« バトン頂きました。 | トップページ | 親父の視点 »

巡礼

国道349号線を三春に向かって南下すると、二本松市杉沢に、とてつもなく大きな杉が姿を現します。

高さなんと50m!

http://www.jalan.net/kankou/spt_07325ac2100129651/

...

僕は田村に用事があるときは、
この杉を巡礼することにしています。

この大きさにして、この美しい樹姿。

何回見ても、何回見ても、その姿に心が震えます。

これも何度も申し上げますが、福島県には、古さだけでなく美しい景色を纏った老古木が沢山あります。

考え方ひとつですが、そのほとんどは随分昔から人々の手によって守られて来たものだと思うのです。

自然の力といいますが、これほどの老木には人が集う力もあるのではないでしょうか?

人が手を加えないから自然なのでしょうか?

手入れの精神は、この美しい自然に触発されてこそ生まれるものと考えています。

僕が日頃から言っている、吾妻山の老古木を保護したいという気持ちは、受け入れざるえない人の本能だと思います。

ゆえに盆栽にその思いをぶつけているのかもしれません。

手入れは、その木をイジクルことでは無くて、その木が生きやすい環境を整えることです。

この杉沢の大杉や、三春の滝桜を見ると、阿武隈山系の人たちの手入れの心、そのものだと何時も感心せざるえないのです。

今回もまた、大杉から沢山の学びとパワーを頂いてきました。

11908944_725382187589305_29001074_2

11892165_725382194255971_5393536072

11882836_725382197589304_1876346833

11882331_725382200922637_7617845645

11864846_725382190922638_8683593479

|

« バトン頂きました。 | トップページ | 親父の視点 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/61215683

この記事へのトラックバック一覧です: 巡礼:

« バトン頂きました。 | トップページ | 親父の視点 »