を走らせる部分を残して、モミジの枝を抜ける風というか空気感を意識しました。

エンカンは、今の差し枝のほかにもう一本太い枝があって、一本は抜きました。どの枝もバンザいした状態でしたが、かえってこの枝と葉っぱ活かすのに、元まで追い込まないでそのまま流すように使ってみました。

この切れ味のある赤い葉っぱがとても気に入ってます。

それにしても葉っぱや枝の性質の違いで、同じモミジでも様々な景色が現われてくるから、面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏飾り、総括じみた話。

夏飾りは、築270年の庄屋様のお屋敷を借りて展示しています。

00288

071774

061887

天井も高く、力のあるお屋敷なので、飾り自体もあまり大人しいとみる人にとっては物足りなさを感じるかもしれません。

去年の夏飾りは、その部分を意識して、力のある寄せ植えで飾り倒した印象があり、正直そこの部分が課題の一つでした。

...

そういった意味では今回の作品は、一点一点の丹精度、持ち込みを意識して、出来るだけ春に作ったばかりのものは使わず、年数をかけて作り込んだものを展示してみました。

ようやく5年かけて、この会場の存在感に圧倒されるだけでなく、考えた展示が出来たのではないかと思っています。

課題は尽きませんが。

来場者の中には老若男女問わず、初めての方から大ベテラン、プロの方まで様々で、それぞれの感じた思いを聞かせて頂きました。

またみなさん、この5年で展示会の観方や楽しみ方が上手になってきた気がします。

ゆっくりのんびり時間を使ってくださる方が増えてきました。
もちろんその時間を作ってくれた一つに、雨もあったと思います。

ひとまず震災の7月に準備期間1カ月足らずで開催した夏飾り、その時から5年やりますと宣言して今年がその5年目。

少しでも盆栽、植物で、傷ついた福島の人たちの気持ちを癒すことが出来ればという思いで続けてきました。

たとえ通過点でも、一つの目標をやり遂げた達成感はあります。

正直、展示当日に合わせた培養管理にはかなりの神経を使いました。

皆さんの喜んでいただいた顔を見れて本当にほっとしたところです。

今後は、この展示会で得たノウハウやご縁を活かして、もう少し遊びの部分も考えていこうと思っています。

すぐに実現するかどうかは別として、そういった方たちと機会あるごとに何か面白そうなことをお話ししていきたいです。

それでは、夏飾り来場者のみなさん、そして僕たちの培養に答えてくれた我が家の盆栽たち、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本カフェで。

本日は、信夫山の護国神社参道にありますカフェ、信夫山文庫さんで苔玉教室でした。http://sinobun.exblog.jp/

猛烈な気温とは違い、ここは意外と涼しい場所。きっと周りが木に囲まれている事もあり、建物の気温も上がらないんだと思います。

本カフェさんなんでちょっと緊張して入ったら、とても懐かしい雰囲気。もともとだんご屋さんとして使われていたそうです。

...

個人的な話になれば、インテリでお洒落な本カフェというよりは、もっとずっと懐かしい感じ。

学生時代に、何も分からないくせに格好つけて村上春樹読みまくったり、ドストエフスキー読んで文学知った気になったりしたあの頃。

もちろんエアコンのないアパートでガリガリくん片手に本を読みまくっていたあの頃の夏。

聞こえは悪いかもしれませんが、ずっと僕らの青春や生活にぴったりはまる本空間がありました。

今現在でいうと、「ゲド戦記」が並んでいる時点で僕の好きなお店だと確信しましたよ。

静かに本を読む人、ゆっくりお話しする人でお店は繁盛していました。かき氷もおいしかった。

そんな場所で苔玉教室だったので、リラックスしながら進めることが出来ました。

みなさん上手につくっていましたよ。

こちらで苔玉販売なんかもやっていいと言ってくださいました。

どうせなら苔玉を売る気もないくらい少しだけ持って行って、一日中コーヒーとかき氷食べながら、盆栽に興味のある人と何時間もお話しする、なんてムチャクチャゆるーいことが出来る場所かもしれませんね。

また足を運びたい場所です。

本が大好きな店主さん、スタッフさん、参加されたみなさん本日は、ありがとうございました。

009445

001774

002887

008774

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今を見よ!

ノリウツギ「水無月」。

011887

夏飾りの時期はまさに花の時期。

だから開催日が一週間違うだけで飾れる作品が変わってくることも当然ながらあることです。

...

このミナズキ、例年ならもう少し遅くに花が咲き始めます。
かといって毎年の開催日だった6月3週だったら、今回も早くて間に合わなかった。

今年のように6月初めに暑さが続き、かつ今年の開催日が一週間遅かったために出品できた作品。

しかも毎年花だけ楽しんで切り込まないと懐の枝がどんどん枯れていってしまうので、鑑賞に堪えられる姿にするには2,3年に一度。

言ってみれば、今回が最初で最後かもしれないこの樹にとっての夏飾り。

でもね、本来自然というものは変わらぬ姿であるようで絶えず変化しているものなのです。

樹齢800年生きた松が明日生えているとは限らないし、1200年生きた滝桜が来年咲くとは限らないのです。

これほどまでに陶酔した自然の美、その儚さ。

自然美との出会いは、常に一期一会の奇跡なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏飾り15レポ③

