« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

ドンドン。

世に新たな盆栽を送り出す。

作りやさんは不器用に1つのことをコツコツ続けています。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

魔女の瞳は1万ボルト

古いか!

昨日吾妻山の魔女の瞳(一切経山眼下の五色沼)に行ってきました。

コンベンション協会さんと根上がり松の動画撮影の為です。
火山の警報レベルが下がってから初めての本格登山でした。

今年の悪天候の中で、今日一日見せてくれた山の表情に感謝の言葉で一杯です。

強風と濃霧の一切経から沼に降りていく途中、霧の中に浮かび上がったその瞳をみて、どうやら山の神様っているんだなって思いましたよ。

そして、根上がり松が元気でいてくれたことに安堵しました。
今日見た景色が明日見れるかわからない。この厳しい自然では当たり前なんて存在しない。常に一期一会の出会いなんですね。

やはり吾妻山の内包する多様な景色は、世界中に胸を張って紹介できるスゴイ景色なんだなと再確認してきました。

みなさん!ふくしまのみなさん!
この美しい景色が西の吾妻連峰の右、一切経のすぐ後ろにあることを意識しながら、今日その日10秒だっていい、眺めてみてください。

新幹線で福島駅を通り過ぎりみなさん、西の山並みにこの景色が内包されていることを意識してみてください。

これは人によって効果が異なりながらも、後になってゆっくりと効いてくる何かを、心に残してくれると思います。

もう一つの時間を意識する。
これって空間有美の実践なのかもしれませんね。

動画、楽しみです!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

針金掛けボチボチ始まってます。

夏がなくても木は育つ。

秋の針金掛け始まってます。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から吾妻の駅ここらでリレー展です。、

ここら盆栽リレー展。

本日より20日まで。

#盆栽 #福島 #bonsai #ぼんさいやあべ #山野草 #五葉松 #吾妻の駅ここら #磐梯吾妻スカイライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり満開

ようやくひまわりが満開になりました。

今年は困ったくらいの冷夏。

にもかかわず、夏を連れて来てくれました。
ありがとうございます。

#bonsai #ひまわり #福島 #福島ひまわり里親プロジェクト #盆栽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百聞は一見にしかず、感性は足で磨く。

僕は子供の頃から親に自然の景色を眺めに連れていかれたので、盆栽は自然の景色を見て表現するものだと思っていましたが、

実際盆栽の仕事をして、多くの盆栽屋さんや愛好家さんに触れ、思いの外ファンタジーに感じたことを思い出しました。

盆栽で言う所の八方根張りから一の枝二の枝の模様木で、しかも足元太くコケ順よく、腰も低いそんな理想の木姿。

吾妻山には一本も無かったから、どうして自然の景色を表現しているのに、一番遠い姿を理想とするのかなと。

体験的に考えると、本当に昔の日本人、特に京都や奈良に都を構えるようになってからの日本人が、自然の厳しさを受け入れて来たのか、とても不思議な気持ちです。

でも、魑魅魍魎が跋扈する自然から美しい部分を切り取って行くとそうなるのかなぁとも、考えてしまいました。

いずれにしても、今は簡単に新幹線と車を使えば東京から2時間で浄土平に立つことができるわけですから、ファンタジーとしての自然というよりも、自然の中での人間の立ち位置という捉え方で盆栽と向き合える時代なんだなあと実感しています。

昔の人が自然とどう向き合っていたかというより、自分がどう向き合っているかを知って、初めて昔の人の行動が腑に落ちるということが、実際には多く起きてます。

また、今はそれができる時代なんですよね。恵まれた時代です。

ですから、表現をする立場にある人は積極的に自然に出向いて、先人たちの教えを頼りに、美しい景色を自力で切り取り、多くの人に紹介することで、感性が世間に叩かれ、強いものになって行くのではないでしょうか。

僕は歴史家でもないし、文化にも詳しくないですが、間違いなく吾妻の自然に美しさを感じて来た人たちの意志を継いでいるし、いまだに吾妻山と関わり続けています。

このブログを読んだ人の中に、何か不思議な力で足が都会から離れて山に向かってくれたのなら、

このブログを続けている意味もあるのかも知れません。

はっきりいいます。

盆栽は自然の景色を表現しているかどうかわからない。
けれど、空間有美の盆栽は自然の美しい景色を表現したいと願い続ける盆栽です。

共感いただいた方に力を頂き、また今日も盆栽を作り続けるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空間有美、ますます深く。

空いてる時間でミニ盆栽あら作り。

数本ずつでも意外と本数が増えて来ました。

なるべく畳み込まず、自然体のサラリとした小物を作ってます。

最近吾妻山との関わりが増え、自生地ツアーや講演会を通じて、作風の意義を強く考える機会が増えました。

伝えたい自然と、それを表現する盆栽が繋がった時に共感が生まれるのではないかと思うようになりました。

ますます空間有美の世界に引き込まれて行く自分がいます。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

切り取り線が見えました。

デコ高原は、ブナの古木の宝庫。

景色のある木を見つけて、しばらく見入ってしまいました。

自然を別の視点から眺めてみると、どこに行っても飽きることはありませんね。

空間に美有り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今は葉透かし、枝すかし。

真柏の葉透かし、枝すかしの適期ですね。

こうやって枝葉が混みすぎないようにすることで
景色を守っていくんです。

先人たちの知恵や美意識には頭が下がりますね。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

キノコ酒場

松の畑は、キノコ酒場。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »