« どデカくピーアール | トップページ | 西風、吹いてます。 »

その時代を知りうる古老。

米栂、株立ち。

山実生で、50年前には30㎝くらいの背丈のものを、畑で培養して育てました。

樹齢は80年くらいと思われます。

祖父の名前で30年ほど前に祖父の名前で展示会に飾られています。

この頃が1度目の隆盛期といったところでしょうか。

その後、大きく作を落として、当時の面影なくガレてしまいましたが、5年前に残った枝で作り直し、針金掛け3回目、ようやく姿が現れて来ました。

ここから3年ほどかけて、葉張りをつけていこうと思います。

当時の怒涛の流れとは違い、苦節を乗り越えた古老といったところでしょうか。

さて、この米栂の古老、この先30年の中で、僕たちに何を語り、何を伝えていくのでしょうか。

僕たちは、その言葉に耳を澄まさなければいけません。





|

« どデカくピーアール | トップページ | 西風、吹いてます。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/69564150

この記事へのトラックバック一覧です: その時代を知りうる古老。:

« どデカくピーアール | トップページ | 西風、吹いてます。 »