今回の盆栽展でもっとも空間有美を表現していると言えるのはこの吾妻五葉松ではないでしょうか。

Img_1995

推定樹齢は150年以上。

祖父倉吉が足元高くから細い車枝で分かれていた素材を、針金結束による取り木で、株立ちに仕立てたものです。

この樹は以前東京の美術館に出展した折(国風じゃないよ)、 ある盆栽の大家さん(〇道)がこの樹を見て、 「この樹をよく見ておけ、これが盆栽だ」といいました。

大概なら低いところから出ている2本はバカな枝として抜かれてしまいます。

また、立っている3本は盆栽の忌形である前後の幹が交差しています。

この交差した幹は、当初は手前の子どもと真ん中のお母さんが逆だったものを、父健一が、あえてクロスさせて景色を作り直しているのです。

その大家の方は「この交差した嫌味を、左に流れる子供たちが受け止めてくれている」と仰っていました。

「世の中に盆栽らしい盆栽はあるけれど、「格」の話になれば、 自然らしい盆栽の方が「格」は上だ。」と。  

「阿部さんの作る木は嫌味が嫌味に見えないから不思議だ。」 といつも言っておられました。

あえてこのエピソードを添えて、盆栽としてのこの樹の話をさせて頂きました。

しばらく作を落としていたので、時間をかけて元気にしていきました。

実際に展示会に出品できたのは、恐らくそれ以来だから15年以上前になります。

ようやく福島市のみなさんの前に出れて、僕らも感慨深いものがありました。

ちなみに、今回は自分で撮影し忘れた作品が多く、この樹もその一つ。

写真は、毎年夏飾りを撮影して頂いているやぐちようこさんの提供です。

ありがとうございました。

https://www.facebook.com/profile.php…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おすし屋さんで。

日曜日は福島市森合にあります御すし屋、江戸政さんで苔玉ワークショップ+ランチでした。
https://www.facebook.com/sushibar.edomasa?pnref=lhc

大勢の方に参加して頂き、楽しい時間でした。

...

お店の中にも数点、盆栽を飾らせて頂きました。
やっぱりおすし屋さんに盆栽ってマッチしますね。自画自賛。

もちろんお寿司もおいしく頂きました。

江戸政のご主人も僕とそれほど年齢は変わらないのですが、盆栽に興味をお持ちでして、盆栽とお寿司の組み合わせで、いろいろと面白いことが出来るんじゃないかなって思いました。

ご参加のみなさん、江戸政のご家族みなさん、ありがとうございました

00455

00788

00688

00599

00988

01088

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地味ぃに、じわじわ~っとくる感動。

今回の夏飾りで、一番地味なんだけど、一番持ち込みを物語っているのはこの黄金風知草でした。

風知草の中でも、黄金風知草は他の風知草と比べて弱めで、ここまでの根洗いの大株にするには20年近くかかっています。

もともと庭に植えた小さい株が長年大きくなってきて、それを堀上げて、根洗いらしくまるくなるまで培養したものです。

...

今回の来場者の中で、絶対信頼している卸屋さんが、この株をみて「黄金風知草でここまでの大株を初めてみた」と驚いていました。

すごく地味で狭い感動かもしれませんが、ぼんさいや「あべ」の地力が試される一点だったことは間違いありません。

06477

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15夏飾り②

今年も夏飾りに合わせて大きな流木の寄せ植えを作りました。

けれど実はこの作品、2013年の夏飾りに飾った流木の寄せ植えを作り直したものなのです。

当時植えた流木が腐ってしまったのですが、上部はもともと持ち込んだ素材で寄せていたので十分観賞できる状態でした。

...

そこで今回丁度いい形の流木が用意できたので、思い切って植え替えをすることになりました。

丁寧に流木から外したら、何パーツかに分離します。

そしてバランスを見ながら寄せ直し、足らない部分には素材を足していきました。

数えたら山野草の種類は29種類ありました。

その後五月後半から6月前半はあり得ないほどの猛暑、乾燥。

結局この素材を外に出したのは6月10日ごろ、雨の日にホウノキの下に出しました。

それでも、展示会までは少し馴染んだかなと思います。

この作品、秋の紅葉でもかなりの威力を発揮すると思います。

何とか葉焼けや病害虫に負けずに、秋の景色でも感動を分かち合えるよう頑張りますね。

02522

これが2013

01655_edited1

これが2015

1

2

3

4

Img_1784

6

作業工程です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

In English please

ふくしま夢通信7月号、福島市のHPから閲覧可能です。

ちなみにページの一番下には英語訳もあります。 http://www.city.fukushima.fukushima.jp/so…/7/yume150701.html

English version

http://www.city.fukushima.fukushima.jp/…/attachme…/43648.pdf

広報広聴課のみなさんのご配慮に感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏飾り15れぽ①

ぼんさいやあべの夏飾り、今回床の間に飾らせて頂いた吾妻五葉松は、実生48年生です。

母が阿部家に嫁いだ年に実生6年生の苗木に初めて曲付をしたものの一本です。

畑から上げたのは15年以上前。

...

僕が修業の2年目でヘルニアで動けなくなって、一月ほど実家に戻って静養しているときに、尺八寸くらいの素焼き鉢に入っていました。

今だから言えますが、その時、親父の指示で針金整形をさせてもらった記憶があります。今だからね。

その時は枝抜きは終わっていたのですが左の落ち枝と後ろ枝はバンザイした状態で、本格的な整姿を待っている状態でした。

それから、樹幹部がとても小さかったので、10年かけてようやくこの幹に対しての重厚感が出始めたのかなと思っています。

この樹の特徴は枝のすべてが樹幹部付近から出ていて、下枝が全くないという事です。

恐らく新木の状態では、全くこの姿が想像つかないと思います。

確かに五葉松盆栽らしからぬ姿。

けど明らかに、吾妻山の景色を纏う姿。

空間有美、ここに在りです。

009887

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »