« 2017年1月 | トップページ

吾妻五葉松盆栽展!

Tirasi1

福島市西部にそびえる吾妻山は、盆栽の人気樹種、五葉松の日本三大産地として有名です。

また、吾妻山の自然が作り出す五葉松の樹形は特徴的で、先人たちの時代からその姿をお手本に数々の盆栽が作られてきました。

中でも、ぼんさいやあべ、初代阿部倉吉はその独特の感性と自然への審美眼から「空間有美」の作風を確立することになりました。

その作風は現在2代、3代へと受け継がれ、今なお多くの人々を魅了し続けています。

さらに近年では、その作風を目当てに海外からのお客様もここ福島に来てくださっています。

この展示会では皆様に、吾妻五葉松の盆栽を通して、吾妻山、福島の盆栽文化の魅力を伝えていきたいと考えています。
...
当日は、盆栽展示に加え、デモンストレーションやミニ盆栽の即売など予定しています。

また3代目が時間のゆるす限りガイドいたします。

お時間のある方はぜひ、足を運んでくださいませ。

↓当日の案内チラシはこちらから
https://mail.ocn.ne.jp/service/home/~/福島特産市表.pdf?auth=co&loc=ja&id=274023&part=2.2
https://mail.ocn.ne.jp/service/home/~/吾妻五葉松展裏.pdf?auth=co&loc=ja&id=274180&part=2.2

コラッセふくしま
http://www.corasse.com/

福島観光コンベンション協会
http://www.f-kankou.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西風、吹いてます。

米栂。

ご縁あって手入れしている木です。
3年前に枝が暴れて枯死に向かっているところを、あら作り同然で姿を出しました。

その時は石についていたのですが、石から外して植え替え、肥培に勤めてきました。

今回は、それから2回目の針金掛けです。

相当枝が間伸びしていましたが、誤魔化して枝を伸ばし手繰り寄せたりしないで、少しずつ胴吹きさせた芽に追い込んできました。

まだ、間伸びしている部分もありますが、ようやく姿が出てきました。

ここから3年後に、展示会に出せる状態に仕立てていく予定です。

空間有美の仕事は、時間がかかるといいますが、次の段階が見えれば、焦って欲張れば、結果的に遠回りになることを経験的に知っています。

さあ、西風に耐え抜いた自然の景色、皆さんに届けられるように、ここからまた丹精のスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その時代を知りうる古老。

米栂、株立ち。

山実生で、50年前には30㎝くらいの背丈のものを、畑で培養して育てました。

樹齢は80年くらいと思われます。

祖父の名前で30年ほど前に祖父の名前で展示会に飾られています。

この頃が1度目の隆盛期といったところでしょうか。

その後、大きく作を落として、当時の面影なくガレてしまいましたが、5年前に残った枝で作り直し、針金掛け3回目、ようやく姿が現れて来ました。

ここから3年ほどかけて、葉張りをつけていこうと思います。

当時の怒涛の流れとは違い、苦節を乗り越えた古老といったところでしょうか。

さて、この米栂の古老、この先30年の中で、僕たちに何を語り、何を伝えていくのでしょうか。

僕たちは、その言葉に耳を澄まさなければいけません。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

どデカくピーアール

日進堂さんから、素敵なポスターが届きました。

ちなみに姪っ子と二代目です。

着々と3月の展示会の準備が進んでおります。

こちらのポスターは近々西口のコンベンション協会さんの入り口でも見ることができると思います。

来週には展示会の案内も出来上がる予定ですので、とても楽しみです。

詳細は追ってご報告します。

ここまで力を入れて頂いて、感激しています。

さあ、春からエンジン全開だぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曲がりくねった幹の先に。

元接ぎ40年以上。吾妻錦。

実生5年生程度の苗木の足元に葉性の良い枝をついで伸ばして育てたものです。

40年ほど前に母親と弟子の早川さんが畑に植えた苗木に太い針金を巻いて、父親が曲を入れていきました。

この木は、7年まえにあら作りをして、今回で3回目の針金掛けです。

足元が力強いので、もう少し樹冠部が大きくなると落ち着きが出てくるかと思います。

振り返ると、くっきりと見える足跡。

前を見ると、輝く光。

盆栽って、素敵だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かすかに感じる早春の光。

朝の光を受けて、障子戸に浮かび上がる盆栽。

こういった景色との出会いが、盆栽の奥深さを教えてくれます。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