« 盆久楽展、少しずつレポ。 | トップページ | 11月1日はふくのさと祭り! »

自信をもって福島の景色。

会員さんの盆栽です。

007554

実生57年生我が家の畑生まれです。

低い位置から順序良く出た枝も、いつかは必ず大きくなりすぎてその景色をぼやけたものにしてしまう存在になってしまいます。

...

吾妻の自然の中では、もちろん折れそうな枝をつっかえ棒で支えることはありません。

ですから普段皆さんが古いお庭やお寺で見ている古木の景色が、自然が人の手を借りずに描く古木のその景色と同じであるとは限りません。

一体古木感とは何なのでしょうか?

それは、古木の景色を纏っているという事に違いありません。

その木が実際古いかどうか以上に、その木がその役(景色)をどれだけ演じているかどうか、という事なのです。

この樹はわずか57年、しかも里の畑で生まれ育ちました。

にもかかわらず、高い位置から下りてくる充実した枝葉は、吾妻五葉松自然樹の古木そのものの枝使いです。

その幹に刻まれた傷は、吾妻五葉松古木そのものの幹味です。

といいますか、そこにあこがれて表現しているといったほうがいいかもしれません。

そう考えると、わかる分からないにかかわらず、いかに僕たちが自然の景色を見ていないかという、事実に気づかされるはずです。

それこそが、ぼんさいやあべが盆栽をする意味であり、盆栽を通して、少なくとも福島の人たちに自分が生まれ育った土地の自然に興味を抱いてほしいと願うわけであります。

とにかくヤングな福島人!吾妻山にむかってありがとうって言ってみると、なんかスゲー元気になる時があるよ、試してみてね。

|

« 盆久楽展、少しずつレポ。 | トップページ | 11月1日はふくのさと祭り! »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

とってもカッコいい五葉松ですね!憧れます。いつかはこのような立派な盆栽を持ちたいです!

投稿: キム兄 | 2016年2月 9日 (火) 16時00分

ありがとうございます。

ぜひ盆栽をずっと好きでいてくださいね。

投稿: | 2016年2月27日 (土) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/62156016

この記事へのトラックバック一覧です: 自信をもって福島の景色。:

« 盆久楽展、少しずつレポ。 | トップページ | 11月1日はふくのさと祭り! »