« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

西会津国際芸術村で、すげー面白いことやります。

西会津国際芸術村で、盆栽講座やります。

吾妻山の自然と、西会津の里山の自然の中にある
変わらぬ美しさを切りとれるかどうか。

作家としての挑戦です。

みなさんよろしくお願いします!

http://nishiaizu-artvillage.com/190724bonsai_landscape/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKさんで紹介してもらえます。

明日28日水曜日、午前11時50分からNHK福島さんの番組「ひるはぴ福島」にてぼんさいやあべの三代目、阿部大樹が紹介されます。

おいでよFのモトというコーナーです。

よろしくお願いします。

http://www.nhk.or.jp/fukushima/hilhapif/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お陰様で終わりました。

足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

これからも精進していきますので、よろしくお願いします。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日も夏飾り

ぼんさいやあべの夏飾り、旧佐久間邸にて本日午後三時まで!

間に合いますよ!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ、無事に終えてきました。

先日のラジオ出演、無事に終えてきました。
きいてくださった皆様、ありがとうございました。

関係者のみなさまも、気遣いが素敵で、落ち着いて話すことができました。

ありがとうございました!

http://www.nhk.or.jp/fukushima-blog/sp/150/273344.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK福島ラジオに出演します。

本日のNHKラジオ福島放送局、夕方5時の番組「こでらんに5」に出演します。

「青春ってなんだ!?」というコーナーです。

盆栽やさんとして登場します。

http://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/index.html

頑張りますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台で嬉しくなっちゃう笑顔がありました。

本日は仙台市内「緑水庵」にて、
泉にあるギャラリー拓坊さんの山草の寄せ植えの個展を見てきました。

昨年に引き続き、とても素敵な作品が飾られていました。
拓坊さんご夫妻が表現する「空間有美」の世界がここにありました。

良画質はFacebookでご覧ください。
https://www.facebook.com/kukanyubi/posts/1194076300719889

ご夫妻は鉢も自分たちで手掛けていて、それがまた実際に寄せ植えを作り育てている方だからこそと言わんばかりの、

本当に欲しくなるような作品ばかりでした。

とても嬉しかったし、何より清々しかった。
ご夫妻の笑顔に今回の展示会の満足度が表れていました。

ちなみに、今回は作品の販売は場所の都合でありませんでしたが、16日金曜日から、18日日曜日まで仙台泉区館の拓坊さんのお店で展示即売会が行われます。

写真に掲載された作品も買うことが出来ると思います。
仙台の皆さん、もうおしゃれにあなたの空間を飾っちゃってくださいませ。

お店の住所は泉区館6-14-4 ℡022-348-2580
営業時間は午前11時から午後五時ごろまで、会期中の喫茶はお休みするそうです。


















<!--image:10-->

<!--image:11-->

<!--image:12-->

<!--image:13-->

<!--image:14-->

<!--image:15-->

<!--image:16-->

<!--image:17-->

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台に風が通りぬける。拓坊さんの個展が開催されます。

仙台、泉のギャラリー拓坊さんが、仙台市内の茶室「緑水庵」で、草木の寄せ植えの展示会開催します。

ぼんさいやあべの阿部 慶子(私の母でございます)に10年師事されてきました。

とてもモダンな作品と飾りです。
ぜひみなさん足を運んでくださいませ。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

妄想が膨らむ。

郡山のお客さんのところに盆栽を届けて帰るとき、ずっと前から気になっていた日和田の赤松をゆっくり観察してきました。

それにしてもこの木の景色力は強烈です。

街道のカーブに経って、恐らくは昔々の旅人やお殿様も通ったことでしょう。

時代は変わっても、ずっと人の往来を見守り続けてきたと思います。

周りにも古木がありますが、ここまで枝筋の良い木は見当たりませんでした。

また、周りは雑木林なので下枝は全て枯れて、この姿にはならないし、松食い虫の影響で松枯れも進んでいるみたいです。

ですから、この木は自然のままにこの姿になったのではなくて、このカーブに生えていた、或いは昔々に旅の目印に植えられたかして、ここに在り、時間をかけながら人と関わりこの姿になったのだと思います。

日本の古木の美しさはその姿形が作り出す景色と物語にあるのだと思います。

手付かずの自然という考え方は、この国ではまぼろしのようなもので、「手入れ」があって守られてきてる自然美がほとんどなのではないでしょうか。

と、この一本の松の木から様々な妄想を膨らましてみました。

郡山のみなさん、日和田の皆さん、この木はすごいですよ。

もちろん生き物だし、道路が拡張されれば真っ先に切られてしまいます。

今しか会えない景色を堪能させていただきました。

ありがとうございました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も性懲りも無く、夏飾りだぜ!

日本人が、春の桜を待ち望んでるが如く、
ぼんさいやあべも夏飾りの季節を待ち望むようになってきましたね。


今年もやります、旧佐久間邸にて、ぼんさいやあべの夏飾り。

取り急ぎブログで失礼します。

皆さまよろしくお願いします。

ご案内まではしばしお待ちを。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

行き着くところ。

なぜか人気がないけど、好きな人にはたまらない植物はイネ科の皆さん。

メリカ アトロプルプレア。

オーナメンタルグラスは可能性の宝庫ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »