« 子供達と苔玉の授業。 | トップページ | 中釜戸のしだれモミジ »

西会津にヒントあり。

長ーい文です。

本日は西会津を巡ってきました。

一番の目的は江口敬さんの作品「風姿」に出会うため。
西会津芸術村で開催中の展示会、本人も在郎ということで喜び勇んでまいりました。

http://egtkweblog.exblog.jp/26297817/

と、その前に西会津でもう一つ行きたかった場所、
大山祗神社の参拝です。
http://www.ooyamazumi.net/index.html

我が家の地区にも大きな杉の木の大山祗神社があり、我が家も氏子になっています。
福島県の山の神様の親方である西会津のこの神社参拝は以前から行ってみたいと思っていました。

遥拝殿参拝の後、奥の院に行こうと思ったらどこぞの親父が家から出てきて、「往復三時間もかかるよ。」と教えてくれました。さすがにこの雨だし、でも行きたいし・・・。

すると「一人で行くんじゃねーぞ、何かあってもわかんねんだから。」って。
はい、素直に出直してくるといって戻りました。

次来るときは物好きな人を連れてきます。

途中、鳥追観音の高野マキを見てきました。
http://www.torioi.com/
真言宗だけに高野マキなのかなぁって思いましたが、
伝承1200年の樹齢に驚きました。
屋久島でいうところの紀元杉じゃないけれど、これが本当なら徳一大師がこのお寺を開いたときに在った(植えた)ということになります。

いつも巨樹、巨木には歴史が寄り添いますね。
伝説大いに結構、信じることでこの木が僕に及ぼす効果は
真実なわけですから。

大山祗神社へ行く途中には、
念仏杉という樹齢450年のすぐの古木がありました。
大きな木や、石などに信仰心を抱くことって、実際にこういった木に出会うと確かに腑に落ちるところがあります。人間の手の及ばないところに、人は手を合わせるのかもせれません。

そして、西会津野沢駅近くにあります、下条のフゲンゾウ桜。

30分歩き回ってもないから、
近くの道の駅の店員さんに聞いてみると、
以前TVで紹介されたといって教えてくれました。

それでも言われた場所にないからあきらめようと思ったところ、
土手の上の墓地にその木はありました。

確かに雪深い会津に樹齢450年生き続けた異形の桜。しかし、
言葉が出ないくらいのガレ具合。
寿命がやってきたのでしょうか。
巨樹との出会いは、いつでもこの避けられない運命との出会いをはらんでいます。

一つ残念だったのは、
看板を立てて保護しようとした形跡があったところ。
そしてこの木はまだ生きているというところ。もはやその手入れが放棄されているところ。

僕はモノづくりをしていて、そして田舎に住んでいて、最も悲しいのは無関心だと思います。

まだ弔うには早いかもしれませんが、この木の枯死を見届けてあげてほしい。あげたい。

一方で地域の可能性を必死に考えて掘り起こそうとしている人がいるにもかかわらず、一方で無責任な地域振興の怖さを思い知らされました。

地方の観光課や文化課の人たちが自分の仕事にどれだけ責任をもてるか、継続することの難しさ、継承することの困難、そこに「手入れ」という考え、「持ち込む」という時間をかけることの大切さをどれだけ意識できるか。

盆栽も東京オリンピックや世界大会もあり、世間にピックアップされていますが、僕たち当事者も一時的な効果に期待しすぎて、責任を人に預けて、考えることを放棄してはいけないなと、この桜を見てヒシヒシと感じてきました。

そんな思いにはせながら、西会津国際芸術村へ。
http://nishiaizu-artvillage.com/

江口さんは先についていました。

そして二人でゆっくりと作品を見ながらお話しできました。

率直な感想としては、とても分かりやすい表現だと感じました。
それはもちろん江口さんのお話があったからだと思います。

江口さんが能に対する、その情景や心情を江口さんが表現するとこうなる、という作品。
そのキッカケが作品「清経」であること。

そう思うと
僕がこの作品を見た印象を懐深く受け止めてくれる作品。
「見立て」とありましたが、本当にその通りの作品。

物静かな江口さんの心の中にも、渦巻く情念を垣間見た気がして、なんだかうれしくなったこと。

能に関して全く無知でも、「見立て」ることとで、どんどんイメージが広がっていきます。

そして、僕が江口さんの作品に惹かれる理由が、そこにあります。

江口さんはその世界の入り口に立っていて、その世界を垣間見せてくれるナビゲーターのような人。

ぼくが「風の向こう側」でコラボした時も、それは強く感じました。

もしかして江口さんが表現しているものって、とてもシンプルで誰しもが抱いている、誰しもが感じている、誰しもが見ているものなんじゃないでしょうか。

難しいとかわからないとは全く筋の違う

作品の前でそんな分かち合いをすることが、この作品のもつ力なんではないでしょうか。

あのコラボも、それほどまでに完成度が高かった。(自画自賛)

江口さん、さすがです!
惚れ直しました。

そして、芸術村の矢部さんも素敵な人、以前の仕事のお話もすごく面白かったです。

僕の勝手な解釈からすると、矢部さんの今の仕事って、西会津っていう器の中で、
もちろんそれは制限がたくさんあると思うのですが、
一つ一つの魅力を丁寧に時間をかけて掘り起こして、
作りこんでいく人。
歴史、文化、自然、人。

最小限で最大限。
盆栽みたい。

かっこいいです、矢部さん!

というわけで、勝手にテンションを上げながら、僕自身の栄養を沢山いただいた一日でした。

西会津、また行きます。





|

« 子供達と苔玉の授業。 | トップページ | 中釜戸のしだれモミジ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/68497499

この記事へのトラックバック一覧です: 西会津にヒントあり。:

« 子供達と苔玉の授業。 | トップページ | 中釜戸のしだれモミジ »