« 今年も性懲りも無く、夏飾りだぜ! | トップページ | 仙台に風が通りぬける。拓坊さんの個展が開催されます。 »

妄想が膨らむ。

郡山のお客さんのところに盆栽を届けて帰るとき、ずっと前から気になっていた日和田の赤松をゆっくり観察してきました。

それにしてもこの木の景色力は強烈です。

街道のカーブに経って、恐らくは昔々の旅人やお殿様も通ったことでしょう。

時代は変わっても、ずっと人の往来を見守り続けてきたと思います。

周りにも古木がありますが、ここまで枝筋の良い木は見当たりませんでした。

また、周りは雑木林なので下枝は全て枯れて、この姿にはならないし、松食い虫の影響で松枯れも進んでいるみたいです。

ですから、この木は自然のままにこの姿になったのではなくて、このカーブに生えていた、或いは昔々に旅の目印に植えられたかして、ここに在り、時間をかけながら人と関わりこの姿になったのだと思います。

日本の古木の美しさはその姿形が作り出す景色と物語にあるのだと思います。

手付かずの自然という考え方は、この国ではまぼろしのようなもので、「手入れ」があって守られてきてる自然美がほとんどなのではないでしょうか。

と、この一本の松の木から様々な妄想を膨らましてみました。

郡山のみなさん、日和田の皆さん、この木はすごいですよ。

もちろん生き物だし、道路が拡張されれば真っ先に切られてしまいます。

今しか会えない景色を堪能させていただきました。

ありがとうございました。



|

« 今年も性懲りも無く、夏飾りだぜ! | トップページ | 仙台に風が通りぬける。拓坊さんの個展が開催されます。 »

「盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209438/70797914

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想が膨らむ。:

« 今年も性懲りも無く、夏飾りだぜ! | トップページ | 仙台に風が通りぬける。拓坊さんの個展が開催されます。 »