« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

今年も盆久楽展示会

皆々様、今年も盆久楽展の季節が近づいてきました。

空間有美の作風、吾妻五葉松の魅力、吾妻の自然の魅力をお伝えする大切な展示会。

ぜひぜひみなさまにも足を運んで頂きたいと願います。

それではよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然は真空を嫌う。

先日枝抜きした、会員さんの五葉松。

針金掛けて、枝の振り付けが終わりました。
針金掛けは会員さんの仕事です。

あれだけたくさんの枝を抜かれても、ちゃんと姿が現れてきます。

自然は真空を嫌う。
手放した空間に何が入ってくるか。

僕たちなら「美」を願います。

なぜなら空間有美ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幾つになっても楽しめる趣味なのよね。

今日は杉妻学習センターさんで寿大学の皆さんと一緒に苔玉教室。

盆栽や山野草のベテランさんもいて、皆さん素敵な姿に作っていましたよ。

ありがとうございました!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

空間有美のススメ、的な?

盆久楽会の会員さんが、大きな新木素材を持ち込んできました。

将来を見据えて、思い切りよく枝抜き。

なるほど「空間有美」とは、単にその状態を指す言葉ではなくて、そこへ向かう行動のプログラムと言えるのかも知れませんね。

ちなみに今は、五葉松の古葉刈り、針金外し、草むしりが最盛期でございます。

まだまだ暑いですが、盆栽は秋の手入れ時になってきましたよ。

そして、最近の出会いや仕事がヒントになり、僕の重たい腰もムズムズしだしました。

入りやすい苔玉と違って、盆栽は一度僕の仕事を通して、空間有美や福島の五葉松の面白みを伝えるワークショップというかデモをもう少し積極的にやりたいなぁって思います。

ちょうどアオウゼでやったプログラムを、もう少し流れを良く練り直して。

2時間くらいの間に、五葉松を作りながら、僕がそこに自然の姿をどう生かしているか、仕事として盆栽をどう作っているかを伝えてみたいです。

多分これでようやくぼんさいやあべさんの普段の仕事が皆さんに見えてくるんじゃないかと思います。

よーし、年内めどに、どうにかこうにかやってみるぞ!

「うちでやって!」ていう方、大歓迎です。
料金含め、ご相談しましょう!










| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津は色んな意味で奥深い。

今日は、写真家の江口敬さんのご案内で西会津町にあります、
西会津国際芸術へ。
http://nishiaizu-artvillage.com/

高校時代の西会津の同級生の話とはうらはらに、実際の西会津のポテンシャルに驚いて帰ってきました。

普段から盆栽をアートという側面で考える機会が少ない自分としては、ご紹介いただいた矢部佳宏さんのお話はとても有意義なものでした。

展示というものの奥深さも。

矢部さん、江口さんありがとうございました。
西会津には、西会津国際芸術村と、ギフチョウがある。

なんて魅力的なんでしょう!








| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒマワリ、儚げに。

福島ヒマワリ里親プロジェクトさんのヒマワリ。

今年は小さく咲きました。
肥料不足かなぁ。

来年は大きく咲かせたいですね。

http://www.sunflower-fukushima.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リレー展、ありがとうございました

あづまの駅ここら、盆栽リレー展お陰様で無事終了しました。

真夏の暑さの中、涼しげな気持ちに少しでもなっていただけたのなら幸いです。

写真は個人的に大好きな、黄金風知草の根洗い。

華やかさは無くても、人の心を照らしてくれる素敵な草花。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃、梨、盆栽!

明日14日から18日までの5日間、福島市在庭坂にあります農産物直売所、吾妻の駅ここらにてぼんさいや「あべ」の作品が展示されています。

場所は、福島駅西口から始まる高湯街道と、県道5号線、通称「フルーツライン」の交わる交差点にあります。

毎年8月、地元の盆栽やさんで一週間ごとにリレー展示をしています。毎度お盆のこの時期トリを飾らせていただいています。

みなさん、桃や梨を買いにお立ち寄りの際はぜひご覧いただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域と共に。

庭つかっ子夏祭り、お陰様で無事に終了しました。

小さな地区ですが、大人達が楽しんで、子供達も楽しんで、本当に面白いお祭りに成長しました。

若い世代もドドドと入って、勢いも出てきました。

やったー!

鹿児島のネギ農家谷村ファームさん、毎年ありがとうね!

とても小さいイベントでも喜んでくれる子供達や地域の大人達。

ここに参加できるのはちゃんと仕事をつづけていられるから。

ぼんさいやあべとしても、阿部大樹個人としても、これからも頑張って盆栽や続けていきたいって思うことができました。

よーし、面白くなってきたぞー!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

吾妻山と幸せを分かち合いたい。

福島市西部に位置する吾妻連峰。

ありきたりですが、吾妻山に何度上っても、同じ表情が一つとない。いつでも新しい景色に出会うことができます。

僕は環境保護や、自然との関わり方について思うことは、珍しい動植物が生えていても、そこの美しい景色や物語が備わっていなければ、後世に残すことはできないと思います。

福島で盆栽を営む先人たちが拓いた自然美はもとより、盆栽美を兼ね備えた自然樹形の吾妻五葉松の数々。

空間有美。

樹齢850年の日暮しの松もまたそういった先人が偶然山中で出会ってきた松の一本です。

僕が江口さんに紹介した木々や景色は、僕が個人的に好きな景色ではなく、祖父や父、多くの先人たちの美意識を受け継いだものだと、僕は思っています。

環境省が特別保護区に線引きしたことで、それまで続いてきた吾妻山と地元の人々との関わり、文化もいわゆる自然保護の観点から一刀両断されてしまった。

ただそれは時代の流れですから、受け入れていかなければと思いますが、僕もこの景色がある限りは、ちゃんと次の世代に伝えていきたいなと、今回特に思うことができました。

どうやって伝えていくか、それはこれからの課題ですね。

江口さん、本当に貴重なご意見ありがとうございました。
また、一緒に自然美探ししましょう。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »