« 夏飾り15レポ③ | トップページ | 本カフェで。 »

今を見よ!

ノリウツギ「水無月」。

011887

夏飾りの時期はまさに花の時期。

だから開催日が一週間違うだけで飾れる作品が変わってくることも当然ながらあることです。

...

このミナズキ、例年ならもう少し遅くに花が咲き始めます。
かといって毎年の開催日だった6月3週だったら、今回も早くて間に合わなかった。

今年のように6月初めに暑さが続き、かつ今年の開催日が一週間遅かったために出品できた作品。

しかも毎年花だけ楽しんで切り込まないと懐の枝がどんどん枯れていってしまうので、鑑賞に堪えられる姿にするには2,3年に一度。

言ってみれば、今回が最初で最後かもしれないこの樹にとっての夏飾り。

でもね、本来自然というものは変わらぬ姿であるようで絶えず変化しているものなのです。

樹齢800年生きた松が明日生えているとは限らないし、1200年生きた滝桜が来年咲くとは限らないのです。

これほどまでに陶酔した自然の美、その儚さ。

自然美との出会いは、常に一期一会の奇跡なのです。

|

« 夏飾り15レポ③ | トップページ | 本カフェで。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/60705597

この記事へのトラックバック一覧です: 今を見よ!:

« 夏飾り15レポ③ | トップページ | 本カフェで。 »