« 広島でシッカリお仕事、ちゃっかり観光。 | トップページ | スイスな気分 »

空間有美、英訳。

コンベンション協会のアンディさんが、空間有美について阿部倉吉がのこした言葉を英語に翻訳してくださいました。

 

ここで強調したいのは、この表現の景色が福島の吾妻山にはある、ということです。

 

3月の展示会、5月の自生地ツアーにむけて、最強のアイテムが手に入りました。

 

皆様もぜひ、福島の魅力アピールにこの文章を使っていただけると嬉しく思います。

アンディさん、ありがとうございます!

 

空間有美について

 

 

 

盆栽というのは、自然流でなければならない。もちろん、自然の木にも見苦しい枝や不要な枝があれば、

 

盆栽として作る場合にはそれを手伝ってやる必要もあるし、なかには、自然に反した無駄な作り方をしなければ鑑賞に堪えられない木もあろう。ただし、技巧を加えても、無理をした場所は枝葉で隠すなどしてその跡を見せないことで、無理のないように作っていかなければならない。

 

 

 

つまり、自然に範をとった無理のない木作りをするには、自然の樹木をよく観察し、それぞれの木が育成する環境、性質、個性を考えていくことが大切である。例えば、盆栽の枝を考察してみても、「この枝はなぜ太くなったのか、このような太い枝はどうすればよいのか」とか、「この枝はなぜ細いのか、このような細い枝はどうすればよいのか」などという疑問に答えてくれるのが、自然樹の枝の付き方なのである。

 

 

 

自然にある野山の木々には、長年の間に日陰になっていた幹や枝は枯れ、日当たりのよい枝が残るなどの淘汰が行われている。すなわち、樹齢を経た老木は、自然にみずからの姿を作っていくのである。松は、古くなればなるほど葉数が多くなり、葉数が多くなるほど、重なり枝(下枝)に日光が当たらなくなるため、幹から出た枝や小枝の込み合っているところが枯れて、そこに空間ができるのが自然であり、一枝ずつが自分の決められた場所で十分な働き(芸)を見せてくれる。これを盆樹の枝作りの参考にしないことは考えられぬであろう。

 

 

 

また、自然樹を手本とした樹形の考察で、どうしても忘れられないのが「空間有美」という言葉である。これは、文字通り空間には美しさがあるということで、自然ならば枝と枝との空間、幹と幹との空間、枝と幹との空間が考えられ、盆樹ではこれに鉢の空間が付け加えられるであろう。盆栽を作っていくには、空間を生かし、空間の表す美しさを表現することが重要なテーマとなる。

 

 

 

枝のハズミや変化もなく、ただ庭木を刈り込んだような、樹冠一面がベッタリと葉で埋まっている盆栽を見たことはないだろうか。これでは、盆栽の見どころである幹模様や枝ぶりも見られない。このような味のない木を見ていると、いかに空間(間)が大切であるかを思い知らされる。

 

 

 

盆栽を作るうえでは、常に空間には美しさがあるということを念頭に置いておかなければならない。

 

これが「空間有美」という言葉に込められた意味であり、願いでもある。

 

 


 

 

About ‘Kukanyubi’ (The Beauty of Space)

 

Bonsai means following the flow of nature. Of course, many natural trees have unsightly or unnecessary branches, and you have to support them when practicing bonsai. When working with these trees, sometimes you have to rely on unnatural techniques to appreciate their aesthetic worth. However, you can use additional techniques to hide the unnatural areas with branches and leaves, and produce trees that do not appear unnatural.

 

Ultimately, you have to use natural examples to create natural looking trees. It is important to observe nature and consider the environment where the tree grew, the properties of the tree, and its individual characteristics. If you study the branches of a tree, you might ask yourself, “Why did this branch thicken, and what should I do with such a thick branch?” Or “Why is this branch so thin, and what should I do with such a thin branch?” But, it is a naturally occurring shape.

 

Trees that grow naturally on a hillside have trunks and branches that may wither after spending many years in the shade, and the branches that receive a lot of sun may grow and prosper. That is to say, old trees that have aged naturally produce their own natural shape. As pine trees age, the number of leaves increase, as leaves increase, the heavy lower branches may no longer receive any direct sunlight. The tree begins to wither where the branches join the trunk, or where there is a bunch of small twigs. Space is created naturally, and each individual branch, in its own place, can show its function. This is what you have to think about when you cultivate branches with bonsai.

 

When you consider a tree’s shape, using a natural tree as a model, you should never forget the phrase ‘kukanyubi’. This translates into English as ‘the beauty of space’. In nature, you can consider the space between branches, between trucks, and between branches and trunks. In bonsai, you can also include the space of the pot. When you produce bonsai, the spaces are alive, and showing the beauty of these spaces is an important theme.

 

Have you ever seen a bonsai where the canopy is covered in leaves? Where there is no balancing or alteration of the branches, and it is simply pruned like a tree in a garden? You can’t see the form of the trunk or the shape of the branches. If you see such an un-styled tree, you will understand the importance of ‘negative space’.

 

When cultivating bonsai, you must always keep ‘the beauty of space’ in mind. That is the desire and meaning contained in the phrase ‘kukanyubi’.

単幹樹形について

 

たんかん樹形には、直幹、斜幹、模様木、文人木、半懸崖、懸崖、根上がり、蟠幹などがあげられるが、同じく分類される樹形であっても生育する環境の違いによって、それぞれに異なってきてしまう。それゆえに、盆栽では何を表現すべきかという狙いを定めた木作りが求められるのであろう。そして、一つの枝の配置によっても表情を変える樹形表現の極致は、自然の木々に教えを乞うてこそ可能である。

 

多幹樹形について

 

双幹、三幹、株立ち、筏吹き、根連なり、吹き流し、武者立ちなどがあげられる多幹ものでは、各幹の配置によって作出される調和が重い意味をもってくる。そして、多幹ものにおける樹形表現も自然の摂理を無視しては、決して成り立たないのは自明のことである。空間に美を主張させるためには、自然樹が今ある姿にいたる過程までも考察し、一幹、一枝のもつ意味を探ることも求められる。

 

 About Single Trunk Styles

 

There are many different single trunk styles: chokkan (formal upright), shakan (slanting), moyogi (informal upright), bunjingi (literati), hankengai (semi-cascading), kengai (cascading), neagari (exposed roots), bankan (twisted trunk). They are all grouped in the same single trunk style, but each style requires a vastly different method to produce. Therefore, first you have to determine the aim that you want to achieve. Then, by looking at natural tree shapes, you can learn how to position each branch, and how to change the appearance to achieve the perfect expression of that style.

 

About Multiple Trunk Styles

 

There are a wide range of multiple trunk styles: Sokan (two-trunk), sankan (three-trunk), kabudachi (clump), ikadabuki (raft, straight-line), netsuranari (raft, sinuous), fukinagashi (wind-swept), musadachi (warrior-stance). The placement of each trunk is very significant to achieve harmony. It is obvious that we can’t rely on natural forms when creating multiple trunk styles. To emphasis the beauty of the spaces, we can still consider existing natural tree shapes, and search for meaning in each trunk and branch.

 

 

 

|

« 広島でシッカリお仕事、ちゃっかり観光。 | トップページ | スイスな気分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/69197205

この記事へのトラックバック一覧です: 空間有美、英訳。:

« 広島でシッカリお仕事、ちゃっかり観光。 | トップページ | スイスな気分 »