« 思い出スイッチ! | トップページ | 今年最初の講習会 »

生みの親、育ての親

吾妻五葉松、根上です。

実生50年生。

この実生50年生の盆栽たちは、母親が10月に嫁いだ翌年の1月に実生5年生の苗木に曲付けしたものです。初めての曲づけ仕事です。

それから45年経つわけですが、夫婦の中で色々あると冗談で

「私が出て行くときは、私が曲づけした木の頭を切ってでていくから!」

「それだけは勘弁してくれぇ」

なんてやりとりしてましたね。

自然を表現していると言えども、実生から盆栽を作ったのは人です。

もちろん僕らが知らない自然は無い自然です。

僕らが知って、或いは関わっていなければ、それは悠久の自然とも言えないものです。

この根上の五葉松盆栽も、この小さなエピソードが、見る人との距離をずっと近づけてくれるのかもしれません。

その木が樹齢何百年生きてる、それも大切な説明ですが、推定樹齢よりも、確かなエピソード一つが僕らをずっと盆栽の歴史や伝統の中へと誘ってくれることもあります。

それにしても、頭を切られなくてよかった、よかった。

|

« 思い出スイッチ! | トップページ | 今年最初の講習会 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/69407095

この記事へのトラックバック一覧です: 生みの親、育ての親:

« 思い出スイッチ! | トップページ | 今年最初の講習会 »