« 世界大会は世界規模の賑わい。 | トップページ | 急がば回れ。 »

親方に教わったこと。

世界盆栽大会、今井千春先生のデモンストレーション、大盛況でした。

今回の親方のテーマ、基本に徹した作りでも、樹格を大幅に上げることができる、本当に勉強になりました。

作業自体は決して派手ではないのですが、だからこそごまかしのきかない、相当な感性と技術がないと、あのステージでは決して出来ない仕事だと思いました。

5年、10年後を見越した木づくりをしていたし、話していました。

これって、僕らが修行中に見て覚えてきたことを、ステージで親方が話してくれているわけです。

このステージにそれだけの時間が濃縮した価値があると思うし、逆にこのステージをみて何も感じないのなら、盆栽で生きていくことを諦めた方がいいと言い切れるくらいでした。

メモをしながら食いついてる人、ただみてる人、ステージの上からはいろんな景色が見えるものです。

オーディエンスの皆さんが羨ましかったくらいです。

そして、親方もそれだけに自分の仕事に自信を持っているし、だからこそ勿体つけずに、次の世代に託したいと言っています。

本物です。

僕は本当に本物に恵まれている。

ステージで大して役にも立たないのに、僕はここにいるだけで嬉しくて仕方なかったです。

まだ、まだまだ上手くなりたいと思いました。

世界大会のテーマが次の100年なら、今回のその象徴は親方であります今井千春先生だったと僕は思います。

本当に貴重な体験ありがとうございました。

僕も、プロとしての使命感を持ってこれからも精進していきたいと思います。

福島の皆様、ぼんさいやあべは更に進化しますよ!

|

« 世界大会は世界規模の賑わい。 | トップページ | 急がば回れ。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/70415612

この記事へのトラックバック一覧です: 親方に教わったこと。:

« 世界大会は世界規模の賑わい。 | トップページ | 急がば回れ。 »